台風情報

【氾濫最新】沓川の水位や避難場所!ライブカメラや今後の雨の進路や被害がヤバイ!?

投稿日:

三重尾鷲市の沓川(くつがわ)が氾濫したとの最新情報をお届けして行いくと同時に、ライブカメラや今現在の水位や避難場所、今後の雨の進路や被害状況などを調べて行きたいと思います。

 

尾鷲市の沓川が氾濫して、近くの住民の皆さんは避難したり最新情報などを直ぐにリストアップして今後の行動をされてください。

スポンサードリンク

沓川(くつがわ)が氾濫!ライブカメラは?

公式からみて行きたいと思います。

三重県南部は19日午前0時現在、大雨となっていて、尾鷲市の沓川が氾濫したとの情報があり、市内全域に警戒レベル5、災害発生情報が出された。

三重・尾鷲市、熊野市、紀北町、大台町では、1時間に120mmを超える猛烈な雨を観測し、記録的短時間大雨情報が発表された。

尾鷲市三木里町で沓川が氾濫したとの情報があり、市内全域に警戒レベル5、災害発生情報が出された。

降り始めからの雨量は、尾鷲市で540.5mm、美浜町で392mm、大台町で313mmとなっている。

尾鷲市全域の9,353世帯に避難指示が出されているほか、熊野市の一部などに避難勧告が出されている。

また、尾鷲市、熊野市などで土砂災害警戒情報が出ていて、気象台は厳重な警戒を呼び掛けている。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

三重県の沓川が氾濫したということで地域の住民の皆さんは最新の情報をキャッチして今後の行動を行ってください。

 

台風19号で大きな被害を受けた関東圏や東北地方などを例に例えたら津波が来たような被害を受けたので今回の氾濫も小さなエリアとはいえそれに匹敵するような被害が予想されます。

 

最近やたら台風や自然災害などのダメージが大きい日本列島ですが大雨による河川の氾濫などは近くに住んでいるエリアの住民の皆さんや公共の団体などの施設などに大きなダメージを与えその結果として人が犠牲になるようなことはよくあるパターンですので、早め早めの情報をキャッチして行動をいち早く行うようにしてください。

 

2階の場合は特に6月から10月ぐらいのシーズンがピークだと言われており雨の雨量も60ミリを超えるゲリラ豪雨などが発生する可能性が高く現在沓川周辺でも猛烈に雨が降っています。

 

いっときのことと比べると雨脚は弱くなってきましたが、それでも沓川周辺では土砂災害や河川の増水が大きく膨れ上がっており近くに住んでいるエリアの人達は大変危険です。

 

川の氾濫や水位の増加によって大津波と匹敵するようなパワーがありますので、決して川だからと言って甘く見ないようにしておいてください。

 

川の氾濫でも大津波に匹敵するぐらいの激流ですので、大の大人なんてころっと流されてしまいます。

 

今後の氾濫状況や、雨の予想エリアなどをしっかりと把握して自分のところに被害が来ないのかというところを早め早めに帰宅して危険が迫ってくれば速やかに避難場所に待機してください。

沓川(くつがわ)の氾濫で避難場所はどこか!?

まずここで沓川周辺や、尾鷲市周辺の避難場所やメディアなどをピックアップしていきたいと思いますが、こちらがその避難場所となります。

 

川の氾濫だからといって津波のような川の流れが押し寄せてくるので基本的には高い所に逃げる必要がありますしできるだけ高台に登り水から遠ざけるような行動を取ってください。

高台に登りながらより安全な場所で確保する必要がありますので、避難した場所が必ずしも100%安全なのかというところのチェックを必ず行うようにしてください。

 

台風、土砂災害、大雨、などの三原則は基本的な災害なルートになりますので、メディアやネットなどで視聴情報などを確認しできればハザードマップなどを確認して自分の位置の確認と避難場所への確保ルートを的確に理解するようにしましょう。

 

基本的には地域の自治体などでハザードマップを作成してくれてますので、基本的なマニュアルに沿ってどのルートをたどれば避難場所に安全に到達できるのかなどをチェックしちょっとでも水から避けてリスクを回避するようにしてください。

 

後は時間に猶予があれば食料品の持ち出しや素早くナップサックやリュックサックなどの肩にのるような機敏性のあるものをピックアップしてください。

 

間違っても、キャリーケースや鞄などを持って移動は避けてください。

 

食料品に関しても基本的には非常食を持ち出しすぐにでも口にできるようなおにぎりや水などを確実に持参しその他にはできるだけ軽量の食料品を持ち出してください。

 

後は環境の変化に対応できるようにマスクや薬なども忘れずに持ち出していきましょう。

 

避難場所ですぐに物が食べられるようなカップラーメンや、お弁当などは非常に重要な食料品になってきますので、その辺はしっかりと第一優先で持参して後は衛生面でのティッシュペーパーや懐中電灯などを持ち出し最低限生活できる環境を整えましょう。

スポンサードリンク

三重尾鷲市の今後の雨の予想は?

沓川周辺の今後の雨の雨量なんですが、一時期と比べるとゲリラ豪雨は勢力を弱めていますが、明日も引き続き雨がポツリポツリ降る可能性が高いので土砂災害などに要注意です。

 

三重県全域の雨量の予想は、明日も晴れではなく少々の雨が降る可能性があるので引き続き警戒と氾濫の水位をチェックしておく必要があります。


沓川(くつがわ)の水位や今後の被害状況はヤバイ?

今度の氾濫状況や被害状況などをリサーチしていきたいと思いますが、実際に氾濫しているわけですから水位はいつもの倍以上の高さにきていると思います。

 

水位が低くなったと言っても、今まで降り続いていた雨の雨量は通常の何十倍もの雨が降っているわけですから、いつどこで土砂災害が起こり水が引き続き上がってくる地域も出てきますので、まだ安心はしないでください。

 

安心していると本当にやられます。

 

今後の推移や被害状況というのは時間とともに落ち着いてくると思いますが、自然災害というものは我々の予想をはるかに上回るような行動を取ってきますので、完全に事態が治るまでは、とばっちりな思いつきで何かをやってしまうということだけは避けてください。

 

今まで過去に川の増水や氾濫などはいろんな各エリアで起こっていますので、そのたびに大きな被害や人命が奪われるというような報道は今まで何回もしてきてると思いますので、今回の氾濫もそれに匹敵する大きさがありますので、確実に安全が確保できるまではしっかりと意識して行動していてください。

警戒レベルは最高の5に引き上げられていますので、是非警戒してくれ!

みんなの声

気象兵器をコントロールしてる奴らの最後の悪あがき…安倍政権は知ってるし、されるがまま…

 

低気圧だから台風ほど大きく注意喚起されないが、これだけ降るんだから、

よほど気をつけた方がいいですね。

 

近畿地方にまで大きな影響がでていますね。

日本列島崩壊するんじゃないですか。

 

気をつけて下さい。

 

昭和34年位尾鷲測候所の記録降り出しから650mmで氾濫が起きています。

氾濫当日の降雨量は450mmです。

今年は8月、9月、今月と雨量が多く山に水分が多いから危険な状況です。

今後の降り方次第で銚子川、船津川ともに充分な注意が必要です。

現在は小康状態ですが毎時降雨量100mm以上で2時間位を超えると越水に至る可能性は否定出来ません。

最後までご覧頂きまして本当にありがとうございました。

他の記事は下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-台風情報
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.