起業家

坂下勝美の経歴と二葉商会での包丁磨きがエグい!年収やセミナーも!【プロフェッショナル】

更新日:

「プロフェッショナル」に坂下勝美(さかしたかつみ)さんが特集されますが、経歴WIKIプロフィールや二葉商会での包丁研師としての年収とセミナーや講座の講演会もやっているんだとか。

 

坂下勝美さんが二葉商会で、包丁研ぎの名人だと言う事は有名ですが、その経歴などと年収などの稼ぎについてクローズして行きたいと思います。

スポンサードリンク

坂下勝美の経歴WIKIプロフィールや生い立ち

ネーミング: 坂下勝美(さかしたかつみ)

生まれ: 1943年

出身:宮城県

学歴:高校:宮城県立亘理高等学校 卒業

坂下さんのストーリーは宮城県で生まれ高校卒業と同時にこの世界に入ったと言われています。

 

すでに学生の時からこの職人の世界に足を踏み入れると決断していたと言われており、学業も包丁の研ぎテクニックや磨き方をこの頃から自分でオリジナルで研究していたそうです。

 

今でも国内では数少ない包丁磨きの職人で、多くの企業や飲食店からの依頼が舞い込んでいると言われており彼の作った包丁やと気を入れた包丁は生まれ変わるように切れ味が抜群になると業界からも高い支持を受けています。

 

彼は年間に200本以上包丁を生産すると言われており彼が生み出した一本の包丁を購入するまでにおよそ1年から2年の予約を要するといわれています。

 

それほどまでに彼が作る包丁はクオリティが高くハイセンスな商売道具として主に飲食店や寿司屋さんなどからは抜群の評価を得ています。

 

元々高校を卒業したと同時に大学には行かずいきなり包丁関係の職人の道に入ったのではなく電気を学ぶ会社に就職したそうです。

 

しかしながらこの仕事が自分の性に合っていなかったのかと気付き始め20代には包丁の研ぎの職人の世界に入ったと言われていますので、会社に雇われて仕事を淡々とこなすようなスタイルよりも自分で独立して職人として仕事をしたかったんではないでしょうか。

 

淡々と一人でこだわりながらものづくりをやって行くのが彼に会っていたのか今現在も弟子たちというものは雇っていません。

 

全てを一から十まで自分で作りたいという強いこだわりがある職人だからこそそれだけの年数をかけないと包丁を買うことができないし彼の包丁を使った瞬間にそのクオリティの高さに驚くと思います。

 

これほどまでにこだわった職人が国内ではもう少なくなってきていますので、彼のような存在はかなり貴重だと思います。

スポンサードリンク

坂下勝美の包丁の値段や評判は?

数少ない包丁研ぎ師の坂下さんは業界からはもちろんですが業界以外からでもその評判や口コミはかなり高いです。

 

日本全国の飲食店の料理人から依頼がくる彼の作品はまさに極限まですり減らし最高のクオリティとなっていると同時に、その料理人一人一人の手にフィットする抜群の存在感を示しています。

 

自らを包丁バカと言わしめるぐらいのクオリティですから彼に依頼をすると確実に最高の一本を提供してくれることは間違いありません。

 

ただそのぶん時間を要しますし普通の包丁と比べると数倍もの値段がかかります。

 

しかしながら包丁というものは料理人の命というものですからそこまでの時間と経費をかけてでも仮に交渉を依頼するということはそこまでの価値があります。

 

ものづくりを通して彼の作品の実感を受け取った人には他の包丁は使えないと言えるぐらい素晴らしい制度になっていますし意欲的にものづくりを生涯のビジネスとしている彼の理念をその包丁一本で全てがストーリーとして感じることができるだろう。

 

あなたがもしプロの料理人でなくても普通の一般の主婦であっても包丁というものにこだわりを持っているのであれば一度彼に依頼をしてもいいのかもしれない。

 

そして彼の包丁の値段なんですが恐らく一般の包丁の価格からすると数倍もの価格を提供していると思います。

 

ここでは2万円以上の高値の校長になっていますが、グレードによっては2万円以上する包丁も提供しています何よりその作品がすべてが彼の一つ一つの手作りですからこれぐらいの経費で価格がかかって当然でしょう。

スポンサードリンク

二葉商会の場所やアクセスは?

