速報スクープ

中沢卓也(山梨煽り運転)の顔画像や経歴と勤務先!事故現場や言い訳がスゴい!?

投稿日:

またもや、山梨甲府市で煽り運転が発覚し、その犯人として中沢卓也が判明しました。中沢卓也は稲川会山梨一家のメンバーと言うアウトローで顔画像、経歴プロフィールや勤務先、事故現場などをリサーチしていきましょう。

 

中沢卓也の顔画像や経歴プロフィールなどは、今のところ情報が薄いですができる限りピックアップして行きたいと思います。

 

中沢卓也は稲川会山梨一家の組員と言う事で、事故を起こした現場やこの組織がどんな組織なのか?勤務先はどこなのか?これをピックアップして行きたいと思います。

スポンサードリンク

中沢卓也(山梨煽り運転・犯人)の言い訳がヤバい!

 

こちらは中沢卓也が事件当時乗っていた車です。

 

まずは公式から。

甲府市国母の県道で普通自動車を運転中にオートバイに接近したり衝突するなどあおり行為を始め、21日午前0時ごろ、約3・4キロ走行した同市大里町の市道で再びオートバイに衝突。転倒させて、運転していた南アルプス市の会社員男性(17)と後部座席の中央市の会社員男性(16)に擦り傷などのけがを負わせたとしている。

中沢容疑者はそのまま逃走した。事件について「言いたくありません」と供述しているという。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

まず、この事故についてカレは発言していますが、その発言が

 

「言いたくありません」

 

はァ?って感じですね。

 

どう言う想いでこのような発言をしているんでしょうか?

 

自分は無実だと言いたいんでしょうか?まさかそんな事はないと思いますが、バイクに煽ったと言う事ですから何かしらイライラして正気ではなかったんでしょうか?

スポンサードリンク

中沢卓也(山梨煽り運転・犯人)の顔画像や勤務先はどこ?

中沢卓也の顔画像や勤務先が気になりますが、まずカレの経歴プロフィールなどはアウトローです。

 

つまり「ヤクザ」です。

 

顔画像については今のところ公開されていませんが、捜査が進展するにつれて公開されて行くんではないでしょうか?

 

中沢卓也の勤務先ですが、稲川会山梨一家と言う組織ですね。具体的に説明すると、

 

稲川会は、主たる事業所を附属しプラス組員約5,000名を擁すると言われており、東日本で一際優れたでかい反社会的勢力だと考えられます。

 

こういった稲川会は一代で確立してきた団体だろうと感じます。

 

生みの親でもある稲川角ニは若いころ神奈川県下で1、2を争う博徒、堀井一家ボス、伝兵衛こと加藤伝太郎にキャパシティを類推されしもべ盃を伺って、博徒と考えてファーストステップを着手したとささやかれているようです。

 

そういった状況で関東の各県一のリーダーと呼ばれていた。

 

戦後の静岡県下の温泉施設郷、熱海市の中で概していえば戦勝国に見舞われた欠損グループが横暴を極めたタイミング、ふる里を縄張りと位置付けていた山崎一家のリクエストを享受と共に、熱海入りした稲川角ニは、またたくまにこういったものをコントロールしたんです。

 

それに匹敵するだけのキャリアを買い取られて山崎一家の縄張りを譲歩し受けた熱海一帯に縄張りを固定化、熱海市をベースと位置付けて育てたのが、現時点での稲川会のスタートと噂されているようです。

 

そのようにしてあらゆるところに乗り込んで推進力の成長を計画し、今現在の「稲川会」に改呼称しいます。なお、その期間で、小道具をアピールして都内のなだれ込みも現実的にいるに違いありません。

 

それらの他にもネットワーク改定を実行、会長からトップクラスとなっている現下に進行している様子です。

 

こういった風に稲川会が一代で重ねて来たネットワークだけに、圧倒的な権力を所持している総裁のもとで一元コントロールを行なわれており、一枚のチームワークに胸を張っておるようですが、その反対に、他団体に関して強大である上納金回収作業制度を提供しているとも称されていて、傘下団体においては、合法ではない仕業の防止等に起因したルールに基づいて規制されています。

