台風情報

【台風19号2019】新幹線や飛行機の欠航やダイヤ状況!船や道路の冠水被害を予想!

投稿日:

今度は台風19号(2019)が発達していると言う事で、新幹線や飛行機の欠航状況、ダイヤの乱れ状況と道路状況や船などを予想して行きたいと思います!

 

台風19号(2019)の最新新幹線と飛行機のダイヤや欠航予想をピックアップして行きたいと思いますが、今後の台風19号(2019)のたまごから見た米軍などの予想と、日によって変わる進路予想などはもちろん変化していくと予想されますので、その都度最新情報やそのタイミングでのリサーチ状況などを細く調査して行きたいと思います!

スポンサードリンク

台風19号2019今後の進路や動向は?

まずは公式の発表です。

なかなか終わらない台風シーズン。南鳥島近海で、台風発生へ。来週以降もまだ台風の動向に警戒が必要です。台風19号発生へ 動向に警戒 終わらぬ台風シーズン

 

台風18号が今月3日に温帯低気圧に変わったばかりですが、またも新たな台風が発生する予想です。ウィーク島近海には台風のたまごともいえる「熱帯低気圧」があります。

 

「熱帯低気圧」は発達しながら西へ進み、南鳥島近海で「台風」になる予想です。気象衛星画像を見ても、発達した雲がまとまり、渦を巻きはじめているのが分かります。海面水温は南の海上で30度前後、日本近海でも27度くらいと平年より高く、台風が発達しやすい状況となっています。

 

台風19号発生へ 動向に警戒 終わらぬ台風シーズン

 

まだ台風となっていないため、気象庁の台風進路予想図は出されていませんが、この熱帯低気圧の動きが気になるところです。日本や海外の気象機関の予測モデルでは列島付近へ進ませる予想のものも複数あります。

 

この熱帯低気圧の進路の予想には、まだかなり幅があるような状況ですが、列島に影響を与える恐れもあります。12日(土)からの3連休の天気の鍵をにぎりそうで、お出かけの予定などはこまめに気象情報をチェックすると良いでしょう。

 

なかなか台風シーズンが終わりません。来週以降も台風の動向に警戒が必要です。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

特に2019年の台風の頻度は非常に多いと最近感じていますがまたまた台風19号が発生して日本列島を通過する可能性が高いのです。

 

気象庁の予想なども各方面によるモジュレーターやシュミレーションを分析してリサーチをピックアップしていくと比較的予想は当たっており 来週の12日の土曜日あたりから本格的に到来の予想だと言われています。

 

当然そこまでにたどり着くまでにいろんな風の向きや中心の卵などが変化していき、中心の気圧や hPa などが変わっていくと思いますので今後の最新情報に注意して情報収集していくつもりですが、おそらく今とは明らかにパワーや卵なども変わってくると思いますので注意が必要です。

 

米軍などのレーダーがキャッチした情報によると台風19号の特徴は発生から日本列島に近づいていく期間がある程度時間を要しているので早め早めの防護対策家最新情報を入手して被害の防止にあたることを呼びかけています。

 

日本列島に最も近づく来週の12日の土曜日あたりから非常に中心の卵のパワーは強力に変化していく予想が高いので、特に台風にぶち当たってしまう予想進路の中に住まれている方々は早めの対策を心がけるようにしてください。

 

今のところ気象庁による進路予想は日本の南の海岸が震度的にぶち当たる可能性が高く温帯低気圧に変わっても南の列島のエリアが影響を受けそうだと発表されていますので、太平洋側に住まれている地域の皆さんは今後の最新情報をピックアップして来週の12日土曜日ぐらいまでには対策を行なっておいてください。

スポンサードリンク

台風19号2019新幹線や飛行機のダイヤ状況予想は?

気になるのが飛行機や新幹線などの鉄道のダイヤや空の便の運行状況が気になるところだと思いますが、日本列島を台風19号が直撃すれば間違いなく影響は出てくるものと思いますのでダイヤの乱れや運行状況の変化は悪天候になればなるほど欠航や運行停止などが発生してくると思います。

 

特に空の便は、リスクが生じると思いますので直撃しているエリアに関しては欠航になる可能性は非常に高いでしょうし新幹線の方も影響を受けている地域では運休をやむを得なくなるでしょう。

 

先日の台風18号の影響でも運休がひっくりなしに行われた西日本のエリアの新幹線では、サラリーマンや転勤族の足に大きく影響してきました。

 

東日本のエリアでも東京駅では西日本に帰宅できない多くの転勤族やサラリーマンなどが足止めをくらいチケットの払い戻しや確保に追われる日々が続きました。

 

大きな首都圏になってくるとかなりの通勤客や利用客に影響を及ぼすので今回の台風19号もできるだけ早い準備と最悪のシナリオを想定しておいた方がいいと思います。

 

新幹線や電車の便でピックアップしていくと関東エリアでは東海道新幹線や都市部の私鉄や地下鉄などのダイヤ状況や運休も想定しながら行動していかないといけないと思います。

 

