メディア

樋口宏江はカリスマ!夫もシェフで評判通り?勤務先や高校大学は?【プロフェッショナル】

投稿日:

「プロフェッショナル」にカリスマシェフ事、樋口宏江さんが特集されますが結婚して夫や子供の存在やレストランなどの勤務先から返してその料理の評判や味などはどうか?

 

樋口宏江さんの高校大学(学歴)や年収などは相当なスキルがあるんではないか?

 

今回はそんな樋口宏江さんの今現在の経歴プロフィールやWIKIなどの詳細をみて行きたいと思います。

スポンサードリンク

樋口宏江シェフの経歴プロフィールやWIKI

本名:樋口 宏江(ひぐち ひろえ)
生まれ:1971年(47歳か48歳)
出身:三重県

ここで彼女の詳細などを調べていきたいと思いますが、経歴プロフィールやWIKIなどは相当なスキルを持った人物です。

 

90年代に三重の志摩観光ホテルに入り料理としての修行を積んでいきました。

 

ここから厳しい修行の毎日が続き、料理を勉強しながらスキルやテクニックなどを学んで料理人としての腕を磨いて行ったわけですが、ホテルに入社してから同じ志摩観光ホテルのベイスイートのオープンと共にシェフとして抜擢されています。

 

つまり現在の総料理長のシェフまでに同じ志摩観光ホテルだけで料理を修行してきた人物でもあり学業を卒業してからこの会社以外のところで働いたことはないと思います。

 

今から5年前にこのホテルの総料理長として数々のメディアや料理をふるまってきたわけですが、志摩観光ホテルだけで培ってきたノウハウは相当なものがあり会社からも絶大な信頼を得ていると思います。

 

女性の料理長というのは非常に珍しい部類に入ると思います、だからこそ世の中に注目される存在でもある彼女の信念は揺るぎないものがあります。

 

もともと幼少期の頃から家庭が料理好きということもあり母親の手料理を食べながら育ってきた環境下でいますので、若かれし頃からおふくろの味というものに満たされて生活できたと思います。

 

そのような環境下で幼少期を過ごしていますので、小学生や中学生の自分から家で母親が料理をするつもりでいたこともあり料理に興味を持ったと思われます。

 

さらには料理だけではなくお菓子作りやスイーツ作りも得意としていた母親のスキルを小さい頃から見てきていますので彼女もそこに入力を受けて今現在でもお菓子やスイーツなども得意分野としています。

 

料理の世界というものは非常に決断力や努力や根性などがいる仕事でもあり特に見習い期間の修行中の時は全体からの厳しい指示が総料理長からのチェックなどが入り毎日が闘いだと思います。

 

そのような修行を積み重ねてきては、鍛えられてきたと思いますので料理人としてホテルに入ってから3年目の時にホテルに隣接されている志摩スペイン村のレストランにてシェフに選ばれている。

 

現地の現場ではほとんどが男性の料理ばかりだったと言われており基本的に料理人の世界は男社会というのが根付いていますので、当時働いていた女性は彼女も含めて約10名ほどだったらしく、その中でも自分が料理人として将来活躍したいという目標や理念だけはしっかりとぶれずに持っていたそうです。

 

男気あふれる料理人の世界の中で今にも逃げ出したい心境もあったと思いますが、彼女のコンセントには今現在の総料理長として根付いているのだと思います。

 

2000年に入ってからは数々の実績を出していき、特にメジャーで活躍したイベントは2016年に行われた G 7のサミットです。

ここで数々の大統領や首脳が会談したイベントで彼女の料理が振る舞われ、かなりの高評価を得たのはあまりにも有名です。

 

このようなことからこの実績をきっかけにして今では国家の農水省での少々なども出ておりこれらのメジャーなイベントや賞をいただけるのは女性の料理人の中でも彼女が初めてだと言われています。

樋口宏江シェフの高校大学(学歴)はいかに?

まず最初に彼女の若かりし頃を見て欲しい。

 

って言うか、おやじ、イカつくね!?

 

ここでは彼女の高校大学や学歴などをリサーチしていきたいと思いますが、出身高校に関しては四日市西高校を卒業しており、ここから料理の専門学校に進学したと思います。

 

高校を卒業してからは主に調理師の専門学校に通っていますので、料理人が辿るべきルートをたどってきているんではないでしょうか。

 

四日市西高校の偏差値的にも52から58という風にデータが出ていますのでそれなりに学力も高く IQ スキルはもともとあったのだと思います。

 

四日市西高校に関しては国内でも屈指の強豪と言われていますのでこの辺が歴史ある高校だと思いますしプロを輩出してきた実績もあります。

樋口宏江シェフの結婚(夫・子供)はいかに?

気になるのが樋口さんのプライベートや生活環境に関してですが今現在結婚して夫や子どもの存在なのはどうなんでしょうか?