山梨一家本拠所在地(事務所住所)
山梨県甲府市下石田2-18-1

山梨一家代表者
総長:保阪貫作(稲川会直参)

山梨一家構成員人数
山梨一家組織図
総長:保阪貫作(稲川会直参)

■執行部
若頭:五味紀和(五味組組長)
舎弟頭:小林精一
本部長:山下 登(山下組組長)
組織委員長:雨宮 傳
渉外委員長:大林英幸
総長室長:芦川憲造
親衛隊長:武田昭彦
風紀委員長:太田猛彦
総本部総局長:中込憲承
総長補佐:朝倉重義
総務:手塚武夫

スポンサードリンク

中沢卓也がバイクに煽り運転!

インフォメーションやソーシャルネットワーキングサービスでも、あおり運転の話題が尽きませんね、

 

バイクで自然体で走ってただけなのに、前の車が急ブレーキしてみたりとか、幅寄せされたと主張されている経験をする人も多いと言って間違いないでしょう。

 

車間距離を縮める幅寄せはおあり運転でも一番目立つ活動です。

 

うっすらとブレーキを遵守すればぶつかるのと同等な間隔まで詰めたり、左端を運転されているときに、横に割り込んできて幅寄せと共に並走してきたり為すべきこと。

 

ハイウェイでされると生命の危機にさらされる次元でリスキーな活動だと思います。

 

無理を感じることなくセンシティブだし、周囲の目も向けられメンタル的に苛立ちを感知します。

 

車間近付くのと組み合わせて行うケースが主流となります。

 

オーバーなパッシングやハイビームはパッシングやハイビームを行なわれるとミラーが見えにくく、トラブルにもリンクする危険を伴います。

 

これまで以上に圧迫感も掛かります。

 

どんなことよりポイントもなく「バイクが好きじゃない」というだけで、尻をたたいてくる層はそれなりの数いるに違いありません。

 

カテゴリーも若いクラスから高齢者の方までワイドです。原則的にはバイクに乗ってない人出が多いんですが、意外なものとして「うぜ~」といわれるような人もいるのです。

 

ことは必要ないので、回避しようが全くないが、一体全体バイクの印象が悪いからそれと同じ様な面々が現れて来るというのが本音です。

 

バイクに向けていやな思いを持つ人がいたところで異常なことではなくなってしまいました。

 

今回の中沢卓也もバイクがそもそも嫌いだったのか?

 

それとも相手のライダーが煽られるような行動に出たのかは定かではありませんが、中沢卓也がアウトローと言う事は確定していますので、やはり喧嘩を売ったのは中沢卓也のほうではないかなと思えます。

スポンサードリンク

煽り運転の事故現場は?

山梨の甲府市国母の県道となっていますが、とりあえずは県道3号に関してですが、甲府方面(甲府駅方面)から利用のケースでは、国母立体にわたってはずいぶん整った歩道メンテナンスが実施されており、いつもそうですがクルマ・歩行者・自転車共々走りやすくなったりしており、とてもじゃないが事故発生率は低いと思えます。

 

一方で、国母立体過ぎの道は、はっきりとはとりどりの歩道が無くて、そこの所を通る自転車は非常にリスクと隣り合って走行をしているようです。

 

それに加えて、夜と想定されているものはクルマも割りかし進んでいることがあって、デイリーでかなりリスキーな実態に見舞われています。

 

チェックしたのですが、そのように言われればこの何年かで死亡事故などということは生まれておりませんが、はっきり申し上げていつ偶発したとしても変じゃないと言って間違いないでしょう。

 

それが今回起きたと言う事でしょうか?

 

どちらにしても煽り運転での事件ですから、重い事故ではないのでまだましですが最近特にこの手の事件が多いので早急に捜査当局は解決に乗り出して欲しいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

他の記事に興味があれば下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-速報スクープ
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.