著名人

福島幸三郎(調教師)の死因や経歴WIKI!子供やロジータとの関係がスゴイ!

投稿日:

元調教師で名馬ロジータの生みの親でもある福島幸三郎が死去したことで死因や経歴WIKIなどをみて行きたいと思います。福島幸三郎さんの子供や家族、ロジータとの関係がスゴイ事で有名ですが、今回の死因によって受け継がれる競馬界の今後も左右されるんではないか?

 

福島幸三郎さんの生い立ちから現在までの武勇伝をみて行きたいと思います。

スポンサードリンク

福島幸三郎の死因や経歴プロフィール

公式からみて行きたいと思います。

名牝ロジータを輩出した川崎競馬の元調教師、福島幸三郎氏(ふくしま・こうざぶろう)が16日午後1時45分に死去した。87歳。20日に川崎競馬が発表した。

【写真】89年5月、羽田盃を制した野崎騎手とロジータ

74年9月16日の初出走から11年6月30日付の引退まで、地方競馬通算4444戦498勝。重賞は10勝を挙げた。管理したロジータは89年の南関東3冠のほか、桜花賞、東京大賞典、翌年の川崎記念も制覇。16年12月に老衰のため死んだが、地方競馬を代表する名牝として知られている。

通夜は22日午後6時から、告別式は23日午前11時から、いずれも埼玉県川越市小仙波867の1、市民聖苑やすらぎのさと第4式場にて。喪主は長男の幸夫(ゆきお)さん。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

福島ネーミング:幸三郎(ふくしま こうざぶろう)
生まれ:昭和7年5月18日
出身:埼玉

名馬を次々と生み出してきた調教師でありながら、今回なくなってしまったことは今後の競馬界にも大きくなをとどろかせると思いますし、その影響力は計り知れないと思います。

 

その中でも一番影響力が大きいのはロジータと呼ばれる名馬を育ててきたことではないでしょうか。

 

ロジータはかなり勝負どころで強い決定力を持つ馬であったが故にその闘争心と本能を掻き立てるきたのはすべて彼の功績が大きかったと思います。

 

業界でもかなりの馬として知名度を上げてきたロジータですが、全ては福島さんが育ててきたものであり消去して甚大な育成と教育に時間を投資してきて多くの貢献をしてきました。

 

今回その福島幸三郎さんが死去したということで非常に残念で悔やまれますが死因などの要因は一体何だったのでしょうか?

 

推測として考えられるのが、年齢も年齢なので癌の可能性があったことも考えられますし脳梗塞などのことも考えられます。

 

やはり調教師として最前線の現場で活躍してきましたのでそれなりの苦労やストレスなども計り知れないものがあったと思いますし馬を教育するということは人間を教育する非常に大変なのかもしれないので死因の原因が何であれ本当にお悔やみ申し上げます。

 

ですので考えられる要因とすれば、年齢的にがんや脳神経の病気にかかって入院していた可能性が高いと思います。

 

死因がわかればすぐに追記していきたいと思います。

スポンサードリンク

福島幸三郎の子供は福島幸夫と秀夫も調教師

左に映るのが、福島さんの子供の秀夫さん調教師として活躍されている。右は野崎武司・元騎手です。

 

福島幸三郎さんの死因によりお別れ会や葬儀の喪主を務めるのが子供の幸雄さんということですが、もう一人調教師として活躍するのが秀夫さんという方がおられます。

 

幸男さんが長男ということで喪主を務めるのが考えられますが、秀夫さんというのはおそらく次男の可能性があるので子供は二人おられたのかと存じます。

 

秀夫さんはおそらく父親の仕事を受け継いだ可能性があり、現在も調教師として活動していますが幸男さんの職業や仕事は今のところ存じ上げていませんので、別の仕事をしている可能性が高いです。

 

福島さんの葬儀や、お別れ会は日程的に今のところ未定ですがこれに関しても情報が入り次第追記していきたいと思います。

福島幸三郎とロジータの関係は?

そもそも福島さんと名馬であるロジータはどのような関係性にあったのかというところですが人間でいえば師匠と弟子みたいな関係でしょうか。

 

ロジータの現役当時はかなりの走力と体力を兼ね合わせたいわば参観競争を制する第一高校と言われていました。

 

その予感を確実に的中し、あらゆるイベントやレースと大会などで勝利を収め優勝回数は数多くあります。

 

生い立ちに関しては88年に競走馬として登場しいきなりデビューから2勝を挙げ89年の翌年には3大大会を全て制し競馬界に衝撃を与えた馬として有名です。

 

このような素晴らしい馬を育てたのが元調教師の福島さんだということで教育に関してはちゃんと基本を守り愛情持って育ててきたのが非常にイメージできます。

 

デビューから引退までの間は華々しい成績と実績を残し自分が育てた馬を業界内に轟かせ最後の引退レースには10倍もの価値が好き2番人気以下はトータルで万馬券というとんでもない支持を受けたことが今でも伝説として語り継がれている。

 

引退レースの結果も予想をはるかに上回る圧勝で最後のレースを飾ったということは最後の最後までその実力が証明された暁でもありますし現在の数々の記録が業界内にありますが彼の育てたゴジータに関しては日本史上ベストランとなる記録で未だにその功績が称えられている。

このようなすばらしい馬を育てた調教師としてその後を継ぐ息子の秀夫さんに将来を託し安らかに眠って欲しいと思います。

 

ご冥福をお祈りします。

みんなの声

あれだけの名牝が再び地方から現れることがあるのかな…と思える破格の強さでした。馬なりで楽勝した東京王冠賞が忘れられません。どうか安らかに。

 

心よりお悔やみ申し上げます。

 

ルジョージの最高傑作に近い名牝ロジータか懐かしい。

その他の関連記事は下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-著名人
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.