起業家

米田肇と年収や修行先と評判が最高!高校大学や結婚など!【プロフェッショナル】

投稿日:

「プロフェッショナル」に米田肇(よねだはじめ)の年収や修行先、評判などをリサーチして行きたいと思いますが、高校大学などの学歴や結婚(嫁・妻・子供)の詳細などもみて行きたいと思います!

 

米田肇は世界屈指の料理人として君臨していますが、今現在「HAJIME」と言う店を経営されており、その手腕はハイセンスです。

 

今回はそんな米田肇の詳細について武勇伝を語って行きたいと思います。

スポンサードリンク

米田肇の経歴プロフィールとインスタやFacebookなどは?


ネーミング:米田肇(よねだ はじめ)

生まれ:1972年10月3日

出身:大阪府

A型

学業を卒業して以来料理人とは全く関係ない道に進み何でも企業のエンジニアとして働いていたそうです。

 

今の彼からしたら想像もつかないようなイメージですが何でまたエンジニアから料理人の世界に足を踏み入れようと思ったんでしょうか?

 

ここが最大の焦点だと思いますが元々料理などに興味を持ち大学を卒業して以来普通のサラリーマンとして働いていましたがやはり雇われではなく自分で何かを切りをして独立するという夢があったので料理の世界に踏み入ったと思われます。

 

それから真剣に料理の世界でやっていくと覚悟を決めてそこからは大阪の辻調理師専門学校に入りスキルやノウハウとテクニックなどを学んでいったわけです。

 

調理師専門学校を卒業してからは関西などで修行を積み主にレストランやフレンチの本場の専門店などに入社しては経験を積んでいたそうです。

 

しかしながら国内だけの技術やノウハウだけでは自分のお店をやっていけないと感じ本格的に料理を修行すべくフランスへ旅立っています。

 

ここからフランスの本場のレストランで1年間修行を積み主に現地でもかなり高い評価を得ている「ベルナールルパン」というメディアでも有名なフレンチレストランで修業を積んだと言われています。

 

このような料理に情熱を注ぐ行動が彼の決意を後押ししフランスから帰国後の時には自分でお店を開き独立して飲食店の経営者になることを決意していたそうです。

 

そこから実際に自分の店を開業してオープンから最短1年5ヶ月と言う短い時間帯でミシュランの三ツ星レストランとして高い評価を得ました。

 

ここから彼の快進撃が始まりいわゆる伝説として世界でもグローバルレベルの手腕を発揮してきて今現在では多くの顧客が セレブや海外からの顧客だといい富裕層相手に高単価の料理を提供しては多くのユーザーから最高の評価を頂いています。

 

非常に高い単価でも彼のお店の顧客は止まることを知らず高額のお金を払ってでも彼の料理を食べたいという顧客が世界中にいてるので今ではなかなか予約が取れないということです。

 

大阪で生まれたごく普通の少年は大学を卒業してエンジニアのサラリーマンとして働いていたどこにでもいるような青年がいきなり料理の世界に入ってこのような称号を手に入れてるということは相当な努力家だと言えると断言できます。

スポンサードリンク

米田肇の高校大学(学歴)はいかに?

大学は近畿大学の工学部を卒業している彼ですがここから NOK という株式会社に入社し最初は電子部品や自動車部品などの製造に関わる会社に就職し仕事をしていました。

 

普通のごく一般のサラリーマンとして勤務していたそうですが、彼の中では当たり前のように納得することができずに元々料理に興味があった料理人になることを捨てきれずにサラリーマンの道を止めて料理の世界に入ったということです。

 

普通にサラリーマンとして勤務していた時が24歳だったのでそこから料理人の世界に入るということはなかなか容易ではないでしょうし業界に入るまでは歳が取り過ぎてるということであまり賛成の声はなかったと言われています。

 

しかも両親にそのことを告げると後々料理学校に通う学費やその後のサポートなどは一切しないと通告されたそうで、自分の道で切り開いていくしかないと覚悟を決めたそうです。

 

それでも今まで自分がサラリーマンとして働いてきた収入を貯金として貯めていたことが幸いとなり、その貯金を切り崩して料理学校の学費にあてたそうです。

 

フランスに行くと決めて、全て自分で渡航費払い、誰の援助も受けずに今までの功績を築いてきたということなので相当な覚悟があったんではないでしょうか。

 

やはりどんなことでもそうですが成功する人は必ず覚悟や決意というものを決断していますしその強い思いがあるからこそ目標を達成することができるんだと思います。

スポンサードリンク

米田肇の年収や資産は?

ではここで米田肇の年収や資産などを見ていきたいと思いますがリサーチしてみたところシェフの平均年収は約450万円から550万円程度だと言われています。

 

これはあくまでも自分で起業してお店を立ち上げての年収ではなく雇われている段階でこれぐらいの金額だということでしょう。

 

それでも普通の一般サラリーマンや公務員レベルと比べてみると高い年収のレベルの方ではないでしょうか ?

 

近頃では料理人というのはシェフとか職人という風に呼ぶ傾向がありますがどんな業界でもそうですがその場の料理長や現場の責任者のことをしてシェフと呼ぶそうです 

 

当然現場の責任者ですから一般的な調理師よりももらえる給料は高いですし待遇などの役員レベルと同じ領域ですから最低でも450万円ぐらいに設定されているということではないでしょうか ?

