メディア

小泉亮祐のインスタや経歴はfacebookで!オススメパフェ店場所や評判!【マツコの知らない世界】

投稿日:

「マツコの知らない世界」に早稲田大学の小泉亮祐(こいずみりょうすけ)がパフェを紹介します。小泉亮祐のインスタや経歴プロフィールなどとフェイスブックなどをみて行きたいと思います。

 

小泉亮祐がオススメするパフェ店はなかなか魅力的ですが、彼はパフェアンバサダーと言う肩書きで活動されています。

 

小泉亮祐がなぜパフェにハマったのか?その他にもインスタなどは美味しいそうなパフェを盛り沢山紹介されていますので、全て調査して行きたいと思います。

スポンサードリンク

小泉亮祐の経歴プロフィール

本名:小泉亮祐(こいずみ りょうすけ)
出身:神奈川
高校:神奈川県立希望ヶ丘高校
大学:早稲田大学

早稲田大学に通いながら様々な活動をしているそうですが今現在メインとして行っているのがカフェを研究したべ歩いたアンバサダーとして活動しています。

 

甘いものがもともと好きなのかカフェというデザートに取り憑かれてそこからハマっていったのかは謎なところがありますが、そもそもなぜ早稲田大学というようなかなり高い IQ を持っているのにも関わらずデザートなどに視点を置いたのかというところが気になります。

 

学歴的には能力やスキルなどは偏差値が平均で60以上もの学力があるのでビジネスの方に目を剥きそうですが、女子が好みそうなパフェと言う食べ物に特化したのはある意味戦略的なのかもしれません。

 

 Facebook やインスタにもさまざまな色鮮やかなカフェがアップされており相当な甘いもの好きと断定して良いと思います。

 

外見からして全く甘いものは食べなさそうな感じなんですがその裏にはかなり女子的な要素も含まれているんではないでしょうか。

 

カフェと言えば普通に生クリームがどっさりと入っていかにも甘党のデザートですが、それプラスチョコレートやバナナなどの食材を上から重ねて言って男性が意欲的に食べるようなものでは遠ざかっていますが彼はこれが大好きなんでしょう。

 

経歴やプロフィールなども辿っていくと、早稲田大学に現在通学されているということは頭が切れて将来的にも有望な職業に着くと思います。

 

普段の生活の中では家族構成や、現在恋人や彼女がいるのかというところは公開されていませんが、パフェが好きということはかなり女子が食いつきそうな感じなのでその辺に関しては女子心をしっかりと掴んでおり性格的にモテるんではないでしょうか。

小泉亮祐のパフェアンバサダーって何なんだ?

そこで調査を深くリサーチしてみたところ小泉さんのメインとして活動しているカフェアンバサダーとは一体どのようなことを指すのか。

 

アンバサダーというネーミングはよくネット上でも聞きますがいわゆる〇〇大使とかということでその分野に対してスペシャリストだということでしょうか。

つまりビジネスの世界でもよく使われるキーワードであるがゆえにカフェアンバサダーというものが業界的にもなかなか聞いたことがないようなワードですので、彼自身がオリジナルでつけたネーミングでしょうか。

 

そもそも学歴的にも早稲田大学に通っていることで、 IQ はかなり高いレベルにあると思いますのでそのような中ではビジネスのジャンルでパフェを多く情報を発信しているということで、スイーツやデザート会社から何かしらの仕事のオファーや広告媒体などにも有効活用しているんではないでしょうか。

小泉亮祐のfacebookやインスタグラムは?

彼のインスタやフェイスブックなどではかなりの多い美味しそうなパフェが並んでいますがすべてオリジナルで撮った自撮りです。

 

これほどまでに多く食べられていたのが一目瞭然でわかりますがそれほどこのデザートに魅力を感じていると思いますので、甘いものばかり食べて糖尿病にだけは気をつけてほしいと思います。

 

更新頻度もかなり高い水準に到達しており何日かに分けて頻繁に記事をアップしたりパフェの画像などを魅力的に見せたりして多くのユーザーからも支持されています。

 

メンズがこれほどカフェに関して情報発信する人はなかなかいないと思いますので、幼い頃からかなりの頻度で甘いものを食べていたんだと思います。

今後のインスタやフェイスブックなどのソーシャルアカウントを活用してどんどんと新しいカフェなどを更新していくと思いますしおすすめのお店が人目変わったカフェなどのお店があればオススメなどを紹介していくと思います。

 

パフェが大好きな女子であれば彼のインスタを見るとかなり情報を得れるんではないでしょうか。

小泉亮祐のオススメパフェ店の場所や評判は?

ここからは彼がオススメするパフェのお店の場所や、評判などをピックアップして行きたいと思います。

 

■デザートカフェハチドリ

かなり繊細な盛り付けで、色鮮やかなパフェを沢山提供してる。さらにパフェをもっとも得意としているお店なので、シンプルかつボリューム感あるパフェを楽しみたい人は今すぐGOだ。

 

■フルーツパーラーフクナガ

こちらのお店も、見た目はシンプルですが味は申し分ない。季節の果物をふんだんに使用したパフェはまさに是品でうまいの一言だ。

住所:東京都新宿区四谷3-4 fビル 2F

 

■ラヴィアンレーヴ (LA VIE UN REVE)

まさに芸術とはこの事を言う代表的なパフェ店だ。味は甘さ控えめなパフェを提供されており、若い世代からアダルトな世代まで人気があり地域でも話題だ。

住所:東京都足立区梅島3-6-16

 

■資生堂パーラー 銀座本店 

もう説明の余地はいらないだろう。日本の厳選された食材を活かして作るオリジナルパフェは高単価にもかかわらず、非常に大人からも人気が高い。

住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル3F

■銀座ぶどうの木

季節に関係なく1年中パフェを楽しめる魅力的なお店だ。特にチョコレートに力を入れており、その丁寧さは業界屈指だ。香り高いチョコレートをいかんなく発揮している。

住所:東京都中央区銀座5-6-15座STONEビル 2F

 

■フルーツパーラー キムラ

関西では屈指の人気を誇るこのお店は、なんと言っても魅力はそのボリューム感だろう。そのグラスの中には子供が喜びそうな要素がいかんなく発揮されている。ファミリーでGOだ。

住所:大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 南館 B2F

小泉亮祐はなぜパフェにハマったのか?

戻ってみたいと思いますがそもそもなぜ彼が風邪などの女子が好むようなスイーツを情報発信して、はまったのかということです。

 

今の時代では甘党の男女が非常に多い時代ですのでその辺が影響しているのかもしれませんが一昔前ではメンズがパフェなどを食べるということは常識的にあまりなかった ので、このような人物が現れると新鮮に流します。

 

これまでに彼がカフェを食べ歩いてきた数や種類は約500以上ものカテゴリーに登っており、彼の頭の中ではどこの店がおすすめでどのような料金なのかもすでにインプットされているはずです。

 

上記でもお話しした通り、彼のおすすめのお店はまだまだたくさんあり都内だけでも何百店舗も数が存在します。

 

これらの通り、今後も最前線のパフェを追求すべく多くのパフェ好きな若者のために走り続けて欲しいものだ。

 

活躍を祈る!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

他の記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.