ビジネス系

中川浩(学研編集長)のWIKIプロフィールと年収が!科学の教室とはなに?【アンビリバボー】

投稿日:

「アンビリバボー」に学研の編集長でもある中川浩さんが特集されますが、WIKIプロフィールや年収などが気になります。

 

中川浩さんが指摘した「科学の教室」とは一体なんでしょうか?

 

今現在、学研の編集長に携わっているようですが科学の教室の編集長にも抜擢されたそうで、相当能力が高い人物だと言えます。

 

今回はそんな中川浩さんの経歴WIKIプロフィールや生い立ちなどをピックアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

中川浩(学研編集長)の経歴WIKIプロフィールと生い立ち

中川浩さんが科学の教室の編集長にオファーされたのは60年代の高度成長期に日本が成長発展していくためには科学が必要と断言していたからです。

 

なんせその当時は科学の教室の音が全くユーザーから支持されていなくこのままでは廃刊になってしまうと懸念されていた時代でもありそのような中で実績があった中川浩さんに業績を上げるために科学の教室の未来を託したと言われています。

 

そこで彼が最初に科学の教室を見た時にはショックを覚えたそうで「こんなものが支持される理由がない!」と大声で叫んだそうです。

 

ただその時彼の中ではやりがいのある仕事だと感じたそうで弱者から強者になるための戦略や科学の教室がどうすれば世の中に受け入れられてもらい指示されるのかという今後の将来像を明確にしてこのオファーを受けたそうです。

 

そしてこの先が中川さんによる本当の戦いが始まりまず会社にいた編集部員の社員たちに一人一人に向き合って再生するにはノウハウを提供するところから始まったと言われています。

 

その中でも社員一人ひとりに考えさせどうすれば改善できるのかというところに着目して次の日に企画書を書かせてきました。

 

もちろん当初はそのようなトライとエラーの繰り返しをして試行錯誤を淡々とやっていたそうです。

 

すべては本がユーザーに支持され売れることを目的として前進していたそうで社員一人ひとりにダメ出しをしてメンタルとノウハウを鍛えて行ったそうです。

 

日に日に作業の内容や中川さんの罵声が激しくなっていき社員達もみるみる疲弊してモチベーションが下がり作業どころではなかったそうです。

 

そしていつの日にか社員たちの不満は爆発し社員同士影でコソコソ不満を募る日々が続いたそうでそれでも中川さん自身自分の理念やポリシーは全くブレずに連れてはユーザーのために改善案を絞って行きました。

 

そんなことを毎日続けていると当然失敗を繰り返していた分、ユーザーの支持率も改善していき将来的には科学の教室が300万部を超える大ヒットメーカーとなったのです。

スポンサードリンク

学研(学習)てそもそもなんなの!

もともと中川さんは学研の編集長に携わっておりそこから数々の実績や功績を収めてきた人物でもあります。

 

そもそも学研とは昭和の28年に教育振興法がくだされ教育教材や環境が一瞬のうちにブームになりました。

 

その前には昭和21年に学研の会社が立ち上げられそこから学習帳などが日本に流通したと言われています。

 

その後日本の教育を推進していくのは、教材や教科書を使っていたカリキュラムだけでは子供が成長しないと推測しいかに子供に共感を得たストーリー溢れる楽しい教科書を作るかが今後の日本の教育を左右すると分析していました。

 

基本的に子供が勉強嫌いなのでそこからいきなり勉強しろと言っても行動するはずがなく子供が大好きな漫画やストーリー溢れるものであればそこから共感を得て本を手に取り行動するという人間の心理を生かしてストーリー性のある教材に持って行ったそうです。

 

その後子供が楽しみながら勉強にのめり込みそれが一つの成功体験としてその後はさらに子供の教育には科学が欠かせないという推測が成り立ちました。

 

そこで出てきたのが今回のテーマにもなる化学の教室です。

 

あくまで理念やポリシーは子供のための楽しい科学それをモットーにしてこの本が出版されたと言われており頭ごなしに教育を押し付けるのではなく楽しみながら学び覚えるというのが子供にとってストレスがない勉強ができた環境ではないでしょうか。

 

ただ先ほどのことでもそうですがその簡単に売れるはずもなくあまりに試行錯誤したゆえに本に付録をつけようとか子供が好むようなキットをつけようとか色々模索したそうです。

