メディア

夜の巷を徘徊するで紹介の代々木VILLAGEのパン屋の値段とオススメは?店長の藤田麻依がかわいい!

投稿日:

「夜の巷を徘徊する」にマツコが紹介する代々木VILLAGEのパン屋さん「プルクル」のパンの値段とオススメパンを見ていきましょう。

 

今回の夜の巷を徘徊するでは代々木VILLAGEにあるパン屋「プルクル」が特集されますが、一体どんなパンなどがあるんでしょうか?マツコもかなり美味しそうに食していましたが、値段やオススメパンが気になりますが、店長でる藤田麻依もリサーチして行きたいと思います!

スポンサードリンク

「夜の巷を徘徊する」で紹介された代々木VILLAGEのパン屋「プルクル」とは?

ミュージックディレクターの小林武史の他最前線のクレアトゥールがプロデューサーと位置付けて名を連ねる雑誌でも取り上げられている新ショッピングセンター「代々木ヴィレッジ 」が開放した。

 

飲食店、バー、コーヒーショップ、ビアホールと、ストリートに絶対必要なコンポーネントが寄り集まるこの建物で、より一層代々木に“期待できそうでなかった”生活にピッタシ付いたディーラーとして早くも圧倒感を見せつけているのがパンのお店「プルクル」だ。

 

「プルクル」は、ハンドメイド天然酵母においてのパンやピザで女子ウケするベーカリーショップ「プルクワ」とヴィレッジを演出するプロジェクト「クルック」のコンビネーションによるベーカリー店。

 

2人共のコンビネーションで、プルクルという意味。

 

低温ロング発酵の個性豊かなパンも商品展開。

 

依然として建物の中の飲食業や喫茶店にパンを卸しているが、これからについてはより奥の方までコンビプレーを伸ばして行きたいという藤田店長。

 

開店以来、詰め込んだそばからパンが完売状態、お昼下がりには欠乏してしまうという初回としてできた“ハイクラスなベーカリーさん”。のちのちなお一層、いつもよりにピッタリくっ付いたシロモノとして代々木の街を肩肘張らずに楽しくして貰えることになりそうでしょう。

スポンサードリンク

プルクル(夜の巷を徘徊する)のオススメパンは?

ふっくらのピザファブリックはエネルギッシュです。

 

これ以外だと、サクッとのスコーンもおススメ。ここら辺りはいっぱい存在するお品書きのごくごく一部だと考えられます。

 

ほんのちょっと前からご案内し切れないほどのパンがランチタイムにはリリースされているので、あなた自身もどんなことをしてでも「プルクル」に出掛けてみてください。

 

低温長時間完熟とオリジナル酵母で、ベネフィットとフレグランスアロマを最高限度まで引っ張り出した執念のベーカリーショップです。

 

代々木VILLAGEの飲食店や建物の中のささやかなテラス席が付いてくるので気候がすばらしい一日は焼き立てのパンをもちましてテラスでご賞味いただいても良いかもしれませんね。戸口のボードには今現在のイチ押しが掲示されているので絶対チェックしてください。

 

シャッターをオープンしたら、酵母のサブカル的なエッセンシャルオイルがぷ~んと漂ってきて食欲をそそります。

 

ショップの中はそれほど広くはないとは言え、ショッピングをしている時間でものべつ幕なしユーザーが参入して来てとても活気にあふれていたのであります。

 

抹茶豆乳はちみつぱん

モチモチマニアを完璧させる フィーリング以上の ムッチリモチモチ見た目以上 ムッチリ もっちりちょっぴり生地も引き返さないフレーバーが申し分のない。

 

ハーブチキンと彩り野菜\サンド

アップルシナモンベーグル

【pour-kur】電話番号 03-6300-5390住所東京都渋谷区代々木1-28-9 代々木VILLAGE by kurkku内

スポンサードリンク

プルクル(夜の巷を徘徊する)店長の藤田麻依とは?

店長の藤田麻依の可愛さも際立っています。

 

彼女は元々、道楽でローストしていたパン作りを「働きにしたい!」と前職であるエアポートのフィールドスタッフを辞職し、海外で4年ほど修業させてもらったのです。

 

パンプロダクトの始めから終わりまでのノウハウをマスターしたころに、「プルクル」の推進プランニングがスタートし、自分が店長と位置付けてセレクトされたのです。

 

今現在注目を集める石窯ピザやベーグルに象徴されるほか、焼き菓子や野菜を溢れんばかりに活用したパンや卵の酪農製品と不必要のアレルギーフォローのパンなど、ショップには70~80バラエティーのパンがズラリと存在します。

 

心込めてソテーしたパンをおいしい状態で召し上がっていただくという意味は、できる範囲で焼き立てをお出しするのは可能性として、スピーディーに食べるユーザーには「加温し直しましょうか」と呼びかけることを意識しています。

 

それ以外だと、どれだけレジがすし詰めになってきても、直前のユーザーにしっかり手段を講じるよう、従業員一人残らずで重きを置いています。

 

海外でマスターしたことを活用し、当て嵌まるホームメイド酵母と位置付けています。酵母だけというのならば酸味が避けられないので、少しの量のイーストをその上低温幾数時間発酵させてパウダーの味をドンと引っ張り出します。

 

パンの合うか合わないかを確認しながら、オーブンを使い分け、ショップにこれまでだってそうですが焼き立てのパンが張り合えるように、細かく区分にしてローストして上げます。

 

もちもちとしたフレイバーで、ソテーしたその日その日に左右されることなく、1日後に摂取したところでおいしいのがセールスポイントです。

 

とにかく一度足を運べ!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

他の記事に興味があれば下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.