事件や事故

河井案里の今後の刑(処分)や買収の真相は?事務所は解散!ワイロばらまき疑惑はガチだった!

投稿日:

河井案里が逮捕されたことで今後の処分や実刑判決は免れないでしょうねー。これで事務所は解散で解体され、現金(ワイロ)バラまき疑惑の真相は明らかになるでしょうねー!

 

まあー河井案里が「私、裁判しても勝てますよ!」とか堂々と言っていましたが、これだけワイロを受け取っていたと言う証人もいますし、事務所を通して言い逃れできない状況と言う事でいよいよ逮捕まで追い込まれましたね。

 

今回は今度の刑や処分はどうなるのかや、事件の真相や疑惑なんかについて調査していきたいと思います!

スポンサードリンク

河井案里の現金バラまき疑惑の真相は?

河井あいりは去年初当選を達成したが、選挙について、スケールのでかい買収の疑いが沸騰しています。

 

河井は票の取り纏めをお任せする内容で、生まれ故郷の同僚たちにキャッシュ2,000万円以上を配ったとみられている。

 

その数なんと100人以上です。

 

当時の町長まで巻き込み、「もらうべきでない物を頂いてしまった。このことは自分自身が自省する必要がある」とぶっちゃけた。

 

現在に至るまでの直撃レポートに、町長やあらゆるところの議員らが「彼女からキャッシュを受け取った」と供述。

 

スタッフによると、ターゲットとされているほぼほぼ100人の殆どが、検察を介しての調査に河井からの現金支給を容認しているという。

 

当選してからの選挙に先立って、旦那の所属する党本部からアジャストして1億円以上の金が振り込まれていたことが判明。

 

「キャピタル資金は党員たちから収集できた活動に使う運営費、あるいは税から使用される手当金などがありますが、その場合、この夫婦サイドにラインナップされた1億円以上のおおむねは、奨励金が元資だったのです。

 

しかしながら、彼女が選挙補強費用としてカンパしたという額は2000万円以上に登り、資金のすべてを充てたとしても、置きっ放しにされている残りの1億円余りの居場所が明かにされていない。

 

そうした背景がありますから彼女の『無茶なばら撒き』が炸裂したというわけです。

河井案里が違反した公職選挙法(買収)とは?

公職選挙法は、これからあげることをタブーとしています。財産上の見返りを意図することを狙った、立候補者のことを考えてお金やグッズをばら撒いたり、引き渡す公約を行ったりすること立候補者を当選させるために、その他には落選させるために、業者などを引き込むことかような行ないをすると、「5年以下の懲役」が科されます。

 

候補者自らがこの不当行為に顔を突っ込んでしまうとなお一層罰が重くなり、6年以下の懲役が課されます。

 

一口に言うと、公職選挙法をつくってきた面々は、「ペナルティーでは許されない」と想定したことになるのです。

 

それに比べ公職選挙法には罰金刑を科した条文も存在するのです。そうは言ってもその合計金額も何てことないものじゃないのです。

 

この法律のペナルティ額は100万円以下です。国の資金は数百兆円をオーバーします。普通の大都市レベルの資金も7兆円超くらいのレベルになります。

 

選挙でピックアップされる政治家は、こういったスケールの大きい元金を広範囲に取り揃えます。

 

さる事ながらその資金は税金であり、我々の税金を専門に扱っている政治家を選択するためのメカニクスは公職選挙法に応じて防衛されているのです。

河井案里の今後の刑(処分)や手続き

政治家に決定する我が国のありとあらゆる選挙のポイントは、公職選挙法に記されています。

 

「選挙はこう行いなさい」「選挙ではそれらの行動はタブーです」というようなものが掲載されてある公職選挙法は選挙におけるモラルと言えます。

 

選挙に打ち勝つとワイドな影響力が期待されるので、候補者には「ハズレの理由」がつきまとうケースがあります。

 

これ以外には選挙に出没する人や当選した人が悪影響を与える口説きに損したら、社会に大変な損をおよぼしてしまいます。

 

去年の参議院議員選挙で公職選挙法違反に問い掛けられていたため、有罪判決(1年6月)が今回おりました。

 

この夫婦が他にも12人に軍資金を持込んでいたこともはっきりした。そのタイミングで、検察は夫と妻を聴き取りし、マイホームからキャッシュの配布先と推定される一覧を押収したと言われています。

 

そういった事実もあり、検察だとすれば、国会閉会を待ち受けてこの夫婦を買収容疑で立件したいはず。

 

そのため、この司法裁判所の動きにやネタに注目したい。

河井案里と事務所は今後解散解体か!?

「ブラック事務所な部分は評判でした。どういう理由から閣僚にしたのか疑問」いつ不祥事が出てもおかしくないノリだった。と語るのは、事務所に近い人物。

 

かなりブラっクで厳しかった事が想定できますが、今回の不祥事で事務所も解散するのは時間の問題でしょうし、当選の時に支持してくれた地元の人達に感謝してもしきれないでしょうねー。

 

ただ、今回の事件でそれら今までサポートしてきてくれた大勢のサポーターたちを完全に裏切ることになりますから、ちゃんと地道にコツコツがんばってほしいものですね。

河井案里の当選はもちろん無効!

公職選挙法にベースを置いて、候補者本人が関連し合っていなくても、候補者とある程度のコネクションにある者が買い付けなどの不当行為をすれば当選が無効となり、今後5年間立候補が禁止される。

 

当選が無効となるサイクルやタイミングは、有罪となった被告のステータスや、判決の公認によってまったく違う。

 

通知日から30日以内に、判定が決まりその後チェックを呼びかけ、最高裁に再び直訴することができるケースもあります。

 

提訴しないケースもあれば、司法担当で敗訴が特定されたタイミングで当選無効が生まれる。

河井案里の秘書でもある立道浩も実は捕まっていた!

河井案里の公設秘書の立道浩は、去年の参議院議員選挙でウグイス嬢に高額のギャランティを納付した公職選挙法違反の罪に問われて検挙されていますね。

 

弁護側は支払の真実は甘んじて受けるも金額のチョイスには関係していないと完璧に従属的なポジションだったと主義主張、「罰金刑が相当」としました。

 

が、他の面からみると、検察は「インセンティブのチョイスにアクティブに関係していた」という形で懲役1年6カ月を求刑していた。

 

参議院議員選挙から、河井案里の対処本社に入り、当選後、案里氏の公設秘書であると言えるでしょう。旦那の参議院議員と仲たがいして事務所を辞任した後に、奥さんの衆議院議員の秘書になる、というのもミステリアスな流れですねー。

 

とにかく、やたら彼女の周りでは何故か逮捕者が多いと言うか、結局自分も逮捕されていますから何かしら警察沙汰になるオーラがあるんでしょうねー。

 

今後は判決通り罪を償って、まっとうな人生を歩んで欲しいと思います。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-事件や事故
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.