事件や事故

【顔画像判明!?⇒井田光】ツイッターとSNSで経歴が!逮捕理由や真相が謎!

投稿日:

東京農業大学の井田光が香港デモで逮捕され身柄を拘束された事件で顔画像と、フェイスブック、ツイッターなどのSNSで経歴プロフィールや生い立ちをみて行きたいと思います。

 

井田光がなぜ香港デモに参加していた動機や逮捕理由や真相に迫って行きたいが、そもそもなぜ井田光が現場にいたのか?

 

東京農業大学では心配の声が多数よせられていますが、デモに巻き込まれた可能性もあるとみて、政府も慎重に身辺調査している。

 

今回はそんな井田光の周りで起きた奇妙な出来事に迫る。

スポンサードリンク

東京農業大学の井田光の経歴プロフィールや生い立ちは?

チェックしとして、精通していることとしては・ディズニーランド戻りに香港デモを観戦し逮捕される。

 

ダメージはなく、コンディションは良い調子・逮捕の被疑はミステリー・ゴタゴタが生まれてる近く、香港理工キャンパスのそばにいたこと身柄を保持され、どういう理由で手間ひまかけて抗争が生じているところに行っていたのかは、まだ解明できずデモンストレーションの一員としていたのかも視界が開けないです。

 

何気なく通りかかったオンリーで、セットされてしまったリスクもさる事ながらあるのではないかと思います。

 

なんせこの時期はナーバスに対応しないとハイリスクですと言えますもんね。

 

デモンストレーションとご縁のない人もランダムにGETしているというインフォメーションもありました。

 

インフォメーションによると、外務省インサイドからのメッセージとして、香港当局に身柄を束縛されたのは我々日本国民ツーリストの男性。共同ニュースによると東京農大の生徒と考えられる。

 

「香港ディズニーランド」に行った帰りに、香港理工大学にデモの状態を見に出かけた際、界隈でネイティブの警察に現行犯逮捕されたと考えている。

 

これらの香港デモにおきまして我々日本国民が現行犯逮捕されたことが分かったのは、2人目。

 

レポートによると、キャンパスにはいり込む生徒たちを助けようというコールに合致したいくつもの市民がキャンパスの周辺に密集したが、強制除去に着手した警察官とあつれきし、押し込められる人が止まらない。

 

カレッジには数百人の大学生たちが構内に設けられているとみられているが、警官に包囲されたシチュエーションが継続している。これ以外には、台湾媒体の結果では、学生らによるデモ警官がバスで徹底的にいくニュアンスがレポートされており、あり得ないくらい実現不可能な排除のアプローチにバッシングの声がたくさん挙がっている。

此度の日本人学生逮捕のインフォメーションに対して、日本全国のサイト上では「デモ見学は見受けられない」「いかような出口があるのかお手上げ状態です」など、広い範囲に亘る市民の声がアップロードされている。

井田光が通う東京農業大学とはどんな学校?

東京農大でマスターしたこと、見たこと、実施したことが何時しか「パワーの源」となり、チャンスがあれば「世界」に出たとき確信となって「還」ってくる。カレッジはキャンバス。

 

いかなる構図と考えられるのか、どんなワンカットになるのか、どんなコントラストに染まるのか、この原因はプログラムと位置付けてだけではなく、研究室活動、学校行事、収穫祭のバラエティーに富んだセレモニー等を通して埋め尽くされていくもの。

 

革命的テクノロジーがわが公的な産業ステップアップにとっていかにキーポイントか、また現在に至るまでの実学的経験上「農業」の事の大きさを説き、いろいろ利用できる農業者をレクチャーして、指南された学生が農村にかえり、農村のCEOとなることが、近代ナショナリズムの建設にあり得ないほど大事であるとして、本学に着手しました。

 

東京農業大学は開業以来、この建学のメンタルとレクチャー研究のキャッチフレーズのもと、「ひと・もの・こと」をジョイントさせて地域活発化の力になっています。

 

未来においても地方公共団体、コーポレイトシステム・団体、レクチャー・ラボラトリー等とのチームの統率を深め、本学のコンセプト「私たちの幸せのため、モラルセンスをもって、地球に役立つ」ことを現実化していきますとある。

そもそも井田光が香港で逮捕された真相はなに?

