メディア

タカシ(元ヤクザ)の経歴と今現在はうつ病?母父親と家族は?【ノンフィクション】

投稿日:

「ザ・ノンフィクション」に元ヤクザのタカシが特集されます。

 

タカシの経歴プロフィールや今現在は何をしているのか?

 

タカシの7家族や両親(母親・父親)の存在はどうなんでしょうか?

 

今現在、ウツ病などを患って「罪人の友」と呼ばれる教会に住込みしていると言われていますがその後の現状はどんなんでしょうか?

 

今回はそんなタカシの過去や今後について見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

タカシ(元ヤクザ)の経歴プロフィールや生い立ち

元ヤクザのタカシは現金2万円しか所持していなくてそれでも地元から東京に上京してきました。

 

彼がなぜ上京してきたのかは数々の苦い過去があり元ヤクザという肩書きにおいて反社会的な行動や薬物などに手を染めてしまった暗い過去があります。

 

そんなことを全て洗いざらし手に力人生をやり直そうと東京に出てきたわけですが現実はそう簡単に上手くいくはずもなく都内でナンパをしては泊まるところがなかったので女の子に泊めてもらおうと必死でした。

 

そんなこともありどんなことをしてでもお金を稼がないと生きていけいけないと自負してそこから夜の世界であるホストクラブで働くようになり生きるための仕事をして言ったと言われています。

 

その後ホストで働きながら好きな時間に介護福祉の資格を取るために学習や勉強を繰り返して人生をやり直そうと決意していました。

 

彼の出身は栃木ということもあり地元でヤクザの活動をしていたと言われていますが友人達は地元にいてラーメン店などに勤務していると言われていました。

 

その働いているラーメン店などには ヤクザをやっていた時の先輩たちがいて今では立派に更生して地元では有名なラーメン店になっています。

 

俊はヤクザをやってた時の同僚や地元の友人達と薬物などに手を染めそこから薬にハマっていたと言われており人生のどん底を味わったとも言われています。

 

過去には普通に一般人と同じように恋愛や結婚お祝い見ていたたかしではあったが過去に交際していた女性とも自分がヤクザと言う正体を知られた時には反社会的な名目で彼女は立ち去っていったと言われています。

 

このようなことから自分は反社会的なことをやってるとその時に自覚してこのままでは自分の理想とする人生は歩めないと決意し社会復帰を望むために東京に出てきて自分一人の力で人生を切り拓く覚悟をしました。

 

地元では反社会的な行為も行なってきて今では反省すべき点が多いと思いますが今現在「罪人の友」という教会に足を運び進藤龍也牧師とともに前進していると言われています。

スポンサードリンク

タカシ(元ヤクザ)の今現在は?

今現在たかしは一体どのようなことをメインに行なっているんでしょうか?

 

今から約3年前に貴が薬物で現行犯逮捕された時に今後の社会復帰を目指すために罪人の友に住み込みで墨付きそこから進藤龍也牧師との連携を図りながらなんとか一社会人として再び復帰することを忠誠に誓い苦しみながらも必死にもがく彼の姿がありました。

 

彼の支援を続けている牧師はなんと元ヤクザという経歴があり彼と同じ道を辿ってきたプロセスがあるため彼に共感して支援を続けているのかもしれない。

 

たかし自身も社会復帰を懸命に目指しており元ヤクザという肩書きや過去は一切水に流して今現在でも職業訓練などのカリキュラムなどを受けて必死でいち一般人として生き抜こうとしています。

 

そんな中でも一筋の光が彼を救うことになるのですが彼を受け入れてくれる勤め先が出てきたわけです。

 

もちろん彼の過去を全て鵜呑みにした上で彼を受け入れてくれた勤め先があったにも関わらず俊は突然職場に来なくなったということです。

 

今現在未だに続くうつ病からの解放やメンタル面での安定が図れていない状況でもあり牧師がこれを心配したのか彼の元に駆けつけた時にはたかしは一人で閉じこもっていたと言われています。

 

これによって一人では生きていくことができない卓を全面的に支援しようと手を差し伸べようとした牧師や周りの環境でもありましたが最終的にはその決断をするのはたかし自身であり誰の手を借りてもいけないということです。

 

今後も人に依存して生きていくことを続けていれば誰かがいなければ生きていけないというプロセスになってしまい自分一人でも生き抜いていくことはを強く覚悟をしなければ今後の彼の未来はないでしょう。

 

強い意志を持って人生を全うしていただきたい。

スポンサードリンク

タカシ(元ヤクザ)の今後の結婚や彼女(恋人)はどうか?

過去には交際していた女性がいたんですがこの女性が隆史の過去を知った瞬間に離れていたと言われています。

 

詳細は彼女が父親に自分の交際相手がヤクザと伝えその父親がたかしから手を引くように強く願ったため彼から去っていったと言われています。

 

肩書きがヤクザということだけでありたった一人の女性との交際も許されないような人生では彼も無念であったに違いありません。

 

社会的常識として今現在暴力団の排除が厳しくなって規制も取り締まりが激化しています。

 

そんなこともあり肩書きだけで反社会性精力とみなされお付き合いや交際は最も他という風なレッテルを貼られているのは確かであります。

 

そして世の中には意外にも極道の妻というものは少なくありません。

 

しかもその極道の妻というものは普通に美人や可愛い人が多くなぜこのような女性がヤクザの妻になるのかたまに社会的一般の感覚で言えば理解できないところはありますが彼らにとっては強い信念があるのかもしれません。

 

今後たかしが一般人と同じような感覚で結婚や彼女を作り交際していくには自分自身が社会復帰をして何か稼ぎのある仕事をして一つのステイタスを築いていく他にありません。

 

ただ今は現状自分のことで精一杯の状態でもありますしメンタル的や孤独に弱いというふうな性格上社会復帰をするにはもう少し時間がかかると思います。

 

とにかくたった一度の人生ですから自分自身を成功に導きいずれは結婚して妻子を養うぐらいの経済力を持って欲しいと思います。

タカシ(元ヤクザ)の家族(母親・父親)は?

タカシの母親が取材に応じていますが「自分の育て方が甘かった」と涙を流しながら語っているところがとても印象的でした。

 

ヤクザになってしまった以上両親の教え檻を破るの教えを全うすることが業界的に常識とされていますからある意味洗脳されていた部分はあるのかもしれません。

 

このような環境ではとても学校で授業を受けられるような状態ではなくヤクザとして生きていくためにはどのような掟や器が必要なのか、そして親分にどれだけの忠誠心を誓えるのかというところを完全に教育されてきたのだと思います。

 

家族や両親も今となっては離ればなれになっていると思いますが彼にとっての今現在の親は同じ道を辿ってきた牧師ではないでしょうか。

 

この牧師だけがタカシの今後の人生を左右する重要な人物となり得ると思いますし彼を頼ってた柏生活しているわけですから自分が一人前になれるまでは助けてもらってもいいと思います。

 

いつかタカシが独り立ちして立派な大人に復帰すれば家族とも対面し絆を取り戻せるのではないでしょうか。

 

この日が来るまで彼を見守っていきたいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他の関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.