起業家

中筋憲一のWIKIや高校大学と生い立ち年収が!消せるボールペンがスゴい!【人生逆転】

投稿日:

「人生逆転」に中筋憲一が特集されますが、中筋憲一の経歴WIKIプロフィールや高校大学などの学歴、生い立ち、年収などをみて行きたいと思います。

 

中筋憲一は消せるボールペンと言う物を開発して、画期的なアイデアで話題を集めた人物でもあり、その経歴WIKIプロフィールなどはかなりハイレベルなセンスの持ち主です。

 

今回はそんな高学歴でもあり高校大学などもリサーチして行きたいと思います。

スポンサードリンク

中筋憲一の経歴WIKIプロフィールや生い立ちは?

今回は中筋憲一氏という人物をリサーチしていきたいと思いますがなんでも凄腕のセンスを持った開発人だと思います。

 

何でも消せるボールペンというものを開発し度々メディアでも話題になっている人ですがそもそもこの人物の経歴 Wiki やプロフィールなどはかなり高学歴でハイレベルだということです。

 

アウトサイダーからの情報では会社の社長や会長などを歴任してきて、それを任務しながら消せるボールペンの開発に携わっていたということですから相当ビジネスや仕事が好きな人物だと伺います。

 

役職などを多数経験されてきて会社のトップまで上り詰めた人材ですが学業を卒業してパイロットインキという会社に入社してからはずっと研究などに興味を持っていたということです。

 

その研究熱心な功績が会社でも評価されパイロットインキのトップにまで上り詰めたのはまさに凄いとしか言いようがないのですがここから社長業を兼任しながらも商品サービスの開発に没頭していたということです。

 

この会社の主な事業内容は文具の商品や自家でオリジナルの製品などを開発販売している企業でもありそこから自らが開発した消せるボールペンはまさに革命的な商品だといって断言できます。

 

この会社の取締役社長や専務などを歴任してきてまさに会社のすべてを知っている人物だと言え半世紀にわたってパイロットインキの業績に貢献してきた唯一無二の存在である。

 

消せるボールペンなどの革命的な文具を開発するまでは様々な研究を繰り返してきて食品から植物いや建物などからありとあらゆるヒントを得てそこから色が変幻自在に変わるメタモカラーというものを作り出し、そのツールをプラス材料として特許を獲得しています。

 

70年代にこのようなことを開発できたということは当時のタイミングで言えば革命的な材料であったといわれておりこれらのヒントから消せるボールペンが生まれたと言われています。

 

まさに革命人だと言える。

スポンサードリンク

中筋憲一の消せるボールペンがスゴい!

 

さてここで気になるのが彼がこの消せるボールペンというものを生み出すまでにいったいどれくらいの月日や時間と投資をしてきたということだと思います。

 

先ほども言いましたがメタモカラーの進出により当初はあまり大々的に取り入れることはなくどこにでもあるような文具や防具などにこのツールが使われていたということです。

 

しかしながら時代や年代と共にメタモカラーも進化を遂げて文具や筆記用具などの単なる位置するにはもったいないと感じ始め本格的に研究材料としてこれが使われていたのです。

 

そのような本格的でガチな研究をしていた結果このツールを1オプションとして使い、当時世界中を飛び回っていた彼の人脈から外国では学習期間の中でもボールペンを使っている施設や学校がほとんどで、逆に消しゴムを使って鉛筆などをして字を書く習慣がなかったらしいです。

 

そんなこともあり日本以外の海外の国々ではボールペンを学習や勉強のツールとして使うのが当たり前という習慣の中で文字を間違えてしまうと全く消せないデメリットがそこで生じていたと思われます。

 

このようなことから彼の会社にボールペンで文字を間違ってしまうと消すのに大変苦労して時間がかかり非常に効率が悪いというところから、仮に消せるボールペンを作ってくれないかというオファーが舞い込んできたということです。

 

これが消せるボールペンが誕生したきっかけです。

中筋憲一の高校大学はどこ?

このような形跡がかなりハイレベルな中筋さんですから相当な学歴を持って高校や大学を卒業されているんではないでしょうか?

 

リサーチしてみたところ詳細な高校大学などの経緯は明らかにされていませんがおそらくこれほどの開発者ですからレベルの高い学歴を踏んで来ていることは100%断言していいでしょう。

 

大学なども東京六大学のどれかを出ている可能性が高くヘタをすれば東大の可能性もあります。

 

それは言い過ぎかもしれませんが、少なく想定しても慶応や早稲田などを出ている可能性は十分にあるでしょう。

 

高校に関してもかなり偏差値が高い学校に通っていたんではないでしょうか。

スポンサードリンク

中筋憲一の年収や資産は?

彼の年収や資産などが一体どれぐらいの規模であるのかは大体の事はイメージできますがパイロットインキの会社辞退利益はかなり出ていた方なのでそれ相当の役員報酬や配当は十分に受け取っていたはずです。

 

特にこの会社のトップとして一時代を築き消えるボールペンなどの開発によって相当な収益を得ていたのは断言できますので会社の資本金が約200円ということで現在の従業員が500名近く存在します。

 

このような大きな企業ですから当然株式に関しても一部で上場していますし今後も画期的な商品やサービスを提供し続けてユーザーにニーズを与えていくことは間違いありません。

 

現在はトップの座を退任して会長という肩書きで活動していますがそれでも一企業の役員報酬はいくら少なく見積もっても1,000万円からということがイメージできます。

 

これらはあくまでも中小企業の金額を想定していますのでパイロットインキのような一部上場で500人以上の従業員を抱える大きな企業ともなれば最低でも役員報酬は2000円から3000円は行くと思います。

 

そう考えると第一線の現場で活動は退いたと言っても会長という肩書きがありますので役員報酬を得ていることは間違いないでしょう。

 

そう考えると会社の業績によりますが最低でも2000万円から3000万円はあるんではないでしょうか?

 

消せるボールペンが売れ続ける限り会社の業績は伸び続けますし個人としての試算も彼の元に入ってくると思いますので既に働くなくても十分に食べていける収入は得ていると思います。

 

今後もますます新しい画期的な商品サービスを提案し続けるのが彼の生き様だと思いますので今後も何か閃いたら開発してほしいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

他の気になる関連記事は下から! 

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-起業家
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.