メディア

【内田斉⇒ジャンティーク】場所やコレクションがスゴい!結婚(嫁)は内田文郁!【アウトデラックス】

投稿日:

「アウトデラックス」にジャンティークを経営する内田斉(うちだひとし)さんが出ますが、お店の場所やコレクション作品が飛び抜けてスゴイ!内田斉さんの経歴WIKIプロフィールやインスタ、facebook、Twitterなどをたどるとそのオシャレ感が伝わってきます。

 

内田斉さんは今現在結婚して、嫁(妻)は内田文郁さんと言う人で子供なども調べて行きたいと思います。

スポンサードリンク

内田斉(うちだひとし)の経歴WIKIプロフィールや生い立ち


本名:内田斉(うちだひとし)

お店『ジャンティーク』

生まれ:1969年

出身:群馬県

高校大学(学業):高崎工業高校卒業

またここで一際ダンディでセクシーな強面のおっちゃんが登場してきますがそのネーミングは内田斉と言います。

 

第一印象だけでかなりワールドでアクティブな印象の彼ですが、やはりその印象通りにアンティークが大好きだそうで自らが制作する作品やコレクションなどは今現在でも多くの方に支持されています。

これだけのワイルドで強面な印象の彼ですが正確な内面ではかなり意外性があり漫画が非常に好きだということです。

 

ぱっと見の印象では何かサーフィンでもやってそうな感じのコジャレたオヤジ系ですが全くその裏腹には、インドア派でアクティブな感じだということです。

 

WIKIや経歴プロフィールなどを辿って行くと高校を卒業と同時にどのような仕事に就いていたのかということはあまり明らかに後悔していませんがおそらくその頃からアンティークや古着などに興味を持ち、このような商売を将来的に目指していたということではないでしょうか。

 

今現在では嫁さんと同時にお店の方を経営しているらしく、多くのコアなファンや古着好きなメンズなのかが集うお店だそうで、地元でも非常に支持されて人気が高いということです。

 

推測になりますが学業を卒業してから、何か商売を始めるべくアンティークなどに関わる仕事などに関わっていたと想定できます。

内田斉のお店(ジャンティーク)の場所は?

ではここで彼の経営するジャンティークのお店の場所や商品などをピックアップしていきたいと思いますが、彼の好みでもあるレトロな古着や、古き良き時代のジーンズなど古風な感じのアイテムが揃うこじゃれたショップです。

 

ほとんどが彼のセンスによる商品だと思いますが、ラインナップされているほとんどが彼と嫁さんがコーディネートしたかのようなイージーで、雰囲気のいい小物やアイテムなどが揃っておりコアなファンにはたまらない場所だと思います。

 

考え方は古いものとか時代にマッチしていないスタンダードなものだからこそ楽しんだりセンスを磨いたりしていくのだと言います。

 

こう見えて彼自身もかなり商品に関してはこだわりを持っているそうで、プライベートでも自分が身につけるアイテムや小物などはセンスを感じさせる。

 

もちろん大人だけ楽しめばいいというものではなく、ちゃんと子供にもセレクトできるように子供用のアンティークアイテムなども取り揃えています。

やはりこの辺がオーナーらしい王道の見せ方をしていると思いますしアクセサリーや財布などもおしゃれな大人を目指すラグジュアリーとしてスタンダードなものを提案しています。

 

〒153-0051

東京都目黒区上目黒2丁目25−13

エルレーブ中目黒

営業開始: 12:00

電話: 03-5704-8188

内田斉とコレクションや作品は?

これほどまでに溢れるショップを立ち上げて多くの支持者を獲得している彼ですが、彼が提案する作品やコレクションは一体どれだけ凄いのかというところをリサーチしていきたいと思います。

 

まず彼は外見とは裏腹にかなり意外な面を見せています。

 

意外な面というのは漫画が非常に好きだということで、常日頃からこれをコレクションにしているらしく何でも少年に圧倒的に支持されているドラゴンボールが好きだということです。

 

なぜこれだけの大の親父が少年が食いついている、ドラゴンボールなどにはまったのかということなんですが、 ご自身が悟空の声優役をしている野沢雅子のコアなファンであり非常にマニアだということです。

 

野沢雅子の一体どこにはまったのかというところなんですが、彼女と同世代というところもキーポイントだと思いますがやはりあの独特の声ではないでしょうか。

 

