速報スクープ

アブイブラヒム・ハシミ(IS後継者)の経歴WIKIや生い立ちは?結婚や嫁子供はいかに?

投稿日:

アブイブラヒム・ハシミがISの後継者として決まったが、この人物一体どのような経歴WIKIやプロフィール、生い立ちなどがあるのか?

 

アブイブラヒム・ハシミは今のところ謎に包まれていますが、今後のイスラム国の活動やアブイブラヒム・ハシミが結婚して妻や子供の存在などはいかがなものなのか?

 

今回はそんなIS後継者の人選や今後のイスラム国についてみて行きたいと思います。

スポンサードリンク

アブイブラヒム・ハシミ(IS後継者)が選ばれた経緯

まず声明では、前指導者のバグダディ氏の死に従い、今回の後継者選びと言う事である。

 

「イスラム国」の音声声明「われわれは、あなた方(支持者)に、信者の長であるカリフ(後継者)、バグダディの死を伝える」

このように声明ではISも認めたため、アブイブラヒム・ハシミ氏が選出されている。

 

そもそも指導者となりうる人選では、理念としてイスラム教の預言者ムハンマドの後継者と言う条件をクリアしていかなければいけない。

 

では、そのイスラム教の預言者ムハンマドの後継者とは何なのか?

 

わが国ではずっと前からマホメットと呼称されていることが多かったが近頃は原音に一番短いムハンマドが採用される傾向が見られる。

これに関連して、モハメッドとか、メフメトなどというようなのも大差ないムハンマドをさし居据わる。

 

そのスタイルをアピールするムービーは、その教えが偶像崇拝をNGとなっているのではっきり申し上げて言及されていないので、見定められることは不可能。

 

ムハンマドが出現してくるに至る迄のご時世を、ジャーヒリーヤの時代である。

 

ジャーヒリーヤとは、無知とか無明という観点から、面々は本当の姿を悟らず、その人その人の民族の神々を崇拝して双方ともにバトル、混乱の時代だったのですととらえている。

 

そういったときにムハンマドが生じ、神の天啓を継がせて、先方を偶像崇拝と合戦の闇から救済したのだというのがイスラムの見解でなんだろうか。

 

天啓を得るまでさてムハンマドは、聖地のクライシュ族の一氏族ということを意味します。

 

ディーラーのハーシム家に導き出され、スピーディーに保護者に死別して、叔父のアブーターリブに育て上げられる。

 

40歳の時に神のメッセージを呼ばれ、神の使いという立場でその宣教と見なされることを意志し、イスラム教を創始した。

 

彼は自らをラストの易者として、聖地の人達にカーバ神殿の主神アッラーをオンリーワンの神という形で崇拝し、神の恩寵とその件に対する歓喜、寄進などの善行の責任をレクチャーした。

 

つまり、これらの知識やノウハウが備わっている人物こそがISの最高指導者としての後継者となるとされています。

アブイブラヒム・ハシミの経歴WIKIやプロフィールと生い立ち

現時点で詳細な生い立ちや経歴プロフィールなどは公開されていないが、彼が指導者として頭角を現しだすとその存在はグローバルレベルに配信されると思う。

 

今回の声明でも、声明では後継者を決定したと発表。後継者の名前はアブイブラヒム・ハシミ・クラシ氏とした。

 

スウォンジー大学のIS研究者は後継者について、

知らない名前だが、米国務省がバグダディ容疑者の後継者候補として見ていた幹部である可能性があると指摘。「われわれが知っている人物かもしれない。おそらく新たに名前を変更したのだろう」と述べた。

となっており、まだその存在は闇の中だ。

 

そもそもISが掲げるイスラム教とは2つの流派がある。

 

それがシーア派とスンニ派だ。

 

シーア派とスンニ派ってイスラムについて書かれたレポートでありふれたキーワードだと考えられます。

 

大航海時代にもあったオーソドックスなイスラムナショナリズムだとすれば、これらがあり得ます。

 

このうちシーア派に属するワールドワイドは残りはスンニ派です。

 

イスラム教という事はなじみ浅い私たちからすればなにがなんやらクリアーになっていません。

 

シーア派とはイスラム教の宗派の一種。

 