彼が常日頃から仕事をしている工房が会社になると思いますが、ここで毎日毎日一つ一つ丁寧に手作りで彼の作品が芸術として世の中に提供されていきます。

 

先ほども言いましたが彼の作品を手に入れるためには2年以上の月日を要しますしそれ相当の経費がかかってくるのは当然のことになりますので下調べをしてから購入をしたほうがいいでしょう。

 

販売している包丁だけではなくて、研師が入った包丁をメンテナンスし彼に依頼をするにしても最低1年はかかると言われており、それ相当のサブ用の包丁を用意しておく方がいいのかもしれません。

 

しかしながらたまにネットのオークションなどでも彼の包丁を目にすることがあるので、もしそのような作品が販売されていれば2年も待たなくていいのでかなり幸運でラッキーだということです。

 

ネットオークションで彼の作品に出会えることを願っている。

二葉商会
 佐賀県三養基郡みやき町大字原古賀939-5
 0942-94-4980

坂下勝美(包丁研師)の年収は?

さてここで坂下さんの包丁研ぎ師としての稼ぎや年収などが非常に気になりますが、なんせ特殊な仕事であるがゆえになかなかその年収などがイメージできないんですができるだけリサーチしてみましたので照射していきましょう。

 

研師などの職人系の仕事は包丁だけではなくいろんなものを取るという業種に入ると思いますので最低でも5年以上の年月をかけテクニックやスキルというものを身につけなければいけません。

 

職人という仕事はどんな業種でも年数をかければかけるほど熟練していくので熱が入ってスキルなども向上していくのがこの世界の常識です。

 

彼の場合は二十歳の時からこの世界に足を踏み入れていますので40年や50年以上の職人歴があり今となれば手の感覚や見た目の直感で判断できて最高のクオリティを出せるのかもしれません。

 

この仕事は様々な制限や制約が伴ってきますのでやはり怒りのように2年という月日がどうしてもかかってくるのかもしれません。

 

一本の包丁を仕上げるだけでも万全の段取りやテクニックを要する時間を使いますので、きっちりと一本一本こだわりをもって彼の理念を尊重した包丁に仕上げるためには適当な仕事はできません。

 

ですので一度依頼を受注すれば最後まで責任をもってしてあげないといけないので、長い時間がかかるのは当然だと言えます。

 

そこで気になるのがこの仕事の稼ぎということになるんですが、彼もまたいったいどれくらいの年収を得ているのかなんですがメディアや雑誌などに出て知名度があり有名人であるならば年収が1千万円を超える職人もいてると言われています。

 

しかしながら全く独立しても受注がない職人とか作品自体にあまりクオリティがなく価値がないと判断されれば仕事が舞い込んでくることはあり得ないので基本的にお金を稼ぐことは困難になってきます。

 

なのでいくら国内に貴重な包丁研ぎ師といっても求められるのは当然そのクオリティの高さと手に馴染んだ時のフィット感ではないでしょうか。

 

そのような作品を必ず一人一人の受注者に提供していかなければならないのが職人の仕事なのでこだわりがあまり感じられず普通の職人のように仕事をしていては年収的にも300万円から400万円稼ぐのは厳しいと思います。

 

彼のように強いこだわりを持ち完成するまでに数年を要するようなクオリティの高さが価値として証明されれば最低でも年収700万円から1000万円は稼ぐことは可能ではないでしょうか。

 

おそらく彼もまた最低でも700万円から1000万円ぐらいの稼ぎはあるんではないでしょうか。

スポンサードリンク

坂下勝美は包丁のセミナーや講座と講演会もやってる!

さてここで坂下さんは包丁に関したセミナーや講座と講演会などを普段から行なっているようです。

 

その評判も上々のようでプロの料理人にターゲットを絞ったスキルアップ講座ということでジャンルにとらわれなく包丁の使い方を上達したい方には非常にマッチしたセミナーだということです。

 

参加費は約2000円ぐらいで参加可能で彼に包丁を依頼したプロの料理人や料理が好きな主婦の方などもご参加頂いて OK だということです。

 

今後も多くの飲食店料理屋に素晴らしい包丁を届けると共に、さらに深く包丁を追求してもらい毎回ハイセンスなクオリティの高い包丁をように送り出してほしいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-起業家
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.