学生時代の頃から野沢雅子やドラゴンボールの漫画が非常に好きでハマっていたそうです、実際に野沢雅子が講演会やメディアなどに出た時にはそれを追っかけてファンになっていた感じもあったそうです。

今現在でもアンティークの経営をして、商売をやっていますが、その傍らではこのような独自のコレクションを持っておりそれを売りにして多くの情報発信や SNS 上でも人気が高いです。

 

当然にこのような情報発信などを行っておれば、ネット上で話題になっていきますので何でも彼の実績にもギネスに載ったというとんでもない功績があるようです。

 

やはりそこまでの実績を出すのは相当なマニアックでないと無理だと思いますし、熱い信念や自信みたいなものがないとこのようなコアなファンが集うようなジャンティーク店はできないのだと感じます。

 

彼には、自分がやりたいことをビジネスにできるセンスがあったのだと思います。

内田斉の自宅がかっこいい!

ここまでは彼のアンティークのお店をピックアップしていたんですが、実は自宅の方もかなりマニアックでお洒落な感じです。

 

彼の部屋も当然嫁さん達と相談しながらリフォームしていたと思いますが、ぱっと見の印象もかなりお店と似たような感じでジャンキーでセンス溢れる内装だと思います。

 

またまた中古のマンションを購入してそこから自分たちの好みでリフォームされたということなのでかなりドライな感じですし、新規のマンションを購入して高いお金を払うより初めから中古のマンションで一定期間住んでそこから将来的にリフォームをした方が現在は効率的な家の購入の仕方だと話題になっています。

 

新規のマンションを購入するのか中古を購入して後でリフォームするのかは個人の予算の都合にもよりますが、現代人の多くの人は後者的な買い方をする人が多いです。

 

彼自身が、このようなリフォームをするのが好きだったのかもしれませんしアンティークだけではなく、インテリアや家具などにも興味があったのだと思います。

内田斉の嫁(妻)は内田文郁!子供は?

すでに結婚して嫁や子供もいてるそうで、元々は2005年の頃にお店を立ち上げたときは嫁さんの身内で経営をやっていたそうで、そこから結婚と同時に内田さんとお店の経営をやるようになったそうです。

 

元々、カレと嫁さんはジーンズや古着などが大好きだったそうで、そのようなビジネスを何か将来的に始められたら理想的な感じで、このショップを立ち上げたと言いますが、結婚と同時には2年ほど主婦をやっていたそうで完全に家庭の中に入っていたそうです。

 

嫁さんの方も全く未経験から始めたわけではなく、学生時代に古着屋でアルバイトをしていた経験などもあったそうでその辺の知識やノウハウ的なものは全く素人ではなかったようです。

 

今の方は地震が東北の宮城ということで田舎で育った経験がありそこから古着などが良く普段のライフスタイルの中で来られていたこともあり、毎日の生活環境の中でジーンズやアンティークなどの洋服は日常的にあったそうです。

 

海沿いに展開する田舎の町で育ったことですからそのようなエリアではやはり今流行りのファッションではなく汚れてもいいような古着などが定番になっていた環境だったので、 自然と幼少期からこのような慣れ親しんだライフスタイルだったんだと思います。

 

今現在でも夫婦共々子供と幸せな家庭を築いているのと同時に、お店の方も仕事の常連客や観光客らに指示されて人気が高いアンティークショップへと成長しています。

内田斉のインスタやfacebookとTwitterは?

SNS などでも自分のコレクションやお店など情報発信しており、アップされる画像や彼が身につけているアイテムなどはすでに注目の的になっています。

 

ファッション雑誌にも度々登場しているくらいですので出版社からも非常に注目されていると思いますし、雑誌のモデルなどにもなってリスペクトされる存在になっていると思います。

 

インスタやツイッターなどでも度々自分の私生活などをアップしていますし、彼と同じような生き方をしたいような形には共感を得ているんではないでしょうか。

 

このような生き方もありだということを彼が発信してくれていすし、自分のやりたいことをやって人生を全うする方がより幸せであることを彼ら自身が思う存分描いてると思いますので、サラリーマンなどで毎日が縛られた人生を送っている人であれば、内田さんのような人生にチャレンジしてみるのも素晴らしいことではないか。

 

彼の今後の活躍に期待したいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

shiritailabo.com
 
https://shiritailabo.com/2019/10/24/kawamuramiho-gomiheya/
https://shiritailabo.com/2019/10/24/kawamuramiho-gomiheya/

 

他の記事は下から見よう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.