ビジネス系

【森雅子⇒法務大臣】夫は三好豊!美人で評判やフェイスブックとインスタもスゴイ!

投稿日:

この度、法務大臣に就任した森まさこ氏ですが、結婚相手(夫・旦那)は弁護士の三好豊である事はご存知だったかな?

 

森雅子氏は美人で評判が高いが、今回の議員としての才能を伸ばす機会として改たに法務大臣に就いたわけだが、フェイスブックやインスタなどのSNSなども非常に魅力的だ。

 

議員としてのキャパシティは申し分ないんですが、彼女の美にも注目が集まりそうだ。

スポンサードリンク

森雅子の経歴プロフィールや生い立ち

生まれ:昭和39年8月22日

出身:福島県

学歴:東北大学 卒業

元々議員になる前は弁護士としてグローバル的に活躍してきた彼女ですが、弁護士に着いた時には1995年の時だったようでこの時にニューヨーク大学からの研究員として国の金融庁などを着任し、そこから2007年には衆議院で初当選し政治家になられています。

 

 出身は福島県のいわき市という所に育ち東北大学の法学部を出られてから弁護士を目指したそうでいきなりアメリカに留学して様々な分野を学びスキルを高めていったわけです。

 

幼少期からの学びは、家の事情が借金などを抱えて大変苦労された中で育ってきており父親が何やら事業を起こしたのか大きな負債を持って、それほど裕福な家庭で育ったわけではないといった感じです。

 

幼少期から厳しい環境の中で育ってきていますので社会人になれば当然優秀な人材になって人より稼ぐ信念というものをこの頃から持っていたのかもしれません。

 

彼女的にはそのような理念やポリシーというものを強く持っていたのか、アメリカでの学びが非常に効果的だったようで帰国してからは弁護士事務所を構えて独立し消費者問題に強い国際派弁護士として活躍されています。

 

またまた正義感が強い女性だったこともあり弁護士との仕事に関しては依頼者とマンツーマンで親身になって受け答えしどちらかと言うと弱者を助けるというような理念を持ちながら業務にかかっていたそうです。

 

このような活動の中で政治にも興味を持ち2007年に衆議院から自民党へ出動して圧倒戦を行っておりその時には多くの支持者が存在してかなりの評判だったと言われています。

 

今回総務大臣に着任して、より一層彼女の能力やスキルというものが発揮される時でもありますが、国民は彼女の手腕に大変期待してると思いますので、今後の日本の躍進で止まりそのスキルを活かしてほしいと思います。

森雅子が法務大臣に就任!

安倍晋三首相は31日、辞表を提出した河井克行法相の後任に森雅子元少子化担当相(55)を充てる人事を決めた。森氏は参院福島選挙区選出。当選3回。

出典https://www.sankei.com/

今回の人選に関しては、河合法務大臣が嫁の不祥事によって辞任を余儀なくされたされたことにより、その後任として彼女が着任していますが、選んだのは安倍総理なのでこれが吉と出るか凶と出るかは今後の彼女の手腕次第です。

 

我々国民はそれを期待していいのかあまり期待しない方がいいのかは、今後の彼女の能力次第ですが基本的に彼女の考え方としては自分に厳しく人に優しくと言う外見が見られますので、弁護士としてグローバルレベルで活躍してきた彼女の経験とその IQ は非常に高いレベルにありますので一応期待していいのかなと思います。

しかしながら今回の法務大臣の人選に限ってのことであったので彼女も戸惑っていると思うが着任したからにはその任務を全うし、日本が今後住みやすい国にして貰えるように彼女の命運が試されている。

森雅子は美人だがファッションセンスはない?

