メディア

花田欣也(トンネル野郎)のWIKI経歴プロフィール!勤務先と年収など!【マツコの知らない世界】

投稿日:

「マツコの知らない世界」にトンネルのスペシャリスト花田欣也(はなだきんや)さんが特集されますが、WIKI経歴やプロフィール、年収などを見ていきましょう。

 

花田欣也はトンネル研究家として活動されていますが、今現在の仕事(職業)や勤務先はどこ何でしょうか?花田欣也がオススメするトンネルや心霊スポットなどが興味があります。

 

花田欣也の経歴とプロフィールなどを見ていくと、なぜカレがトンネルに興味を持ったのか?そして、結婚(嫁・子供・家族)などのプライベートはどうなのか?今回はこの辺をリサーチしていきましょう。

スポンサードリンク

花田欣也(トンネル野郎)のWIKI経歴とプロフィール!

花田欣也は、トンネル探究家とクリエイター。

 

1961年生まれ、東京都内出身。

 

トラベル会社に勤め、各国などを通して駐在経験を蓄積するすると同時に、暮らしワークと位置付けてJRでの余暇活動を細部にわたってやり続けているに違いありません。

 

しかも鉄道全線を踏破してクリエイトでも鉄道プラモデルや情報誌でのコンペティションを受賞して拘ることなく、力作をマガジンで何かとラインナップされています。

 

しかしながら、全国の至る所に顔を出し、プレゼンテーションに限らず、トンネルに関係したビデオ映画のアナウンスレビューや、ワンシーンをテーマにしたジオラマをリサーチして公開するなど、関連事業のチャームポイント発信につとめています。

 

花田氏とトンネルを行き交うことにより、事業形式でのバリューやそのバックグラウンド、用途から経済的な実質が考えられ、今日まで素通りしてきたトンネルのモダンなセールスポイントにふれることが叶う。

 

探究家と顔を出すスケールの違う環境では「トンネル」をターゲットとした一風変わった観光旅行のロマン交通の要衝として、カルチャーの交流点と位置付けて、ユーザーがトランスポートすることでトンネルのキャリアはバトンタッチされてきた。

 

かと思えば、何も見えないようなトンネルの先にある環境への好奇の目、心積もりと不安が入り含んだニュアンスには感動さえ感じ取る。

 

国内全土の近代を支え、トランスポーテーションのファクターではあったトンネル。足を運んでみたいが一人ではスリル満点という人にも観光旅行で、ニュージェネレーション余暇活動のディスカバリーになるに違いない。

スポンサードリンク

花田欣也のトンネル歩きツアーってなんなんだよ!

年配者向けにモチーフのあるゆとりの周遊旅行をプログラムやセールスしている朝日旅行は、「自分だけをエンジョイする」をテーマにしたウェブマスメディアでもある。

 

ほかともコラボしたりと協力関係を保ち、花田欣也が招待するツアーを取り扱っています。

 

国内全土津々浦々にいっぱい存在するトンネルには、短いタイプから長大なもの、旧タイプの煉瓦造りの系統からトレンドもの、そのオールマイティーにキャリアがありストーリーが存在しています。

 

トランスポートの要衝として、カルチャーの交流点と位置付けて、人々が行き来することでキャリアはバトンタッチされてきました。のとは真逆で、暗闇のようなトンネルの果てにあるワールドワイドへの関心、期待とフラストレーションが入り含まれたフィーリングには美さえ見受けられます。

 

今回は花田欣也と同時に思った通りトンネルを前進して、都市伝説やトリビアも交えて、遺産の形でのチャームポイントを探します。

 

トンネルの歴史に名を残すベネフィットや住居の身分での検証に捉われず、雑学知識や都市伝説をミックスしてとことんトンネルに迫ります。

 

トンネルの中はディープな闇のワールドが拡大していきますが、何の問題もなく歩けるトンネルをいざないます。

 

お邪魔してみたいが一人では怖いというユーザーにもオススメで、モダンな道楽の開拓になることも考えられます。

 

トンネルをもちましてチェック対象にしたはなはだ一風変わった内容であるに違いありません。サラリーマンとして旅行に関する勤務を続けながら、日本全国のトンネルを観光して回ることをワークにしております。

 

用途から集団的正味が配慮され、現在までトンネルの従来なかった艶やかさにタッチすることが実現してしまいます。

スポンサードリンク

花田欣也のオススメのトンネルは?