 

ただここで気になるのが自分でお店を経営してるオーナーシェフなのかそれとも雇われている状態でのシェフなのかにもよって収入や給料に大きなバランスの変動があります。

 

特に米田肇のような自分でお店を経営しなおかつ海外からもグローバルレベルで高い評価を得て料理人の場合はかなり高額な年収を得ていると思います。

 

しかも彼のお店は非常に単価が高く普通のフレンチレストランとは全く訳が違います。

 

一つのコースでも最低単価が2万円以上もしているので一人当たりの客単価は相当高いと思います。

 

仮に一人での客単価が2万円であれば1日10人来客するだけで20万円の売り上げになります。

 

1日10人という来客数では絶対にないと思いますので20人ぐらいの来客があったとしても1日の売り上げは40万円です。

 

一般サラリーマンの平均月給を1日で稼いでしまうぐらいの高単価ですから、そこから食材の材料費や人件費光熱費家賃などの経費を考えても十分な利益は出るでしょう。

 

仮に1日の売り上げが20万円だったとしても、一か月で約600万円です。

 

これを1年間の売り上げでざっと計算しても7200万円の売り上げになります。

 

そこから先ほどの経費などを引けばどれだけが手元に残るかということですが、大体イメージしてみてもかなりの年収を得ていることは間違いないですから、少なく見積もっても1500万円から3000万円の年収はあるんではないでしょうか。

スポンサードリンク

米田肇の修業先はフランス!

ここで彼の修行先をピックアップしていきたいと思いますがフランスで修業して三十歳までには必ず海外でテクニックを身につけると意気込んでいたそうです。

 

そんなこともあり彼が修業先として決めたのがフランスだということでやはりフレンチを学ぶには本番に出向いてそこの味を極めるということが一番の近道だということは当然のことです。

 

しかも彼は甘っちょろいお店で修行したわけではなく、かなり厳しい店で修行をしていたそうで会えてそのような厳しい環境に身を置いたということです。

 

成功するためには自分の身をあえて厳しい環境に置きそこからすべてのノウハウやテクニックなどを学び1年間という短期間の間の中で全てを吸収したそうです。

 

当時の現場は相当厳しい環境だったそうです厨房の中で怒鳴られるのは当たり前のことだったでしょうし時には物が飛んできたそうです。

 

料理人としての掃除も完璧なぐらい求められたそうで埃や塵ひとつ出てはいけないと言う決まりがあり、まさに完璧主義を求められたそうです。

 

しかし彼はそれでも一切妥協することなく厳しさにも耐え抜き若干一年間でプロフェッショナルのノウハウを身につけて帰国したそうです。

スポンサードリンク

米田肇の店(HAJIME)のメニューや評判は?

今現在では大阪にオープンした彼のお店HAJIMEは、たった1年5ヶ月でミシュランの三ツ星レストランとして評価を得て今では世界中のセレブからの顧客を持っています。

 

気になる料理と、料金体系なんですがおまかせコースとその価格に庶民はびっくりするんではないでしょうか。

 

TASTING MENU SHORT 21600円

TASTING MENU STANDARD 32400円

VEGETABLE TASTING MENU 26250円

 

それぞれのコースでかなり高い単価だと思いますがこのようなプライスでも彼の料理を食べてみたいという方が彼のお店を訪れるのです。

 

さすがに一般庶民がなかなか入れるお店ではないと思いますが富裕層の中ではかなり受け入れられてるほうで、完全にターゲットを富裕層からお金を持っている人たちに向けたお店であることは間違いありません。

 

彼は毎日のライフスタイルで、「料理でお客さんの人生観をも変えたい」という風に語っていますので一つ一つ作る繊細な料理が彼の努力の結晶ではないでしょうか。

 

現在では彼のお店に行ってくる顧客の9割が海外からのグローバルユーザーだということで日本人の普通の一般庶民がなかなか入れるようなお店ではないと思われます。

〒550-0002

大阪府大阪市西区江戸堀1丁目9−11 アイプラス江戸堀

06-6447-6688

スポンサードリンク

米田肇の結婚(嫁・妻・子供)はどうか?

ではここで気になるのが彼が結婚して嫁や子供などがいるのかということです。

 

リサーチしてみたところ現在結婚しているかという詳細は明らかになっていませんがおそらく独身の可能性が高いです。

 

脱サラしてこれだけのことをやってこられた人ですから相当な努力と行動力がないと今の成功にたどり着いていないと思いますし、厳しい修行の中を耐え抜いてきた人ですから恋人などがいてデートなどをしている暇なんてなかったと思います。

 

現在も彼の恋人は料理だと思いますし、毎日がアレンジや新メニューの開発などに追われていると思いますのでゆっくり結婚して嫁や子供の家族サービスなどをやる時間はおそらくないと思われます。

 

今後も料理で芸術作品を作っていき、多くのユーザーから最高の作品を提供して顧客の人生観を変えていて欲しいと思います。

 

さらなる飛躍に期待したいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

他の関連記事は下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-起業家
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.