メディア

【日本語教師】中村紀子の経歴WIKIや高校大学はどこ?年収や今現在は?【ノンフィクション】

投稿日:

「ノンフィクション」に今現在中国で活躍する日本語教師の中村紀子さんの経歴WIKIや高校大学(学歴)や年収などについて調べて行きたいと思います。

 

日本語教師で活動する中村Radioや中村紀子さんのプロフィールなどをたどって行けば、かなりスゴイ事を現在されている人ですが、結婚して旦那や子供の有無なども気になります。

 

早速みて行きたいと思います。

スポンサードリンク

中村紀子(日本語教師)の経歴プロフィールは?

ネーミング:中村紀子(なかむらのりこ)

生まれ:1970年生まれ

年齢:49歳

出身:千葉

かなり興味深い彼女の経歴やプロフィールなどをたどっていきたいと思いますが、なぜ教師などを目指したのかというところがピックアップされていくと思いますが実は幼少期からすでに教師になることを目指していたそうです。

 

 

その頃からすでに教師になることを夢見ていたとはかなり現実的な考えを持てる女性だなと個人的に感じましたが幼少期からこのような職業を目指していたのでかなり学力的に励み勉強に集中していたということです。

 

 

やはり小さい頃からそのような教育やスキルの向上などを自分でやってきたわけですから自律神も高く大学を卒業してから教員免許を取るまでにかなり苦労をされていたと思われます。

 

 

そのようなチャレンジ精神がかなりある人なので、諦めるということは全く考えていなかったらしく5年間ほど教員免許を挑むためにトライしてきましたが、非常に残念なことですが教員になることはできなかったそうで方向転換して塾の講師をやっています。

 

 

国内で塾の講師をして生活を全うしてしてきたそうですがある日とある番組で中国関連の放送を見ていた時に現地で日本語を勉強している学生を見て彼女は感受性を受けたといいます。

 

 

そこから国内で教師を目指すということではなく、現地の中国で教師を目指したらどうなのかという発想の転換にチェンジをし、教師になるということは日本語を教えるということに=一致するのでそこから現地の中国に飛んで日本語教師として活動することを決断したそうです。

 

 

その決断が正しい決断だったので今現在では16年間にも及ぶ日本語教師として現地中国で活動しており、すでに中国では彼女のネーミングやブランドは確立しています。

 

ただ日本とは違い中国というものは色々な規制やネット上のやり取りなどがまったく違い反日などが強い国なので普段のライフスタイルの中でもデモが次々と起こり非常にマイルドな生活を送っていると思われます。

 

しかしながらそのような厳しい環境下でも彼女の人生の信念は全く曲げることなく中国人の人々に故郷の言葉を教えるということに誇りを持ち、今ではたくさんの中国人に支持され必要とされる人間になっています。

スポンサードリンク

中村紀子(日本語教師)の今現在は中村Radio?

中村さんの現在の活動は主に現地中国で仕事を行っていますが詳細などについては具体的にどのような仕事をやっているのか気になります。

 

16年間もの間中国で活動していますがメインとして立ち上げた事業としては2014年に日本語のラジオを解説してこれがまた多くの中国人に支持されています。

 

「中村radio」というチャンネルで事業を立ち上げ現在のチャンネル登録数やユーザーは14万人以上膨れ上がっており、やはり中国ならではの人の数ということがイメージできます。

 

もちろん彼女が立ち上げたラジオの局番ですから彼女自身がトークを繰り返して日本の文学のクオリティーなどを現地の人々に解説し言葉も非常に繊細で分かりやすいということで今ではなくてはならない存在になっています。

 

彼女自身も今では現地で日本語を教えて本当に正解だったと語っていますしそのぶん全てが最初からうまくいったわけではありませんがそれらの壁を乗り越えてでも彼らに言葉を教えるということはそれなりに誇りを持ち仕事ができるので非常に正解だったと語っています。

 

もちろん最初は中国語など全く喋れずにライフスタイルなどにも非常に壁を感じ苦痛を感じていたそうですがそのような紙を一つ一つ乗り越えて現地の学生たちと一緒に学ぶことによって自らが勇気と元気をもらい逆に学んだといっています。

 

そして中国の現地の人たちは日本語を学ぶ事に非常に貪欲で何としても話せるようになりたいと言う考え方が身についている子が多いので、非常に彼女自身もやりがいを感じ徹底的に教えるということを現在教育しています。

中村紀子(日本語教師)の高校大学は?