ぱっと見た感じはかなりな美人で清楚な感じがする森雅子ですが、ファッションセンスや服装などが国会でも波紋を呼び話題になってるということです。

 

プロのデザイナーから見るとかなり点数が低いということですが、ドン小西氏がその点数を5点満点の2点と評価したかなり話題になっているポイントです。

 

なぜこのような辛口な評価をしているのかと言うとドン小西氏曰く国家の大臣になっているにも関わらず白の身をまとっているところがどこかの演歌歌手と間違えたと言うことだったのです。

 

彼にしてみると、かなり場違いなんだということで、このような国会の場で宴会をする時にはマッチしている服装とは言い難く、芸能人かなんかと勘違いしているのではないかという風な見方だったのです。

 

我々素人からするとどのようには全く見えないのですが普通にそうなファッションで身を包んでいるような印象ですがプロのデザイナーからみるとこれが非常にナンセンスだということだったのです。

 

ドン小西曰くこのようなことを語っています。

とにかく、勘違い女性政治家の典型的なファッションだな。後援会のおじさんたちに持ち上げられて、自分をスターかなんかと思い込んでしまう。で、ミョーな特別感を出すから、ファッションが世間から浮きまくるんだよ。知ってると思うけど、政治家は国民の代表。雲の上のスター気取りじゃ困るっつうの。だいたいこのスーツって、もろ夏物だろ。季節感ひとつもわからん人に、あんなむずかしい法案を通させようって、政府もどんだけ国民をバカにしてるんだか。

 

まあ、ものの見方は人それぞれなので賛否両論の声があるのは致し方がないことですが、プロの目から見るとやはり厳しい見方があるようでこのような最低になっているのではなかろうか?

 

しかし彼女をサポートする声も多数あり元防衛大臣の稲田明美衆院議員なんかはこのように語っています。

「自分と森さんの共通点は2人とも美人ということ」「森さんがいるだけで華やかだ」

などと公言しています。

やはり女性同士から見るとリスペクトする存在でもあると思うし、彼女が魅力的で美人だということは断定してもいいかもしれない。

森雅子の結婚相手(旦那)は三好豊!

ここで彼女のプライベートなどについてもリサーチしたいと思いますが、結婚相手である旦那は弁護士なの三好豊氏です。

 

2人ともかなり、 IQ が高いエリートだと断言してもいいと思いますが、三好豊氏の経歴やプロフィールなどはかなりとんでもない学歴だということが判明しています。

 

1982年に、慶應義塾志木高等学校を卒業してそこから慶應義塾大学の法学部に進学しながら前後し終えましたと言われているそうで、まさにエリート街道まっしぐらな弁護士人生だと思います。

 

大学を卒業してからも、アメリカに留学しワシントン大学の過程を終了して現地の法律事務所に就職して勤務していたわけです。

 

今現在でも多数の肩書きがあり主に FUJIFILM の論理審査委員会のメンバーに着任していたり立教大学の研究科の講師として活躍しています。

 

アメリカから帰国後は95年に国内で弁護士登録を完了させ東京弁護士会のメンバーとして活動しているとともにニューヨーク州の弁護士会のメンバーとしても登録されています。

 

今現在は森・濱田松本法律事務所というところに勤務しており、国内はもちろんのこと世界レベルのグローバル規模で企業を取り巻く事業環境がかなり大きく変化している世の中にも対応して多くのクライアントさんの支持を得ています。

森まさこのfacebookやインスタは?

もう一つプライベートに関してみていきたいと思いますが、ソーシャルメディアなどの Facebook やインスタも彼女に対してかなり情報発信の活用しより投稿なども頻繁に行っているようです。

 

弁護士と同時に法務大臣にも着任した今回に対して、今後もフェイスブックやインスタなどの情報発信ツールは彼女にとってより重要な戦略になってくると思いますので、興味があれば日ごろからチェックしていきたい。

 

まめに投稿や記事なども書いているようですので、性格的にもしっかりとしていると思いますし、地域や社会貢献活動なども頻繁に行っていると思いますので今回の着任は非常に期待して良いのではないか。

 

今後の任務に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-ビジネス系
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.