ビジネス系

古賀範介(コガハンス)の経歴と日本刀(拵え職人)の年収や店舗の場所は?結婚と子供は?【ナニコレ珍百景】

更新日:

「ナニコレ珍百景」に古賀範介(コガハンス)さんが特集されますが、経歴プロフィールや年収、日本刀の拵え職人としての活躍を見ていきたいと思います!

 

古賀範介(コガハンス)さんが営む日本刀の店舗の場所や、古賀範介(コガハンス)さんは結婚して嫁や子供なんかはいてるんでしょうか?

 

そんな彼の今現在のライフスタイルなどを覗いてみたいと思います。

スポンサードリンク

古賀範介(コガハンス)の経歴WIKIプロフィールなど!

彼がなぜ日本にやってきたのかということですが出身はスウェーデンの首都ストックホルムでもあり来日したきっかけは日本刀の魅力に惹かれてそれからというもの日本刀を作る職人になりたいと決意して移住したと言われています。

 

その中でも熊本県和水町という土地を選んだのかということですが日本刀を作る職人は拵職人と伝統的に言われておりそのスキルやノウハウテクニックなどを身につけて熊本のゆかりの地でもある戦国時代の良き古き週間という土地が熊本県だったということです。

 

彼はその歴史ある熊本で日本刀に携わり伝統を守り続けたいと決意して今現在もこちらへ職人としての腕を磨きながらビジネスを行っています。

 

幼少期や学生時代の頃にはおもちゃの日本刀を振りかざすような真似ごとやその頃から既に日本刀の魅力にハマっていたと言われており他の仕事に見向きもしなくてこの時から職人を目指していたのだと言われています。

 

今現在日本刀を作る拵え職人は国内や世界を見渡しても数えるぐらいしかいていないと言われており日本刀の伝統を受け継ぐ職人が後継者を作らないといなくなってしまう危機感もありなんとかこの電灯を守ろうと彼が率先したのであります。

 

今となっては彼もノウハウやテクニックなどはメンターレベルに到達しており今現在では彼も弟子を持つほどの 腕です。

 

彼が最初に指導を受けたのは同じ熊本県で住む米田晴芳氏という人物でもありこの人に日本刀の全てのノウハウを師事して日本国内唯一の職人となったわけです。

スポンサードリンク

古賀範介(コガハンス)は日本刀(拵え職人)で店舗の場所は?

ではここで彼のスキルや能力がどれぐらいのものなのか非常に気になります。

彼が商売を行っている店舗というのは「古賀美術」という店舗でもありここから日本刀の売買やオリジナルの製作そして日本刀の修復などを行っている店舗とされています。

 

元々は店舗というよりかは工房として活動されていた場所でもあり過去に古民家を修復してそこから実際に店舗と同じようなレベルで活用できるように工房として修復したそうです。

 

九工房のオーナーとして日々に本当の古き良き伝統と切れ味抜群の日本刀の売買そして日本刀の修復作業なども行なっており職人だからこそ出来るビジネスを展開しています。

熊本県玉名郡和水町江田302

【開館】10時~18時

【入館料】無料

【休村日】月曜

スポンサードリンク

古賀範介(コガハンス)の年収はいかに!?

日本刀というのは非常にコアなファンが多く日本国内でもその魅了に惹きつけられるコレクターは多いと思います。

 

いろんな素材があるんですが高価な値段で販売を行うと思えば天然の素材屋よりレベルの高いテクニックなどを生かして一本の日本刀が完成するわけですから相当高単価なわけです。

 

中でも日本刀は歴史が古く江戸時代から継続している伝統テクニックの一つとして高度な能力とキャパがなければ物自体が作れるしなものではありません。

 

そのような高度な能力を必要とするのであり師匠からの忠実な教えを守り多くの人に日本刀の魅力を伝えています。

 

そもそも日本刀を制作するにあたってある程度の一定期間が必要になってきてそこから作りこんでいくプロセスというのは実際の実用品として 販売して行くのは国の許可がいるそうです。

 

しかも日本刀を制作や販売をするにあたって国の認可で年間で24本までしかリリースできないという規制がありこのようなことから彼が職人として食べていけるのか疑問に思います。

 

ただ高度な技術や知識が豊富であれば国内にも年収1千万円程度を受け取っている職人もいてるそうで彼もビジネスモデル的に日本刀をただ販売するということではなくて修復作業や伝統工芸を伝えるためメディアでの出演や地元民の貢献などもあることから一応サラリーマンほどの年収は出ているのではないかと推測します。

 

日本刀の一本あたりの値段は相当な価格がすると思いますがそのぶん経費やコストもかかっていることでありますから売り上げがだったとしても利益的に低い可能性もあります。

 

ただ国内でも職人として年収一千万稼げる人など読書数に限りますから彼がこの中に当てはまっているのかどうかはわかりませんがサラリーマン以上の年収が稼げるビジネスモデルというわけにはいかないかもしれません。

 

そういうこともあり彼の年収ベースで行くとおそらくサラリーマンと同レベルか多少上レベルという推測が成り立ちます。

 

あくまでもお金をたくさん稼ぐビジネスモデルだとは思えないので会って彼がなぜこのような商売を始めたのかと言うとお金が目的ではなく自分自身の信念やポリシーを貫くために日本刀の魅力にはまってそれを一生涯の仕事としていきたいという誇りや器ではないでしょうか。

 

とにかく今後も日本刀の魅力や素晴らしさを伝えていき外国人ならではの発想で活躍していただきたいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-ビジネス系
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.