このようなことをやっていると非常にエリートで優秀な高校や大学を卒業してきたんだなとイメージされますが確かに学力やスキルは勉強してきている人なのでそれなりの能力を持ち合わせています。

 

出身大学などについては立正大学の文学部を卒業しそこから国内の教員を目指したということです。

塾の講師になられてからは個別で生徒たちに教育を行ったり志望校に合格させるための指導塾の教室長などを経て教育に励んでいたと言われています。

 

ただ中国に渡ってからは外国小学校などの教員に就任し今現在では「中南財経政法大学外国語学院日本語学科」で勤務されております。

 

高校については国内の学校に通われていたと思いますが詳細については今のところ不明なので今後明らかになってくるのは間違いないでしょう。

中村紀子(日本語教師)の年収は稼いでるのか?

一般的な教師の年収というものは非常に低く一般サラリーマンの平均年収の下だと言われていますが公務員なので将来の待遇は安定しています。

 

しかしながら現在の国内の教員でも平均年収が300万円ほどしかない教師も数多く存在しとてもではありませんが生活がきついという教師も5万といます。

 

中国での平均年収が日本の国内とは全く相場が違いますのでどれぐらいかはある一定の平均レベルを計算してみたら出ると思いますが、現在彼女自身が役職などについておれば、一般教師の平均年収を上回るんではないでしょうか。

 

若い年齢などに平均年収は300万円を下回るケースが多く、物によっては200万円から250万円という形の教師がいるぐらいですから本当に現在の教師の収入とは頭打ちになって低すぎる水準となります。

 

なので個人的に思うのがやりがいだけで出来るような仕事ではありませんし、そもそもお金を稼げなければ生活収入もかなり低下し、何のために仕事をやっているのか訳が分からなくなってくると思いますので、本当に彼女のような強い信念がないと教師などできないと思います。

 

よくなぜ教師が収入が低いのかという問いに会った時にシンプルに言えば一般人の低所得者を教育してるからに過ぎないという風なコメントがあります。

 

教育をしている相手が貧困層だからといっても収入が低いというのは必ずしも一致はしませんが、それでもるいは類は友を呼ぶという法則があるように、自分が 収入が低ければ自然と教えている相手側も収入が低いという原理原則に当てはまるような気がします。

これはあくまでも収入が低い教師を出していますが彼女の場合は例外のような気がしますし役職などを担当して仕事をしておれば平均的な教師よりかは遥かに高い年収を得ていると思います。

 

中国との物価の差にある程度のレベルが存在すると思いますので一概には言えませんが 数字的にピックアップすれば平均年収が300万円という国内の合わせた時に彼女のような知名度がある表紙で言えば500万円ぐらいの平均年収は見ているんではないでしょうか。

中村紀子(日本語教師)は結婚して夫や子供はいるの?

ではここで気になるのが中村典子さんが私生活でも結婚して子供などがいるのかいうところです。

 

プライベートなところは現在のところ情報があまりないので一概には言えませんがおそらく個人的な感想としては独身の可能性があると思います。

 

旦那や子供などがいれば何かと話題になり紹介されていると思いますのでそのような情報が出てこないということは一人身で現地中国に渡ったんではないでしょうか。

 

結婚していれば旦那も子供も中国に行くことになりますから、仕事上の都合や子供の学校教育などにも響いてくると思いますし、そのようなことを総合的に考えたらやはり現在は独り身ではないか。

 

とにかく今後も中国で飛躍し今よりもっと支持されるような日本語教師を目指し頑張って欲しいものだと思います。

 

活躍に期待したいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当にありがとうございます。

 

他の記事は下から見よう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.