メディア

佐々木よしい(86歳コスタリカ移住)の娘(子供)は?物価や老後がスゴい!【世界なぜそこに日本人】

更新日:

「世界なぜそこに日本人」に86歳でコスタリカに移住した佐々木よしいさんが特集されますが、佐々木よしいさんの娘(子供)やコスタリカの物価、老後などをピックアップしていきましょう。

 

佐々木よしいさんは今現在92歳の高齢ですが、なぜ86歳の時点でコスタリカに住もうと決意したのか?娘や子供はどんな人で反対はしなかったんでしょうか?

 

コスタリカの物価や老後などは、我々日本人では検討もつかないお国だと思いますが、今現在のライフスタイルに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

佐々木よしい(86歳コスタリカ移住)の経歴プロフィール!

元々、佐々木よしいさんは86歳まで日本で普通にライフスタイルを送っていたそうで、なぜ突然92歳となる今現在コスタリカで住もうと思ったのか?

 

よしいさん、どうしてそんな金が無い国家に行くんだよ。このような元へいかずに、ずっと国内にいらっしゃったらいいじゃないか。と我が国を後にする前に耳にしたコスタリカに関係した話しは、あれもこれもネガティヴなテイストを合わせたもので、それこそがご自身のプレッシャーの一番の背景としてなっていたそうです。

 

心臓手術後の疾患上がりということも影響して、それと同じ様な善意でぶちまけて下さるみんながメッセージがサジェストする事実をストレートに取り入れて、コスタリカに巡って来ましたと語る。

 

何かを見るシチュエーションでは一緒のものがムード溢れる違和感がない印象で見えなくなるのです。

 

形は同一のに違いないのに、その映る見た感じが全く入れ替わって、かもし出されるフィーリングやバイタリティーが全く違って現れます。

 

それ故コスタリカに来て初の経験で、自身がどのくらい数え切れないほどの時間を使ったかに認識したのです。

 

言ってみれば、この国は金欠国、何もない国、育成の小さい国、頭の怪しい人ばかり、医療機関が整理されていない、激ヤバな御飯、たった独り器機が整理されていない、気が利く人が見受けられないと言われるもの、そちら側は自身がこういった考えをしているという事であっても、勘付いてはいませんでした。

 

この国ではマイカーの産出から遠ざかっていたので、クルマはオールマイティーに輸入され、輸入税がたんとかかると言われています。

 

それがあるので、同じ車を国内で買うつもりなら、国内で買う方がリーズナブルならばいうことに繋がるに違いありません。

 

その程度ならなお一層、この「お金のない国」とされるはずのコスタリカに住み付いている方達が何でこれだけたくさん潤沢な高い価格帯の車に乗れるのかが謎なのです。

 

その部分に、ガソリンも我が国と同じ位、米国より少し高めだとききました。

 

これについても、想定外です。

 

関心を引くことに気づき始めれば、奇妙な目が市場展開されるではありませんか、なお一層アンビリーバブルなことが見掛けます。

スポンサードリンク

佐々木よしいの娘(子供)はベルひさの?

佐々木よしいさんの娘はベル ひさのさんです。

 

リサーチされた諸国のうち、コスタリカ人の充実レベル指数が各国で一番割高でしたとのことです。

 

結局のところ、「この国で居住している自分はしっかりと幸福者だ」と感じている頭数が過多になるということを意味します。

 

それ相応の選定のメソッドがどうのこうのとか、何をチョイスして充実レベルを計るのかとか、そういったことよりも、一人であろうとすべての人達が該当者の人生を幸運だと思え、それを、スタンスと胸中とか、謙虚とかいうことを距離を置いて、真っすぐに言えることそのものが結構のように見受けられると言えるのです。

 

ご自身のライフスタイルをいま振返ってみて考えたら、それぞれが苦労することなく、きっちりとつくづく言いたいことを言葉にせずに、建前メインであらゆる事を言い、生き抜いて来た印象があります。

最初はコスタリカの言葉も理解できずにいて、それを娘にトランスレーターさせたといえます。

 

「このファミリーではどんな事であっても、好いことも嫌なことも、オールマイティーに正直に言う。」と娘はいうのです。

 

今現在この娘との共同で同居しているとの事。

スポンサードリンク

コスタリカの物価や老後はどうなのか?

4つ星宿泊所が7000円から、5つ星宿泊所が1万円からではないでしょうか。

 

コスタリカの飲食店の物価は約4000コロン位からで日本円で800円位からではないでしょうか。プレミアム飲食店ともなれば物価は日本円で3800円位からではないでしょうか。

 

飲料の物価は約162円と言っていいでしょう。

 

決済は米ドルを使用OKシーンもあるのでコスタリカコロンとの物価を照らし合わせてみて市場価値の良い方で代金を払う事も可能だと思います。

 

ビザは、同国に入国するケースだけに求められる査証のことで、入国後は、同国にステイする滞在ライセンスがベースになって滞在承認が構築してあります。

 

ビザと滞在資格はよく一緒くたにされますが、現実問題として異質な物であるという事を意識しておくことをおすすめします。

 

日本人がコスタリカに入国するケースにビザはこともしなくてよく、ツーリストとして90日のステイが実現できるでしょう。

 

一般住居をチャーターするケースになると、たいがいが、デポジット賃貸料金1か月を払います。

 

生活を送るのに欠かすことができない初期機材費で日々を送っていくときに欠かすことができない大型電気プロダクトをほぼ全部まかないますと、100万円以上になると思われます。

 

初期費用と言う意味では水道代は全体を通して、5000円です。

 

割りかしセーフティーな国と言えるのです。

 

ノーマルな暮らしをしている人たちは、ケアをしていれば,それほどトラブルになり代わることはあまりなければと考えて良さそうです。

 

そうは言っても、この何年かで、隣国のコロンビアなどからの不法移住者あたりも拡がっており置き引きなど何度も起きている様子です。

 

この辺あたりに気を使えば、普通に日本と同じライフスタイルが送れそうです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

他の記事に興味があれば下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.