東京メトロ

JR

小田急線

京浜東北線

京急線

東急線

特に対象となるのが田園都市線、世田谷線、目黒線、東横線、池上線、東急多摩川線、などがリサーチされると思いますので、関東エリアの特に都心部は今後の最新情報をピックアップして通勤や通学に合わせて行動してほしいと思います。

各地で暴風域が予想されており進路状況によっては中心の hPa がかなり上昇しその影響を受けて、道路の冠水や停電が起こる可能性が高いです。

 

関西などの都市部などを見ても主に対象となるのが、こちらも東海道新幹線と都市部の私鉄や地下鉄などがダイヤの乱れ等が起きる可能性があります。

 

大阪メトロ

JR

阪急線

阪神線

神戸電鉄

山陽電鉄

近鉄

などは関西の都心を走る鉄道になりますので台風が直撃すればダイヤの乱れや運休をせざるを得ない影響は間違いなく出てくると思いますので、普段からこれらの鉄道を利用しているサラリーマンや通学をされている学生たちは今後の情報に注意してください。

 

さらに台風が直撃していても電車が運行を制限したり帰省する場合もあるので、これらのケースになった時は各鉄道会社の情報をピックアップしてください。

 

今後の進路によっては関西や関東に近づく可能性も高いですしどっちに進路を変えて接近してくるのかも今後の予想状況によって大幅に変化していくと思いますので、とにかく今後の進路状況をリサーチしていきましょう。

台風19号2019飛行機欠航や船の乱れは?

台風19号の飛行機の状況や船の運航状況なども予想していきたいと思いますが、特に空の便では台風の影響をモロに受けてちょっとでも風向きが変わればリスクになるので、結構になる可能性は非常に高いです。

 

全国には無数の巨大空港が存在していますが、関西や関東の所要空港では主に関西国際空港屋伊丹空港になると思いますし、関東に関して言えば成田空港家羽田空港になると思いますので、主にこの四つをピックアップしていきたいと思います。

 

今後の台風19号の進路予想に関しては最初に太平洋側が影響を受けると思いますので、エリア的には関西国際空港であったり成田空港になるんではないでしょうか。

 

また台風のタイミングやその時の進路状況にもよっていきなり欠航になったり、いきなり最下位になったりもするので、やはり情報の入試は必須だと思います。

 

船の便に関しては状況において航海中や停泊中なども考えられますので、厳密に現場と連携な情報の入手を交換しあいながら対処していくことが正しい行動ではないでしょうか。

 

関西の港で言えば南港や北港などフェリーターミナルが数多くありますが、台風が直撃した時に各フェリー会社がホームページなどでお知らせをすると思います。

 

船の便はその他の交通機関とは違って台風が直撃した時に、責任者から避難勧告というものが発令されて 船長は乗組員が全員無事かということを確認し沖に出るタイミングをはかります。

 

そして船がいかにリスクを避けるのかということを船長は考え決断していくので潮の流れや台風の風向きによって船の中心に円を描くように運行していくので舵が効かなくなるのを防ぐために、ある一定の領域まで運行を続けます。

 

ここで船がいち早くチェックしなければいけないことは台風の進路状況をいかに正確に判断しながら、船を運航していくかということが必須になってきますので、こうなってくる前に船の欠航やリスクを回避することをフェリー会社からホームページを通して発信していくと思いますので、海の便も最新の情報を入手しておいてください。

スポンサードリンク

台風19号2019の各地の道路状況は?

今まで新幹線や飛行機と船などの交通機関をピックアップしていきましたが、今度は道路に関しての被害状況を予想していきたいと思います。

 

冒頭でもありましたが来週の12日土曜日ぐらいから日本列島を台風の影響が出だすタイミングになってきますので当然大雨やゲリラ的な川の流れが発生すれば、道路の冠水や水没などが起こってきますので、それ相当のリスクが発生します。

 

特に台風が多いエリアとして九州や沖縄などがよくピックアップされますが、その辺の地域はいつも台風が直撃すれば道路の冠水や水没などは起きているエリアです。

 

高速道路などに関しても通行止めが行われ規制されると思いますので最新の情報をピックアップするとともに一般道路でも規制が行われると思いますので注意していきましょう。

 

特に大事にしておきたいのが大型の台風の場合は安全運転をまずは第一に考えてトップやゲリラ豪雨などに視界を奪われる可能性がありますのでスピードの出しすぎやスリップなどには特に注意してください。

 

気を抜いていたら大事故に繋がる可能性がありますし、高速道路で遭難してしまう可能性や、普段通い慣れている道でも全く目の前の状況が変わってきますので、道に迷うケースも後を絶ちません。

 

このような時にハザードマップの用意や、避難対策の防具や事故防止につながる道具などを早急に使っていきましょう。

 

このような安全対策を台風が来る前から準備として行なっておくことは、自分の命を守るために大変重要なことになってきますので、しっかりと心がけて台風の準備をしておきましょう。

 

今後も台風19号が近づくにつれ最新情報をリサーチし追記していきたいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

他の関連記事は下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-台風情報
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.