事件や事故

高橋和義(警察官)の経歴wikiと今現在は?職務質問の鬼の年収が!【激レアさん】

投稿日:

「激レアさん」に元警察官の高橋和義さんが出ますが、経歴WIKIプロフィールなどと今現在の活動が気になります。

 

警察官だった高橋和義さんは職務質問のプロフェッショナルでもあり、多くの事件などを解決してきた天才警察官とも言われている。

 

そんな高橋和義さんの経歴やプロフィールなどが非常に気になりますが、年収などの項目はどうなんでしょうか?

 

どうやって職務質問だけで、犯人だと特定できるスキルがあるんでしょうか?

 

今回はそんな高橋和義さんの全貌に目を向けてみたいと思います!

スポンサードリンク

高橋和義(警察官)の経歴WIKIプロフィールと生い立ち

ネーミング:高橋 和義(たかはし かずよし)
出身:宮城県
生まれ:1949年
年齢:70歳未満

彼が頭角を現したのは職務質問という手法とテクニックによって多くの事件や犯人を検挙してきた素晴らしい実績があるのです。

 

その労苦は日本一の犯罪都市と言われている新宿歌舞伎町などでのトラブルや重大犯罪によって起こった事件ではないでしょうか。

 

日本一犯罪が多く出没する最強のエリアで高橋和義さんはいくどとなく悪人とバトルを行ってきたわけですが普通の一般人であればこのような危険のエリアで夜中ウロウロするような人はまずいないと思います。

 

彼のすごいところは職務質問だけで今まで数千人の人間を検挙してきたという実績がありまさに職務質問のスペシャリストだということです。

 

警察に入ってから当初はもともと歌舞伎町の交番で勤務していた高橋さんですがそこから彼が怪しいと思った人物に職務質問を投げかけてそれだけで犯人だと特定し顔を見た瞬間に薬物を使用しているかどうかが彼には見分けられるスキルがあるそうです。

 

普通の人間であればそんなこと絶対に不可能なスキルではあるんですが彼には顔を見ただけでそれが特定でき3年間の間の中でもそのスキルだけで400人以上の犯人を逮捕してきたという実績が証明しています。

 

つまり彼からすれば顔を見ただけで何かをやっているということが特定できこれは長年の経験や体験から来る「漢」と言われている所以でもあり本人しかわからないスキルなのです。

 

こうやって40数年にも及ぶ現役生活を全うしそこから職務質問だけで犯人逮捕ができる警察官という名目で当然話題になり彼は本も出しています。

 

2010年に警察官を現役引退しそこから 定年で第二の人生を今現在送っているそうですが元警察官という肩書きとキャリアは今でも誇らしい実績として残っているがゆえに彼にとっては天職様々な人生になったんではないでしょうか。

 

もともとコミュニケーションが好きで人と喋ることが非常に得意だった彼はそのような能力を活かして職務質問でも嫌気のない質問を投げかけていたと心がけていると推測されます。

 

中にはいるんですよね。大柄な態度で職務質問してくるアホな警察官も世の中にはウロウロしてますから彼のようなソフトで優しい口調で語りかけてくる警察官であれば当然職質を受けた相手からしても嫌気がなく心を開いて質問をしてくれると彼は理解していたのかもしれません。

 

基本的に警察官というのは上から目線で喋りかけてくる馬鹿が多いので高橋さんのような下手に出て相手を操るような手法はまさに目からウロコではないでしょうか。

スポンサードリンク

高橋和義(警察官)の今現在の活動は?

今現在高橋和義さんの活動はどうなんでしょうか?

2010年に定年退職をして現場から退いていますがおそらく年金をもらいながら老後を送っていると思われ結婚もおそらくされているようですから家族と第二の人生を送っていると推測します。

 

年齢的にも70歳を超えていますから自分がやりたい事を後はやるという自由なライフスタイルを築いているでしょうし今まで定款として現場で半端ない経験をされてきた旦那をサポートし続けた嫁さんも一段落しているんではないでしょうか。

 

しかも内面的におしゃべりが好きということでこのような旦那さんは定年後もボケる心配がないと思いますし喋らないより喋ってくれる旦那の方が家族関係がうまくいくわけですから嫁さんにとっては理想の夫ではないでしょうか。

 

おそらく彼の中ではまだまだ現役を続けられるぐらいのメンタルや意気込みがあるはずですから体力的にまだ衰えていないのであれば警官を続けたかったに違いありません。

 

しかもターゲットからすると職務質問のプロフェッショナルが現役を引退したということで自由に何でもし放題になってしまうし歌舞伎町の中では高橋和義っていうのは知名度が割れていたと思いますのでその人間が現場からいなくなったということはターゲットからすると非常に犯罪がしやすくなったんではないでしょうか。

 

根本的にそのようなことが現実として起こっているのであれば第二の高橋和義を生み出すような教育を警察側は急務にすべきでしょう。

高橋和義(警察官)の年収はいくらか?

高橋さんが勤務していた現役警察官の平均年収は500万円から807万円だと言われています。

大卒が高卒によって年収の差は開いてきますが大体の初任給が20万円から25万円だと推測されており普通のサラリーマンレベルではないでしょうか?

 

もちろん謙虚の回数や警察庁などの工程によって昇給が課せられていくシステムであり巡査や巡査長巡査部長とどんどんどんどんステージを上げていけば年収も上がっていくシステムになっています。

 

これは普通の会社や企業でも全く同じシステムが警察の世界にも採用されており年功序列というよりかはどちらかといえば実力主義の世界でもあると言えます。

 

ただ単に長く勤めておれば給料が上がっていくというようなシステムではなくやはり現場で多くのことを学びスキルを上げて行って犯人逮捕に多大な貢献を与えている捜査官や刑事などは知名度が業界でも広がっていき給料もあげることが可能になってきます。

 

ただこの世界は比較的大きな収入を入れる世界ではなく一番トップの所長クラスでも月収が50万円ぐらいですからトップに立ったとしても年収的に700万円から800万円ぐらいの限界はあるそうです。

 

そう考えたらあまり夢がある仕事だとは言えませんしどちらかと言えば正義感が強く日本の安全を守りたいというメンタルシップがあるような人がこのような仕事に就くのだと思います。

スポンサードリンク

高橋和義(警察官)が得意とする職務質問とはなんなのか?

そもそも職務質問とは警官がターゲットとなる服装や顔立ち行動パターンをその場で把握して何か疑わしいことをやっている事を推測して質問できるという権利です。

ただこの件に関して一般人が警官から質問を受けた時に強制的に怪盗や対応を迫られるという義務は全くありません。

 

つまり拒否権を持っているということです。

 

要は職務質問の性質上いかなる理由があっても断ることは可能であって仮に警官が質問してきてその場から拒否して帰っても警官から逮捕されるとか罪に問われるということは一切ないのです。

 

法律上でも強要されることはないとちゃんと明記されていますし中には質問を拒否しても回答を迫ってくるしつこい警官などもいますが基本的にはそのような警官は法律上やってはいけない行為なのです。

 

中には居ると思います。質問を拒否しているのにも関わらずなぜ答えないのかとか逆に答えない方が怪しいことをしているのではないか?という風に請求をしてくるアホな警官はいますが、はっきり言ってこのようなアホな警官はやめるべきです。

 

もしあなたが必要以上に職務質問を警官に迫られた時には迷うことなく拒否して 立ち去ってしまいましょう。

 

法律上一切拒否してもいいわけですから。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-事件や事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.