 

アウトサイダーからの情報などによれば、 結婚されて旦那や子供は二人行てるそうです。

 

毎日が仕事で忙しいにもかかわらず家庭を持ち子供を育てているのは大変忍耐力がいることだと思いますし、彼女のケースでは総料理長のトップなわけですから全ての責任を彼女が負う必要があり並大抵のことではできるポジションではありません。

 

このような本業とライフスタイルのバランスを考えて、自分らしく生きている彼女は輝いて同世代の女性からすると、憧れの存在であることは間違いないと断言できるでしょう。

 

ここでさらに深く掘り下げていきたいと思いますが、夫はどのような関係を仕事をしているのか気になりますがイメージ的には同業者のシェフと見て考えられますが果たしてどうなんでしょうか。

当然一般人なので旦那の職業や仕事内容などは今のところ明らかになっていませんが、可能性として考えられるのは同業者であることも一理あると思いますし、全く畑違いなサラリーマンなのかもしれません。

 

今現在子供も二人存在しており年齢的にも中学生から高校生ぐらいの年代だと想定します。

 

彼女は総料理長なわけですから毎日毎日子供の食事をしたり世話をするのは本当に難しいことだと思いますし、ほとんどがホテルにいる時間が長いと思いますのでその辺の家事的なところは旦那がサポートしているんではないでしょうか。

 

こちらは彼女の子供たちかな?

樋口宏江シェフの年収がエグい!?

年収的にもかなり気になりますがホテルの総料理長というポジションは一体どれぐらい稼いでいるんでしょうか?

 

平均的な一般の料理人やレストランのシェフというポジションで仕事をしている人たちの稼ぎはだいたい年収的に300万円から500万円程度だと言われています。

あくまで役職などのポジションは別にして、あくまでも平社員で料理人として勤めているのであればこれぐらいの年収だと思います。

 

なのでかなりの時間が拘束される割にはそれほど年収的に高くはない職業だと思いますし、自分の時間がほとんど取れない料理人の労働時間は相当長いと言われていますので、金額だけ見てみればあまり割に合わない仕事なのかもしれません。

 

彼女の場合は全く話が違うと思います。

 

役職的にもトップのポジションで回る総料理長として活躍していますから普通の平社員の立場の年収と比べると倍以上の稼ぎを得ていると思います。

 

しかも彼女が勤める志摩観光ホテルというのは非常にラグジュアリーで、高単価なホテルですのでどちらかと言うと富裕層が客層として多い一流のホテルです。

 

そのようなリッチなホテルで総料理長として勤めているわけですから推測として考えられるのが、年収的に最低でも800万円から1000万円以上の稼ぎを得ているのは十分に考えられるでしょう。

スポンサードリンク

樋口宏江シェフの評判や勤務先と味は?

ここまでの経歴やプロフィールなどを紹介していくといかに彼女がとんでもない料理になるかということがご理解いただけると思いますが、ここでさらに彼女の究極的な料理の評判や味などについてリサーチしていきたいと思います。

 

究極的な朝食メニュー

  • 洋食ブッフェ(大人:3,400円、小学生:1,900円)

上級で新鮮な食材しか使用しない彼女のこだわりが究極的に表現されたブレックファーストメニュー。

 

  • 和朝食「重ね御膳」(大人:3,400円、小学生:1,900円)

三重県志摩ならではのイメージを大切にして、彼女を筆頭に料理スタッフ一丸となって作る完全オリジナルメニュー

 

ランチメニュー

  • ラ・メールザクラシック開業50年特別ランチ(21,100円)
  • 海の幸ランチ(鮑ポワレ:12,700円、伊勢海老:11,800円)
  • ビアンヴニュ(6,100円)

ディナーメニュー

  • 優雅なる晩餐(30,400円)

ディナーに関して言えば、もう説明する必要はないだろう。 

 

志摩観光ホテルならではの究極のメインディナーとなり、多くの客人が感動し舌を唸らせた絶品のコースだ。

  • トラディション(30,400円)
  • シュルプリーズ(25,100円)

すでにこの料理を見ているだけでしたくなるような感情に包み込まれるがこれも全て彼女のセンスとアイデアが組み込まれた究極の料理です。

 

ディナーに関して言えばこれほどまでに高単価にも関わらず、客人が足を運ぶのはそれほどリピート率が高いという証明ですし、日本人のみでなく外国人からも多くのファンがこのホテルに足を運んで彼女の料理を楽しんでいます。

 

あなたもぜひ彼女の料理を死ぬ前に一度でも堪能したければ、迷う必要なく今すぐに志摩観光ホテルを予約して彼女の絶品ディナーを堪能してくれ。

志摩観光ホテルのアクセス
《志摩観光ホテルの店舗情報》
●住所:〒517-052 三重県志摩市阿児町神明731
●電話番号:0599-43-1211
●アクセス:近鉄志摩線「賢島駅」(徒歩約5分)

最後までご覧いただきまして本当にありがとうございました。

 

他の記事は下から見よう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.