ビジネス系

新浪博士(医師)ミャンマーでの評判や年収がスゴい!結婚や経歴など!【世界なぜそこに日本人】

投稿日:

「世界なぜそこに日本人」にミャンマーで活躍する心臓外科医の医者でもある新浪博士さんが登場です。

 

新浪博士さんのミャンマーでの評判や、年収などはどうなんでしょうか?

 

新浪博士さんは結婚されて嫁(妻)や子供はいるんでしょうか?

 

そんな新浪博士さんの経歴プロフィールと、医者としての実績、ミャンマーでどのような医療活動をされているのかピックアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

新浪博士の経歴WIKIプロフィールやミャンマーでの活動がヤバい!

新浪博士さんはミャンマーでの活躍をメインで行動されていますが主にバイパスを中心とする医療手術やノウハウが必須とされる上級テクニックなどを駆使して今まで現地の病人の方々を4000人近く施術して復活させていました。

 

現地ミャンマーでは彼の事を心臓外科医のスペシャリストと名目してミャンマーの病人を救う守護神として名を轟かせています。

 

主に日本から中央アジアや東南アジアに出向くドクターがここ近年増加傾向にもありに新浪博士さんもその中の一人とされてきて彼の中では海外で病人を施術したいという思惑があったんでしょうか。

 

彼の経歴プロフィールや学歴を見ていきたいと思いますが出身高校については横浜翠嵐高校を卒業されています。

 

この頃からかなりのキャパシティがありこのスクールにおいては偏差値が73ということもありかなり優秀な能力を培ってきていました。

 

そこから東京女子医科大学の助教授などを歴任して様々な心臓外科医のスペシャリストとして実績を積んできています。

 

ではなぜいきなり日本を離れて東南アジアのミャンマーでの医療活動を行っているのかは彼の経歴に影響しているんではないでしょうか。

 

つまりタイのミャンマーという国は医療に関しては時代が進んでいる先進国でもあるので彼の技術が必要としているタイのドクターの良き模範になると思い現地で彼は様々な高度なノウハウやテクニックを提供しています。

 

このように他国からの支援を積極的に行い国もそれを受け入れて現地で活躍できる人材を多く増やしていきたいと願っており近年ではミャンマーだけに限らずオーストラリアやヨーロッパ諸国もこのような活動に力を入れています。

 

さらには国内で手術をするにもキャパの限界があり日本のドクターは外国に生きながら優れた日本のノウハウやテクニックを伝授する代わりに自分たちのテクニックを向上させるために日本のドクターにもそのような手術の現場を与えていると言われています。

 

つまり双方が win-win の関係でビジネスが出来一つはドクター不足ということもあり一つは現場での経験を活かすという双方の思惑が一致して新浪博士さんもこのような活動お近年にわたって行なっているんでしょう。

 

実際に彼はこのように語っています。

私は、手術と手術の合間にいつも寝るようにしています。この習慣は、実は天野篤先生から伝授されて。順天堂大学にいた当時の私は40代、緊急処置が必要な患者さんを担当していたので、手術が終わると精神的に相当疲れていました。かなり集中した後なので、テレビドラマの『相棒』を見ながら寝落ちする毎日でした(笑)。

スポンサードリンク

新浪博士の評判はやはりスゴいのか!?

ではここで彼の評判を見ていきたいと思いますが当然現地ミャンマーで医療活動を行っているわけですから悪い評判などあるはずもありません。

 

彼が施術を行って救われた患者さんは山ほどいるわけでもあり逆に感謝される立場でありますので評判は相当いいと思われます。

 

彼のことをリサーチしているとキーワード的にも宗教あなたのことが噂されていますが彼と宗教を結びつけるプロセスは実際ないことからただの風の噂なのかもしれません。

 

彼もこのことについて「宗教を信じているわけではないが中には困難なプロセスを要する施術が多いのは事実でこういう時には自分を信じるか神を信じるかだと僕自身を思っています」と伝えています。

 

当然ドクターだと言っても一人の人間ではあるがゆえにすべてが成功してうまくいくとは全く限りません。

 

時には失敗したりうまくいかなかった時も人間ですからあることです。

 

それを払拭するためには最終手段として自分を信じるか神を信じるかということを彼は言っているのだと思います。

 

これはまさに真っ当な答えでもありいくら心臓手術のプロフェッショナルだからと言え分からない所や困難な局面は当然あると思いますのでその壁をひとつひとつ乗り越えてきたからこそ今というポジションがあるのだと思います。

スポンサードリンク

新浪博士の兄は新浪剛史!この兄弟エグいだろ

何でも彼の兄は元ローソン社長でもあり現在サントリー社長の新浪剛史でもある。

 

これには本当に驚くことではありますがこの二人とんでもなくすごい能力を持った人間なのかもしれません。

 

やはり同じ DNA の血が流れていることもあり新浪剛史さんがすごければ弟の新浪博士もすごいということです。

 

彼はこのように語っています。

とくに、うちは裕福な家ではなかったし、かつての日本という国と同じようなもので「資源も何もないから自分たちが頑張るしかない」というのが強かった。そういう中で育ってきているからか、常に「盛者必衰の理」を意識している。落ちるのは嫌だし、いつでも上を目指している感覚はある。

新浪博士の結婚(妻・嫁・子供)は?

さてここに来て新浪博士さんの結婚についてですが嫁さんや子供はいるんでしょうか?

 

彼は3人家族で妻と子供のファミリーで生活しています。

 

結婚した時が2013年になっていますので息子はもうすでに大きくなっている可能性が高いです。

 

今現在ミャンマーでの活躍を起点としていますが家族もミャンマーに住み着いて嫁さんは彼をサポートしているんでしょうか。

 

それとも家族は日本に残して彼だけが単身でミャンマーに来て仕事をしているんでしょうか。

 

その辺のことはまだ明らかになっていませんが一緒に家族も来てくれた方が彼にとって支えになるのは間違いないでしょう。

新浪博士の年収が相当ヤバい!

基本的に医師の年収は一般的に1500万円から2500万と言われていますがこれはその人のスキルや能力さらに言えば開業医や勤務医によっても左右されます。

 

彼の場合は自分で開業医をされて経営されているわけではなく日本国外に出てミャンマーという家でリスとして活動されていますから一般的に言えば勤務医の部類に入ると思います。

 

それでも一般サラリーマン以上の数倍もの年収を稼いでることは明らかであり現地ミャンマーでも高い評価を得ているということもあり日本で言う開業医クラスの練習を終えている可能性が非常に高いです。

 

つまり推測にはなりますが最低でも1500万円から2千万円クラスの年収を得ている可能性は十分にあると思いますしそれぐらいの稼ぎがあれば日本人家族を残して自分だけ単身赴任でくることも簡単であると思います。

 

過去にはいろんな大学で実績を積み一人のドクターとして育ってきた人物なのでもうすでにその頃から高い年収を得ていた可能性もあります。

 

とにかく彼が現役で現場に立ち続ける限りは数千万円クラスを得ていることは確かでもありますしもっともっとメディアに出て実績を積んでいけば年収的には3千万円から4000円万円ぐらいの稼ぎ出すことも十分にあり得ると思います。

 

今後の活躍に期待したいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-ビジネス系
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.