ナショナリズムをみるとバラエティーに富んだ絶景があるということも考えられますが、国内でも一度は横断してみたいと感じるような惹きつけられるトンネルが一杯ございます。

 

今日のところは、全国的にある絶景トンネルと考えても、ひと際クリーンでベタートンネルをスクリーニングしておすすめします。

 

この時期にしか見ることが困難な絶景トンネルもあるので、とにかくただの一度でも足を延ばしてみてください。

 

河内藤園 「福岡県」

なばなの里 「三重県」

日本一長いトンネル「山手トンネル」

このトンネルの全長は、約16000メートルが来るスケジュールということです。また国内初の大深度地中の状況でいるストリートトンネルという性質があります。

 

このトンネルが開通してみたら、都内まで一時間掛かっていた距離が、ほぼほぼ10分に軽減できると考えられていて、自動車の成り行きがバランス化されて混み具合の軽減に実効性があると考えられている。

 

心霊スポットの犬鳴峠トンネル

俗説としてあり得ないくらいポピュラーなのが犬鳴峠。犬鳴トンネルのエントランスにあるテレフォンボックスには幽霊がポジショニングしている事がありますとか。

 

テレフォンボックスの受話器をチョイスするとお金を合算してないのに声が感じられるなど、噂という点は山積みです。

 

空港へ出向くその途中で犬鳴峠は見受けられます。

スポンサードリンク

花田欣也(トンネル野郎)の年収はスゴイのか!?

旅行会社のしがない会社員では平均540万円の収入でございます。彼の場合はメディアでの出演や会社でも自分が販売する商品企画なども行っていて、認知度は高いと思いますので、平均年収よりも上回り少なくても700万程はあるんではないか?

 

旅行会社は、主流として旅行をしたいと希望される人のために、移動手段や寝泊りのリザーブとプロセスや、コースツアーのクリエイトや取り引きを完遂します。旅行会社では、ホテルやエアー会社からルームやシートをゲットして、それをもとに道程をアップします。

 

それ以外だとリテールショップやホームページからクライアントに取り扱います。旅行会社は規則がベースになって「旅行業」と「代理業」の2分割されます。

 

そのような中で外国のトラベルをプログラムできる「第1種」、我が国だけに限定したプログラムができる「第2種」、確立された規定の下で国内トラベルをプランニングできる「第3種」の3タイプに独立形式になっているわけです。

 

これとは別にの旅行業者代理業は、旅行業者と仲介取り引きを結んで、プランなどのお出かけタイプを代行採用しています。

 

今日この頃は、海外旅行までアクセスする人は割増風潮になった状態です。

 

海外から国内へ旅しに行く海外の人達のツーリストの数も年を経るごとに拡大しています。そうは言っても、国内全土旅行をする人は減少してきていると言えるではないかと考えます。

 

人口のダウンや、交通手段がより内容豊富なものにしてワンデイで出かける人出が多くなっていることがファクターだと言われているようです。マーケットの上位にはウェブサイトユーザーが増加する中でディーラーを取らないでWEBサイトのみでマーケティングするディーラーも拡大してきました。

 

国内ツアーの全貌もティーンエージャーをターゲットにしたロープライスのものと、シニア向けのプレミアムプランの二極化もマーケットでは増加しているトレンドです。

 

この後も会社によってどの様な商品を設置していくかが注目です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

興味があれば他の記事は下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.