イスラム教の元祖ムハンマドの従兄弟で、娘婿のアリーと、その子孫だけがイマームという形で易者のもつイスラムコミュニティーのエキスパートとしてのミッションを継承するフリーダムを持つと言及する。

 

スンニ派とは易者ムハンマドの時代からリピートられた慣習をプロテクトする宗派という観点から、アラビア語でスンナに従う人に該当する。

 

成長して間もないスタートころに、易者の継承者ハリーファをどういう属性の人するかというウイークポイントにあたって、ムハンマドの従兄弟かつ娘婿であるアリーとその子孫のみがイマームと考えて継承者の所有権を持つと提唱した。

アブイブラヒム・ハシミの結婚(妻・子供)は?

なんとISではこのようなイベントがあると言う。

 

ISの戦闘員とのウェディングを希望する「シングルの女性と夫を亡くした女性」を求人中という。

 

シリア人権監視団が地元ネイティブの話としてアピールしたところによると、関心をそそられた女性の方が氏名とアドレスをアナウンスしれば、「IS戦闘員が女性宅のドアをノックし、オーソドックスにブライダルをエントリーする」と噂されています。

 

これとは別に「イスラム国」は、戦闘員のハネムーンサポートや、コントロールゾーンの一部への一般人訪問客の誘致など、観光業にも手を繰広げた。週2回催行するコースでは「イスラム国」の黒い旗と打ちだしている対象バスでシリアからイラクに及ぶまで放浪の旅に出る。

 

ドライブ中の車内ではバックグラウンドミュージックに「イスラム聖戦士」の歌がストップしなくなるという。

彼のブライダルに対する事や妻、子供の事などは明らかにされていないが、結婚して嫁がいるならこのイベントで知り合ったのかもしれない。

今後のイスラム国(IS)の活動や世界にとっての脅威とは?

バグダディが命を落としたからといって、ISがオートマティックに終わるという結果にはなりません。

 

ISが今後アッという間にどうなるのかは、エキスパートがまだいるいないよりも、シリア津々浦々の力関係に依存する。

 

バグダディはISで把持して強力なオプションだった。

 

これと言った、詰まるところ「ワールドワイド」を立て直ししようとしていた際はカリフナショナリズムを作ろうだと言うのにカリスマ的人物がいないなどそれはおかしいという想定から、ISはバグダディをシンプルなグループの「顔」にセッティングすると決心した。

色んな国と地域に分離する支持者のための仕掛けだ。ISはシリアとイラクで軍事衝突によるにダメージを受けた。

 

しかしながら、支持者たちはバグダディのシロモノに見越しをかけ、チャンスがあればカリフのもとでイスラム帝国をリバイバルさせるとニーズを内包した。

 

このエリアのアラブ人民族はここ最近、シリア政権とイランサイドにしてとりましてもウンと言わないデモ行動に罹っている。

 

トルコのシリア北部進攻に至るまでに、デイル・アル・ズールのアラブ人とSDFの関係が緊迫するとスッキリしてISがランクアップしいた。

 

数カ月前には、SDFの検問所がアラブ人の通行人に関しての狙い撃ち。

 

これについても、ISの賦活化に関連し合っている。

 

しかしながらISはまだ一元化されたゾーンの奪還にはとりかかっていない。

 

攻撃という目的でIEDが責任を持っているというのに比べも、ISの戦闘能力はすこぶる低減してきていることが共感できる。

 

そちらの方は反ISの国際有志アライアンスがこのエリアを離れた後のことで、そのようなケースはSDFを嫌うアラブ民族がISをフォローすることになるのだろう。

 

かと言ってトランプ大統領は、有志連合はこのエリアの油田警備をストップしたりしないと表明している。

 

かりにISと戦うインターナショナル有志共同がバグダディの死をシンボリックなサクセスと見なされて捉えたとしても、IS立て直しにとって一番良い燃料になるのはネイティブの重圧感コネクションだ。

 

北東部の様子からも、これは火を見るよりも明らかだ。

 

尚且つ、有志連合の軍勢が現地に駐留していくことこそ、ISへの一番目立つセーブということを意味します。

 

今後のイスラム国に注視だ。

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-速報スクープ
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.