事件や事故

山口幸男の顔画像やfacebookと車でハネた動機がヤバい!勤務先や現場は?

投稿日:

愛知県瀬戸市で車を運転中に大学生の原チャリをハネて逃走し検挙された事で、山口幸男の顔画像やフェイスブック、ツイッターなどのソーシャルアカウントや、犯行動機と勤務先、現場などをピックアップして行きたいと思います。

 

山口幸男がなぜ、車でハネてそのまま逃走したのか?現場はどのような状況だったのか?をみて行きたいと思います。

スポンサードリンク

山口幸男の車でハネた犯行動機がヤバい!

まずはこちら。

愛知県瀬戸市で、酒を飲んで車を運転し原付バイクの大学生をはねてケガをさせた上、そのまま逃げたとして、会社員の男が逮捕されました。逮捕されたのは、愛知県瀬戸市の会社員・山口幸男容疑者(36)です。

酒を飲んで乗用車を運転し、15日午後11時半過ぎ、瀬戸市山口町の交差点で原付バイクの男子大学生(23)をはねてケガをさせた上、そのまま逃げた疑いが持たれています。男子大学生は、右足のふくらはぎを切る軽傷です。

警察が、現場からおよそ1.5キロ離れた集合住宅の駐車場で、フロント部分が壊れた乗用車を見つけ、翌朝、車に乗りに現れた山口容疑者に事情を聴いたところ、容疑を認めたということです。

調べに対し、山口容疑者は「飲酒の影響もあり、事故を起こし逃げたことは間違いない」と話しています。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

車で現場から大学生の原チャリを引いてしまい、そのまま逃走したということで山口幸男は逮捕されています。

 

普通に考えれば、ひき逃げということになりますがその原因は何だったのかと言うとお酒が入っていたということです。

 

まあ、よくあるあるのパターンですが、それにしてもなぜ逃走をしたのかというところですが、お酒が入っていたのを発覚するのを恐れて恐怖になってしまい、そのまま現場から逃げてしまうというのはひき逃げの一番典型的なパターンだと思いますが恐らくこの男もそのようなメンタル状態に陥っていた可能性が非常に高いです。

 

捕まるのを恐れてなんとかばれないように逃走を図った感じだったと思いますが、いずれにしてもそのような事故を起こしてしまい登れるような事は絶対に出来ません。

 

現場では原チャリを運転していた大学生が倒れて怪我をしているのにも関わらず、それを無視して自分だけ逃げたということは全く社会人として恥じるべきだと思います。

 

怪我をした大学生を救助して被害者を最優先するのが常識だと思いますし、それを全くせずに自分だけどこのこと逃げて言ったことは、非常に無責任だと思いますし36歳にもなったいい大人がどのようなことをしていては情けないの一言に尽きると思います。

スポンサードリンク

山口幸男の顔画像やフェイスブックとツイッターは?

顔画像や Facebook と Twitter などの公式アカウント同姓同名の方がネット上に存在していますがこの男かどうかは特定できません。

 

このように同姓同名のアカウントがあるのですが、おそらく彼ではなく他の人間のアカウントだと思いますので Facebook や Twitter などは行っていなかったことになるでしょう。

 

顔画像に関しても36歳と言う、もういい歳の友人でもあるのでなぜ公開しないのか理解できませんが、社会的 ネガティブな行為を行った物に対しては顔画像などをどんどん公開していき再発防止に努めるのが正解だと思います。

 

これから取り調べなどが行われると思いますが、捜査状況によっては公開されていく可能性もありますので新しい情報が入り次第追記していきたいと思います。

山口幸男の勤務先(会社)や事故現場は?

勤務先や事故現場に関してですが会社員ということで、愛知県瀬戸市山口町の交差点で相手の原チャと接触していますので勤務先の会社ということに関しては同じ愛知県の可能性が高いんじゃないでしょうか?

 

愛知県内の会社に勤めていることが推測されると思いますが、愛知から県外に出て通勤されている可能性もあるので断定はできませんが、近くの県で言えば岐阜県などのことも考えられます。

 

事故現場に関しても愛知県瀬戸市の国道で接触事故を起こしているということで、瀬戸市の国道で事故が起きその現場から逃走を図ったと推測できます。

 

基本的に見通しの良い国道であれば、お酒が原因で普段のメンタルや意識で正常な運転ができずに完全に頭の方が麻痺して 神経系がやられていたのではないでしょうか。

 

どれだけの酔いがあったのかは、はっきりとは分かりませんが、とにかく正常な運転ができていたとは思えないので、どちらにせよ無責任な運転だということは断言できると思います。

 

今後はこれらの罪を償うためにまずは被害者の大学生に関心の所在を行い、今後は交通刑務所などで罪を償い真っ当な社会人として帰ってきてほしいと思います。

 

二度と飲んだら乗るなということを意識して、 残りの人生を生きて行って欲しいと思います。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうございました。

他の記事は下から見よう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-事件や事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.