速報スクープ

浅川剛吏と清田亮哉の顔画像や勤務先のカジノ店ジャンプの場所と暴力団か!?

投稿日:

賭博の疑いで、浅川剛吏と清田亮哉が逮捕された事件で勤務先の名古屋市中区栄のカジノ店「ジャンプ」の場所や、暴力団関係者なのかをみていきましょう。

 

浅川剛吏と清田亮哉は賭博容疑で逮捕されたわけですが、取り調べでは黙秘を続けている。

 

浅川剛吏と清田亮哉の顔画像や経歴プロフィール、事件の経緯や真相などをピックアップして行きたいと思います。

スポンサードリンク

浅川剛吏と清田亮哉が賭博をした経緯と真相!顔画像は?

まず公式ではこのように発表されています。

愛知県警中署などは12日、常習賭博の疑いで、名古屋市中区栄のインターネットカジノ店「ジャンプ」の従業員浅川剛吏容疑者(30)=同区千代田=と、清田亮哉容疑者(23)=同区新栄=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は12日午前0時25分ごろ、客2人にパソコンでバカラ賭博をさせた疑い。中署によると、両容疑者は「黙秘します」と話している。

 中署は客の男2人も賭博の疑いで現行犯逮捕。同店を家宅捜索し、パソコン9台と売上金とみられる現金約270万円を押収した。売り上げの一部が暴力団に流れた可能性があるとみて調べている。

基本的に賭博や売春薬物などの資金源は全て暴力団のしのぎになっていると言われていますが今現在非常に沈着かしてヤクザ業界も厳しい状態に追い込まれていると言われています。

 

基本的にそのようなとこから自分たちの部下を使って資金源を集め今現在もなお活動している組などは若干ありますが過去の時と比べればだいぶ業界的に警察の取り締まりも厳しくなっていると言われています。

 

民事再生法が改正されてから債権の取り立て屋闇金などの高利貸しの業界でもバブルの頃と比べれば大分収入源が下がりそのほとんどが倒産していたと言われています。

 

そんなこともあり今回のような影で賭博を行い少しでも資金源を集めようと業界的にも必死なんではないでしょうか。

 

裏でこそこそ賭博屋薬物売買などを行っている暴力団の関係者達はどちらかといえば表に出ないぐらい鍵を薄くひそめそこから土木や建築に関わる収入源まで最近は残っていると言われています。

 

特に建築業界などは下請けを取りに行く仕事になどが暴力団関係者の人間と関わりを持っている人が若干名業界的にもいるようで下請けの仕事を大手のゼネコンから地元に振り当てられるような闇の仕事も受け持ってると言われています。

 

今回の賭博に関しても暴力団関係者の忍びになる財源となるわけですからもちろんのみ行為なども警察の取り締まりが厳しくなってきて パソコンから賭博をやっていたそうですからリアルで表沙汰に出て行動をするのではなくコソコソとパソコンでインターネットを使そこから闇のお金を動かしていた可能性があります。

 

浅川剛吏と清田亮哉の顔画像や経歴プロフィールなんですが今のところ一般人ということもあり名前しか公開されていませんが事件の取り締まりが進むにつれて伸展と同時にどのような人物なのかが警察の方から公開される可能性が高いです。

 

推測ですが賭博ということからやはり暴力団関係者の可能性が非常に高くその資金源を作っていたことで騙し取ったお金は組に流れたか親分に流れた可能性もあります。

スポンサードリンク

そもそもバカラ賭博とはなに?

そもそもバカラとはいったいなんなのかっていうことなんですが画像の人物を想定してバンカーとプレイヤーという二人の人間が行うカードゲームのことです。

ディーラーがチップをかけアジアなどで有名なゲームとして人気が高いですがプレイヤーが勝てば倍率が2倍になりハイローラーと呼ばれる大金を操作しているリップそうにも非常に愛されているゲームです。

 

大きなテーブルの上にはチップや ゲームの勝敗を左右さすディーラーの目が監視していますがここでバンカーとプレイヤーと壮絶なバトルを繰り返してカードが配られてチップの机上が始まっていきます。

 

人気が高いゲームの裏側には非常に厳しいルールもありチップを重ねたりカードを上から重ねたりする行為は絶対に禁止されており基本的には配られた枚数の合計数字が9に近い方が勝ちとしてかけた賞金をそのまま手にすることができるわけです。

 

詳細を書けば非常に細かいカウントやルールがありますが今回はそれは抜きにさせていただきとにかく配られたカードの合計数字の下一桁が急に一番近い子が勝ちというシンプルなゲームです。

 

攻略法としてコミッションやアドバンテージが設定していたりすることもあるので追加でカードを出し抜いて勝ちにいくテクニックなどもありますしバンカーとプレイヤーの見極めを研究するプレイヤーも存在するほど非常に裏では勝算を仰いでいるプレイヤーもいるほどです。

 

業界的にの法則としてバグ等ではバンカーにかけろというセオリーがあるそうでやっている本人でさえもなかなかコントロールすることが難しい局面もあるそうであくまで体験と経験がものをいうゲームだと思います。

スポンサードリンク

名古屋市中区栄のカジノ店「ジャンプ」の場所やアクセスは?

今回の事件の場所となったのは名古屋のカジノ店ジャンプと言う店なんですがここの場所やアクセスは一体どうなってるんでしょうか?

逮捕された二人もここに勤務していたと言われておりネット上の検索では一向に入っててこないのでおそらく闇の存在としていた可能性が高いです。

 

検索に全く出てこない店舗っていうのはやはり何か怪しい気配がありますし逮捕された二人はパソコン上でインターネットを操作して賭博を行っていたと言われていますのでやはり全てインターネットのパソコン上で資金の出所や資金の流入経路が全てオンライン上でされていた可能性が高いです。

 

一応リアルとして店舗はあるそうですがホームページやブログなども全くないので闇の世界で活動していたと思われます。

 

ここで基本的なバカラの料金がどれぐらいかかるのか見ていきたいと思います。

 

料金 チップ

2,000 $300

3,000 $600

4,000 $900

5,000 $1,300

10,000 $3,000

業界的に見てもおそらくこれぐらいの料金体系であるそうでジャンプもおそらく営業していたのであればこれぐらいの料金設定でやっていた可能性があります。

 

これにプラス入場料が課金される店舗もありますがジャンプの場合はどうだったのかは明らかになっていません。

 

ここからワンドリンク制やタイムチャージなどを撮って利益を上げている店舗も存在しますが あくまでバカラを楽しむ目的であり賭博をやる店舗などは存在しませんから今回のようなふたりの対応によって何か賭博以外の違法行為をして警察にマークされたと思われます。

 

とにかく今現在逮捕された二人は取り調べに対して黙秘を続けているそうで事件解明に向けて進展が進めば資金源である暴力団の出所も突き止める可能性があります。

 

以上詳しい情報が公表され次第追記していきたいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

 

 

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-速報スクープ
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.