経験がない状態デモにジョインした人がたくさんいたとのことです。

 

3割から4割の人が経験がない状態で社会行動へ参加したというように感じます。

 

一般的には政治に意見や興味がない香港人も、逃亡犯条例の改正テーマが契機になってスポットライトをあてはじめました。

 

雨傘運動からずっと、社会行動の一員としていなかったという人も密集していたとのことです。

 

改正案が行ったらオープンに政府にレジスタンスできなくなるので、今回がフィニッシュのデモンストレーションになるのじゃなかろうかという不安感から参加した人も大半でしただと考えられます。

 

香港ではここに来て、犯罪者を中華人民共和国に譲歩することはできませんが、改正案が可決されると、香港の行政長官のコンセンサスのもと、香港人や香港に見舞われている外国の人達が、中華人民共和国にと同行して行かれて、収監されると断言します。

逃亡犯条例の修正は香港リターン以来、ダントツに危険な法案という意味です。

 

中国は法治社会ではなく、三権分立も司法関係の一人立ちもなく、透明無色でフェアな公判はないと思われます。

 

逮捕されると拷問やDVのになることもあります。収監中は御一家や法律専門家にも会えません。

 

中国の司法裁判所は共産党内閣の政治的ツールだと言っても間違いありません。

デモ現場から香港ディズニーリゾートまで巻き込まれた経緯は?

井田光さんが香港に行った理由は香港ディズニーランドに行くのが目的で、デモを見に行ったのはそのついでだった様です。

 

外務省インサイド次第ですと、香港当局に身柄を囚われたのは20代の日本人観光客の男性なのであるということで、「香港ディズニーランド」に行った帰りに、香港理工大学にデモの様子を見に出掛けた際、間近でその土地の警官に捕まえられたということなのです。

 

香港がデモンストレーションと警官のぶつかりでいかにハイリスクの状況だったろう、初めて聞いた事はないといえます。

 

その内、香港ディズニーランドに行ったまでは現在も許せるとのことです。

 

そうは言っても、デモ隊と警官の摩擦がエスカレートを極めるその場であるところに行ったのは間抜けの素行だったのです。

自分自身から考えたら、おかしな半ばの怖いものへの抵抗感見たさだったケースがあります。

 

若気の至りだからと言って、その中の代償は大きすぎました。

 

香港内閣はよりオブラートに包まずに政府や中華人民共和国への反論を消し去ることが可能で、香港は100パーセント中国の一環となってしまうのです。

 

香港政権は政治犯を譲らないと述べているのだが、中国はスキャンダルなどの景気事件を演出して犯罪者に組み立てるのが得意です。

 

弾圧のためなら何でもこなす政権、そのことが共産党政権だと考えられます。中国政権はシンプルにはギブアップせずにいるでしょう。

 

50年間、香港のメカニズムはシステマティックなと中国はコミットメントしましたが、確約が守られていないのはワールドワイドが現認してきていらっしゃることでしょう。加盟するデモシストは香港の一人立ちを求めるコネクションじゃないと思います。

 

今日まで民主自決と主張されているものを志しています。

 

民主主義というやり方もホモサピエンスにとって肝になります。

 

香港人は現実上の民主主義を持ったことはひとたびもない。

 

けれども香港人は民主にドリームしては、民主へのスピリットはハイレベル。

 

そのエンブレムがこのデモンストレーションだったと考えられます。

井田光の顔画像とfacebookやTwitterとかは?

顔画像などは公開されているのかチェックしてみましたが、まだ政府からの公開は以前ないですがこれは時間の問題だと思います。

 

細かな詳細や情報がまとまれば直ぐに追記していきますが、国絡みの事件ですので、身柄が明らかになってくれば直ぐに発表されるでしょう。

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-事件や事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.