著名人

高須基仁の死因や息子と作品がワイルド!結婚(嫁・妻)や経歴も!

投稿日:

高須基仁(たかすもとじ)さんが死去され死因や、息子、作品、経歴プロフィールなどに焦点をあてて行きたいと思いますが、高須基仁さんが今現在結婚して嫁や妻の存在があったのかは謎のままです。

 

高須基仁の作品には、有名女優などを脱がせてきた経歴WIKIなどが歌われていますが、彼のこれまでの痕跡と実績などはいかなるものだったのか?

 

そして、この度の死因が肺がんだと言うことで、その生涯までのことをリサーチして行きたいと思います。

スポンサードリンク

高須基仁の経歴WIKIプロフィールや生い立ち

まず、死因が肺がんだと言う事が公式からこのように発表されています。

ヘア〇ードの仕掛け人として知られた出版プロデューサーで、モッツ出版社長の高須基仁(たかす・もとじ)さんが17日午後9時33分、肺がんのため都内の病院で死去した。71歳。静岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで営む。

5月に肺がんが発覚し入院。8月15日に東京・新宿ロフトプラスワンで行われたイベントに車椅子で出席したのが最後の公の場となった。高須さんは玩具メーカーに就職し、40歳を過ぎて出版プロデューサーに転身。女優の天地真理(67)藤田朋子(54)らの〇ード写真集を手掛け「脱がせ屋」の異名を取った。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/h

今回写真集などのプロデューサーとして時代の先を読む最先端として活動していた高須基仁さんが肺がんのためお亡くなりになりました。

 

たくさんの実績的には数々の著名人を作品としてカメラを撮ってきた実績がありその中でも有名なのが藤田朋子や などの作品はあまりにも有名です。

 

いわゆる業界的には脱がせ屋としてニックネームがついていたぐらいその手腕は確かなもので彼にカメラを撮ってもらうと当時女性達は虜になったと言われています。

 

近年では肺癌の疑いがあると医師から言われていたとして闘病生活を続けていたと思われますが、病院での生活はかなり体調も思わしくなり点滴を打ちながら回復を待っていたと言われています。

 

一世を風靡した時と比べたら体重も落ちて顔もやせ細っていたと関係者は語っておりそれでも亡くなる一か月前にはちゃんとインタビューや取材などにも応じていたという。

 

南西時代を風靡したエロスの巨匠だと言われていますので、彼の名言はかなり心にアップデートされてきて響くものです。

 

その中でも一番有名な名言が

 

「テロよりエロだよ」です

 

まさに脱がすやを本職として仕事をしてきた人間としての一言だと思いますし多くの著名人の女優などは数え切れないくらい作品として残してきている巨匠ですから、この辺の名言は彼からしたら標準語なのかもしれない。

 

もともと作品をとるだけが彼の仕事ではなく自分で出版社を立ち上げて経営まで至っていたマネージメントマンであるとともに多くの著書を出版していたわけですからそこからの収入なども出ていたに違いありません。

スポンサードリンク

高須基仁の死因は肺がん?

今回の彼の死因は肺がんだということでずっと闘病生活を続けていたと言われています。

 

主に普段のライフスタイルは車椅子で行動して誰かに世話をしていただかないと自分で歩くことは困難だったと言われています。

 

今年の5月ぐらいにはドクターから余命宣言をされたと言われておりすでにがんの方も高いレベルのステージを超えていたと計測されており、望みはほとんどなかったのではないでしょうか。

 

もともと肺がんという病気は自分の呼吸に従って吸い込んだ空気から体に取り入れて二酸化炭素を外に排除し口から吐き出す役割をしている肺に起こる重大な病気と言われています。

 

基本的に気管支炎や肺の中に位置する細胞が悪化してそこから元のシステムが稼働し、がん細胞がどんどん進行することによって体内が破壊されていき血液中の組織やリンパ腺の流れが止まってしまう病気でありながら、早期発見であればまだ治療は可能だと言われていますがそうでなければ癌のステージがどんどん高まっていくので今回のようなことになってしまったんではないでしょうか。

 

高須基仁さんにはご冥福をお祈りします

高須基仁の息子(子供)は高須基一朗!

彼には息子がいて高須基一朗という名の子供がいますがいったいどのような活動をしているんでしょうか?

 

リサーチしてみると関東連合というキーワードが現れてこの息子と何らか因果関係があるのかチェックしてみたんですがあまり信憑性はなく関連性がつかめない感じです。

 

ただ息子のブログなどを拝見しているとこの関東連合の上層部と何らか因果関係があるというアウトサイダーからの情報や噂などがちらほらある記事が発見されたのは事実でもあります。

 

しかしながら生地があったとしても息子自身が関東連合と因果関係があるという風に判断するのはあまりにも軽率すぎるので、おそらくそのような関係はないと思われます。

 

そして息子自身が今現在どのような仕事をしてどのような活動をしているのかは非常にミステリアスな部分があるんですが、おそらく父親のように何らか作品を作る仕事やビジネスを行っているのか、はたまた自分で会社などを立ち上げて経営者などをやっているのかは今のところ判明していません。

 

息子も父親に対して、最後にこのように語っています。

本人の希望もあって、長男であるわたくし高須基一朗が最後のブログを更新します。令和元年9月17日の午後21時33分に死去。

 

死因は、小細胞肺がんによって体が弱まっているタイミングの誤嚥性肺炎で他界しました。脳転移は50か所以上も発覚したのが5月の初旬で、そこから4か月もの期間、驚異的な精神力で病魔と闘い続け、いつ僕のことを認識しなくなってもおかしくない日々の中で、亡くなる3時間前まで有明のガン研病院の緩和病棟12Fの個室にて僕と認識した上で話をしてくれていました。

 

最後の最後まで昭和の頑固おやじの高須基仁を演じ続けて、この世を云ったという印象です。そして、この楽天ブログも他界する前日16日まで自分のiPhoneを使って更新し続けていました。

 

細かなことについては来週水曜日発売の夕刊フジにて親父の連載をご覧いただけたらと思います。

出典https://plaza.rakuten.co.jp/

スポンサードリンク

高須基仁の作品はスゴイのか!?

高須さんが生前で残してきた作品や実績などは業界的にも非常に有名ですが、多くの著名人の女性を虜にしてきた手腕は高く評価されています。

 

当時は当たり前に素晴らしい作品がたくさん取れた時代でもあったんですが、今は制限とか規制がある程度決まっていて引き出しもかなり狭くなってきている業界でもありますので彼が残してきた痕跡はこれから先も受け継がれることであると思います。

高須基仁に結婚(嫁・妻)はいるのか?

日刊ゲンダイに「私の2度の結婚&離婚一部始終」というテーマの記事を発表していますがこれが果たして本当なのか信憑性があるものなのかはわかりませんがこの記事のタイトルによれば2度の結婚と離婚歴があるということでしょうか?

 

彼のプライベートに関してはかなりミステリアスで外に出していないので一般人からすればどのような私生活を送って結婚していたのかはたまた独身だったのかということはあまり表沙汰になっていません。

 

なのでこの日刊ゲンダイの記事が真実であれば二度の結婚と離婚を経験してきてるということでしょうか。

 

やはり女性相手の商売を長年やってきたわけですから、プライベートの方もそれなりに充実して一度ぐらいの結婚歴はあったのかもしれません。

 

今後も脱がせ屋の第一任者として歴史上を業界的になお残していく存在だと思いますので今は安らかに眠ってほしいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他の気になる関連記事は下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-著名人
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.