事件や事故

田村一穂(ナイフ男)の顔画像やフェイスブック判明!?犯行現場や動機はカッとなっただと?

投稿日:

田村一穂が横浜南区でナイフを片手に切り裂きジャック的な犯行に及びました。顔画像やFacebookなどSNS関連と、犯行現場や動機などを詳しく調査していきたいと思います!

 

田村一穂の持っていたサバイバルナイフなんですが、どのような凶器だったんでしょうかねー。

 

イメージ的には、ランボーが持ってそうなドデカいヤツなんでしょうかねー。

 

動機的に、「カッとなった」と言っていますから性格的にド短気なんでしょうかねー。

 

とにかくナイフ男がしでかした経緯などを詳しく見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

田村一穂(ナイフ男)が煽られた経緯は?

まずは、今回の事件の発端は煽り運転ですかねー。

 

煽り運転そのものは、ほぼ前を走る車にとっての、中傷行為やジャンク行為などを言い表します。

 

ひとつの例として、背後から車間を詰め込みアンビリーバブルな接近をする、やり過ぎのクラクションで脅しをしてくるなどが見受けられます。

 

さらに、後ろの方からの振る舞いだけに留まらず、なかには自車より先にごり押しで割り込み、急ブレーキを踏み付けたりお構い無しにストップさせたりといったことも。なぜ鼓舞してくるのか?それと言うのはさまざまありますので一言ではお伝えできません。

 

前を走る車がノロノロとした運転ふだった。または先に入られて腹が立ったなど、自己中心的なケースが背景として起こることもしばしば。

 

それに加えて、相手に起因しているだけに限らず、己の運転が原因であることもあるため、ドライバーは身の回りに気を配布した走行に気を付けることが重要となります。

今回の事例の公式ではこのようです。

神奈川県横浜市の路上で男性をナイフで切りつけけがをさせたとして、26歳の男が逮捕されました。男は「あおられてかっとした」と話しているということです。

 

警察によりますと、自称・無職の田村一穂容疑者は19日午後6時20分ごろ、横浜市の路上で57歳の男性の顔や腕などをサバイバルナイフで切りつけ、けがをさせた疑いが持たれています。

 

「交通トラブルがあったようだ」という通報を受けて警察官がかけつけたところ、田村容疑者がナイフを持って被害者の男性を追いかけるそぶりを見せたため、警察官が拳銃を構えて警告し、現行犯逮捕しました。

 

調べに対して田村容疑者は容疑を認め、「あおられてかっとした」と話しているということです。

 

警察は、田村容疑者と被害者の男性の間に交通トラブルがあったとみて詳しく調べています。

とりあえず複数車線のケースでは、状況が許す限り左車線へ移っちゃうことです。

1つの例として二車線道路であれば、右車線である程スピードの速い車がほとんどで、結局のところ飛ばしがちの運転者も前面に出ます。

 

後ろの方から速い車が来たケースだと、その現状のまま煽られることすらありますため、スムーズに左車線へと移行するようにしたことが一番重要です。

 

ただただ地道に早く行きたいだけの車ならば、道路を開けていくことであっさりとするりと抜けていくと思います。

 

しかしながら、腹黒い運転者の場合、こちらへ眼差しをむけてターゲットにして煽ってくることも考えられます。

 

そういったケースは万が一にも車線を引き渡しても、その状況下で尚煽ってくるのならば、できれば後続車に道路を譲りましょう。

そういう事情から、ほかの道をまかり通るようにしたりセーフティーでシカトするようにすることが重要になります。

 

これ以外には何の問題もなく停車をすることができたら、ナンバーを抑えて警察にコンタクトを取ることも考えるべきです。

 

ついでに申しますと、よろしくない運転者の場合、車から下車してボヤキを始めてくることもあります。

 

こういう類のケースになると、不用意に構うとアンビリーバブルなダメージに結び付くこともあるため、警察に通報することが必須です。

 

おそらく、今回の事例でもこのようなことがあったんでしょうかねー。

田村一穂のあおられた現場は?

過去にも横浜市南区の路上でナイフが原因で事件が発生しています。

今回の事件の横浜南区です。

田村一穂の顔画像やFacebookが判明か!?

 

田村一穂の顔画像やFacebookなんですが、リサーチしたところおそらくこれではないかと思われます。

 

Facebookには、横浜市在住と書いてありますので今回の犯行現場である横浜南区とある程度一致しますし、年齢的にも26歳ほどの人物かと思われます。(もし間違っていたらすぐに削除いたします)

 

他に田村一穂らしきフェイスブックアカウントは見当たらなかったので、これでおそらく間違いないかなと思います。

田村一穂が使ったサバイバルナイフ(凶器)は?

映画のランボーでスタローンにどか~んと取り上げられたころから、ビッグサイズをサバイバルナイフと呼ぶようになったといえます。

 

この何年かで、ややビッグなナイフはありとあらゆるものがサバイバルナイフとカテゴリー化されるようです。

 

キャンプや釣り、登山などを含んだアウトドアで効率よく採用することができるナイフです。

 

肉を切ったり、釣った魚を捌いたりと料理にも応用できますし、火を焚く薪を切る、ロープを切るなどごく一般的な包丁やナイフでは切れないようなタフな作業に応対しているものもあります。

 

シャープな切れ味でいずれにでも期待に応えてくれるサバイバルナイフですが、アウトドア用にとマイカーのダッシュボードなどにランダムに入れておいて、不覚にも検問の際にバレてしまうようなことがあると、調書や指紋をとられたり、書類送検されてしまったりすることも。携帯の仕方にはしっかりと気をつける必要があります。

 

今回この男が所持していたサバイバルナイフはどんなモノだったんでしょうかねー。

 

おそらく事件になるぐらいですから、ランボーが持ってそうなハードなモノなんでしょうかねー。

田村一穂の犯行動機は「カッとなった」って単純すぎね?

年中報道される「あおり運転」。

 

さる事ながら”あおる側”に不始末があるのはたしかですが、あおられるような走行をしていることがパニックに影響を及ぼしていることが多いのもまた事実です。

 

アクティブに煽る人ばかりをリアルで描いてる社会なものもまた事実です。

 

そこで大きな事故に至ったりワッパを掛けられた者が出だすと、すでに社会的現象と位置付けてもいい次元ですよねー。

 

合法ではない危険行為になってくるのは見え見えだし、結局のところパクられても自業自得としか言い表せないですよねー。

 

そうは言っても、ココでイメージしたとしてもらいたいのは、いずれが彼らをあおり運転にエスカレートさせたのか、というケースです。

 

あおり運転やあおる行動を承認しているわけではなく、このレベルのケンカをちょっとでも引き下げていくためには、ちゃんと「あおられない運転」を意識することもポイントということでしょうかねー。

 

まあー、性格的や人間的な成熟度が犯罪者になるかそうでないかの分かれ道ではないでしょうかねー。

 

そうは言ってもやはり他人に手を出すことは必ずしも許される行為ではないので、今回の事件をキッカケにして反省し社会復帰してもらいたいですよね。

他の関連記事は下をスクロールしよう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-事件や事故
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.