 

ただそのような中でプライドが高い編集者達はブログをつけたりきっとをつけたりすると本人おもちゃが付いているような感じがして彼らにとってはおもちゃを作っているような風土になり何のために自分たちが編集者になったのかプライドが傷つけられたことでもあります。

 

そんなこともありかなり付録をつけたりキットをつけたりすることは彼らにとっては反対したことでありそれが売れる売れないにかかわらず彼らのモットーに反していたということです。

 

ただそのような反対意見やとにかく売れるためにはユーザーの求めているものを提供しないといけないということから彼らの頭もだんだんと柔らかくなっていき自分達のプライドより商品の価値をユーザーに提供するためにはどうすればいいのかというところを考え直したそうです。

 

そのため科学の教室と学研の学習を合わせれば700万部近い発行数が出て大爆発したのです。

 

そこから彼ら達がやってきたことは間違いではなかったというところが証明され今現在でもレポニカ学習帳などが教育面なので非常にメインになっています。

 

しかも高度成長期から NHK などの教育テレビによるメディアでの発信はより多くの教材や学習帳などがテレビでも公開され教育の現場になくてはならないものとなっていきました。

スポンサードリンク

中川浩の今現在は科学の教室と学研編集長!?

中川さんが今現在どのような活動をされているのかなんですが79年に科学の教室と学研の学習を合わせれば700万部にも上ったモンスター雑誌なった時にまた彼の実績が上がったに違いありません。

 

どちらの編集長も兼任し多くのノウハウを提供してきた中川さんの人生はもはや波乱の連続だったに違いありません。

 

当時の編集長時代には何度も挑戦して越えられない壁があったりして多くのことは実現できなかったそうですが今回のテーマである科学の教室だけはその例外にあったに違いありません。

 

付録やキットごときで自分たちのやってきた事が壊されてモチベーション的に下がった時期もありましたがそれらの事はすべて売れる本を作るために必要だったことは対象が子供だったということもあり子供の心を掴みとるには子供のような初心に戻るしかないということだったのかもしれません。

 

自分の息子たちにもよくどのような教育本がストレスなく取り込めるのかということを意見交換しあったり家族などにも相談しながら試行錯誤を繰り返していたそうです。

 

過去には学研から「楽しい科学」というような教育本を出版したそうですがこれはあくまで採算が取ることができなかったそうで1年余りで廃刊になったそうです。

 

今現在でも学研の会社の中のショールームではこのような功績が称えられておりまさに会社の中では武勇伝として今後も受け継がれるだろう。

 

中川さんに息子が存在しているわけですからすでに結婚されて嫁さんと生活をしていると思われます。

中川浩(学研編集長)の年収などは?

さてここに来て中川さんの練習などを見ていきたいと思いますがあくまで出版業界で働いている編集長や編集者に関しての平均的な年収を見ていきたいと思います。

 

仕事内容はあくまで教育部分の各種出版が主なメインの仕事であります。

 

編集長に至っては編集者とはまた違う仕事をしているそうであくまで管理職なので責任が重いポジションでもあります。

 

近年では日本の国内だけではなく海外なども提携を行って出版事業などに取り組んでいます。

 

学研は今でも日本でも超有名な企業なので大手でもあり年収も比較的一般サラリーマンよりかは高いんではないでしょうか。

 

今現在の出版業界のマーケットでは2兆円を超えるという市場でも言われており多くの漫画家を目指す若手や作家を目指す若手などが作品を見てほしいと社に来社したりするという話はよく聞きます。

 

そこで自己を表現し編集長たちがマイナス面を見てこいつは売れるのか売れないのかという判断をして漫画家デビューを飾る若手もいると聞きます。

 

近年の学研の平均年収は約900万円です。

 

これはかなり高い分野に入ると思いますしどちらかといえば企業の役員レベルの練習だと思います。

 

一般編集者でこれだけの年収ですから中川さんのような編集長で言えば確実に1500万円から2000円万円ぐらいの年収を得ている可能性があります。

 

東京都に学研の本社がありますがここで主に教育本家出版事業を行なっております。

 

今後も編集者や編集長として多くの子供の役に立つ教育本を出版して日本の教育に発展していただきたいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-ビジネス系
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.