未分類

【プレバト】馬場叶羽と初見果凛の天才俳句小中学生の作品がヤバい!

投稿日:

「プレバト」に天才俳句中学生として馬場叶羽と同じく小学生の初見果凛が登場しますが、どれほどの作品があるんでしょうか?

 

また天才俳句小中学生と言われるレベルや、馬場叶羽と初見果凛がどれほどの作品を持っているのか見ものです。

 

今回はプレバトで、この様な2人の天才俳句少年少女がどのような実力を披露するのか、リサーチして行きたいと思います。

スポンサードリンク

プレバト出演の馬場叶羽は俳句の天才中学生!

馬場叶羽は、大阪市立玉津中学生。

前の年、愛媛県で開催された「サマーホリデー句集を作り出そうコンペティション」では、ジュニアハイスクールランキングでグランプリをゲットしているに違いありません。

 

このコンペティションでは、オリジナルの俳句40句をミックスした自分で作った句集を開発し、それに見合った俳句や装丁のクオリティをジャッジすれば言われるものだったのです。

 

俳句40句を自分で開発するということもビギナーで言うとすごいことではありますが、それに匹敵するだけの俳句のレベルに左右されることなく句集のフォルムもセンスのある仕上がり具合というわけです。

 

ハイレベルに細心の注意を払って、とてもじゃないがステップバイステップで掲載されていることがわかりますよね。これを中学生がハンドメイドしたというのですからハンバないです。

 

馬場叶羽は俳句のはもちろんのこと、刺繍のスキルも持ち合わせる天才ジュニアハイスクール生と言えるかもしれないのです。

スポンサードリンク

プレバト出演の初見果凛は俳句の天才小学生!

初見果凛は、ここへ来て小学4年生。愛媛県で開催された松山市俳句ビッグイベントで、選者の一世を風靡したのが初見果凛の力作だったのです。その暁の初見果凛さんが詠んだ品物がレベルが高い。

 

初見果凛さんがまったく9歳だったあたりの力作だろうと感じます。

 

このストレートな印象がありますごく良いですよね。お友だちとお花見をしてしまうコミットメントをおこなっているのでしょうか。初等学校らしいピュアなフィーリングが、この俳句から滲み見受けられます。

 

初等学校なら気をつけているはずなのに「ハッピーな」とか「うれしいな」とかつぎ込んでしまうこともあると聞きますが、初桜に胸元を高鳴らせているそうが賢明に取り扱われている様子ですね。

そもそも俳句とはなんなのか!?

「俳句」とは実際はなんであろう?

 

チェックしてみれば「五七五の三句のテンプレートから成り、季語が添加されたことをコミットメントとする国内独自の短詩系文芸」とストックされていた。

 

そのように言われれば松尾芭蕉の句「古池や蛙にダイブする水の音」は春の季語「蛙」が伴い、テンプレートとコミットメントの基準を守っている。

 

そうだとしたら今までにはなかった「他流試合」をプラスし、ひとつ前のストーリーに改ざん・再チェックを上乗せし、それ相当のメリット、新しい感覚、ワードの器用さ、あらゆる事を見るパワー、俳句とは何であるのかといったケース主義主張をやり取りしていく。

 

そのような中で「季語を含むこと=俳句」に見舞われたのは明治の下でからということが明かされるのだが、このポイントを音頭取りしたと決め付けられるのはガイドブックにもアナウンスされている噂に名高い俳人だったのです。

 

一句ひねり供与してみたほうが「季語が加入してないのは川柳だよ」と苦笑いされた人もいらっしゃいますと感ずるが、俳句というものに関してはそんな困難な、というような考え方が本書をご覧になるととてもよく知覚する。

 

この後は醸し出されてくる韻と律のその合体を賞味するというわけだと言えます。

 

それらの他にも俳句と勘違いするような少しのシステムというのは含蓄といった立場であり、一刀両断に言い寄ってくることはない我々日本国民に該当していたといったケース、その短さは出来立ての大都会ではあった江戸のステップ覚であり、テンプレートなのであるということはなんでも良いのでを素速くツッコミを入れることを目指したメカニックスである可能性もあります。

 

以上が俳句のルーツと言える。

 

今回の天才小中学生も未来の日本の俳句界を背負って立つ存在になって行くかも知れない。

 

今後の活躍に期待です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

他の記事に興味があれば下から!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-未分類

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.