メディア

ジーワンタワー(G1TOWER)の場所や見学は可能?入場料と由来は?【何だコレミステリー】

投稿日:

「世界の何だこれミステリー」にジーワンタワー(G1TOWER)が特集されますが、場所や見学などはできるんでしょうか?

 

ジーワンタワー(G1TOWER)の入場料や存在の由来などを掘り下げていきたいと思いますが、そもそもこのジーワンタワー(G1TOWER)に入ることはできるんでしょうか?

 

入る事ができれば、見学や入場料はいくらなんでしょうか?

 

気になりますので今回はそのへんをピックアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

ジーワンタワーってそもそも何?

G 1タワーの存在は日立製作所の所有でもあり茨城県において最も高い塔と言われています。

 

なんでこのような塔が建てられたのかと言うと元々エレベーターの実用において効率的に勝つ運用できるように研究や実験をするための施設だと言われています。

 

今現在も茨城県内にそびえ立つ世界一高い塔と言われています。

 

グローバルレベルにおいてエレベーターの技術や運用は年々進化しておりこの G 1タワーにおいてその性能とレベルを追求するために世界トップレベルの高速で運行するエレベーターの実用実験がこの施設で行われております。

 

尚且つ世界トップレベルの積載量を誇るエレベーターを制作しておりその中に70名から80名の人間を載せることができる重力にも耐えるエレベーターシャフトを制作しております。

 

当然安全には最大の交流を図り1分カーの速度で約400 M の速度を走行できるエレベーターも開発しています。

 

その具体的な実験方法や活用方法などを外部に公開することはあまりなく日立製作所の中で極秘に行われている任務ではないでしょうか。

 

それもそのはずこの G 1タワーには許可なしに立ち入り禁止が設置されておりそんじゃそこらの一般人が入ることはできません。

 

あくまで関係者しか帰ることができずに今現在も規制は厳しいそうです。

 

ただ見学等は行われているそうでちゃんと許可を取れば一般人でも入場は可能なようです。

 

エレベーターの制作には国レベルの法的基準があり動作を誤った実験や実践を行っていると当然建築基準法で引っかかり設計通りに行うところがミスが出て納期が出遅れるということもあるそうです。

 

今の時代ではよく高層ビルや商業施設などのモールやデパートなどで多く一般客に利用されているエレベーターですがそれの制作するには高いレベルの技術やノウハウが必要になってき法律の規制にパスしなければいけません。

 

そのようなことから普段我々が活用させて頂いてるエレベーターは厳しい審査に通過してきて我々の足となってもらっていると認識できます。

スポンサードリンク

ジーワンタワーの由来や経歴は?

ジーワンタワーの由来なんですが一言で言えば冒頭でも伝えたようにエレベーターの研究施設ではありますが 詳細を言えば高さが200 M 以上で世界のエレベーター施設の中で言えば世界でダントツの高さを誇ります。

 

この施設を建てた経費はおよそ約60億円近くかかっておりその経費に負けないぐらいの実用性と生産性を発揮していただきたいものですがなかなか我々一般人ではその活躍ぶりが外部から把握できないこともあり関係者以外立ち入り禁止の厳しい施設でもあります。

 

今現在国内ではエレベーターの研究施設に関してはこの G 1タワーがメインで使われていますがもともと1967年に建てられてそれから近年まで使用されているわけですからかなり活用されている部類に入るのではないでしょうか。

 

日立のエレベーターの生産力は国内でナンバー2のシェアを誇っておりトップシェアを誇るのが三菱のエレベーターであります。

 

当然日立に関してはナンバーワンのシェアを奪い取る勢いですから今後もより良い素材や研究ノウハウを活かして世の中に価値のあるエレベーターを清算していくことであります。

 

メディアなどでもエレベーターに関する事故が多い日本ではありますがすべてはその事故を防止するためにこの G 1タワーでの研究結果や技術などに応用してそれらの事故を防止する最善の余地ではないでしょうか。

 

エレベーターに関する事故や問題が起きた時にはそもそも設計が楽しかったのかそれとも何らかのミスマッチがありエレベーターとして機能することができなくなったのかという役割を瞬時に解明して次の世代の事故が一切起きないように計画を立てていくのもこの塔の役割です。

スポンサードリンク

ジーワンタワーの見学は可能?入場料とかは?

今現在 G 1タワーの見学や入場は厳しく規制されていると思いますが内部での撮影禁止や許可なく入場することはできません。

 

ただし先着450名までの整理券を日立が配っているそうでそれを入手すれば見学が行えるということです。

 

最上階が8階で地上から約180 M としてまさにここから見える景色は最高の眺めでもあります。

 

世界一高いエレベーター等と言われているが故にここから東京スカイツリーなど都内を見渡せるほどの観光スポットにもなっています。

20世紀になり建物の高層化や拡大化が進んでおり日本を始め特に中央アジアや中東などにもその気配が広がってきています。

 

ドバイなどは多くの高層ビルが立ち並んでおりブルジュハリファはまさにその象徴でも言えるでしょう。

 

しかもそれらにまつわる必ず必要になってくるのがエレベーターでもあります。

 

高層ビルになればなるほどエレベーターの需要が拡大して行き日立や三菱等も受注が増えて利益も拡大していくわけですからエレベーター企業から言えば高層ビルの需要は一つの成功をモデルとして今後も活動の拠点を広げていくでしょう。

 

とにかく事故だけは気をつけてエレベーターの開発や実験製品の実用性などをしっかりと考慮して製品化できるまで快適や環境にマッチした実用性を期待したいと思います。

 

整理券を持っていれば見学して入場は可能なので是非とも興味のある方は足を運んで欲しい。

ジーワンタワーの場所やアクセスは?

名称 G1TOWER(ジーワンタワー)
所在地 茨城県ひたちなか市市毛1070番地(水戸統括本部敷地内)
建築面積 388m2
建物規模 地上高213.5m、地下15m
階数 地上9階、地下1階
着工 2008年3月
竣工 2010年4月

最後までご覧頂きまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.