メディア

豊臣秀吉の秘宝や3つの顔の仏像三面大黒天がスゴい!真相や謎!【世界の何だこれミステリー】

投稿日:

「世界の何だこれミステリー」に豊臣秀吉の秘宝と3つの顔を持つ仏像でもある三面大黒天(さんめんだいこくてん)が特集されます。

 

秀吉の秘宝と言われればあまり馴染みがないと思いますが、秀吉が重宝した3つの顔の仏像、三面大黒天と呼ばれる仏像はどんなものなんでしょうか?

 

その真相や謎について迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

豊臣秀吉の秘宝とは?

元々名古屋に生まれついた豊臣秀吉は家庭が過酷で貧困の状態だった幼少期から大人になるにつれて戦国時代の天下統一を図るまでにステップアップした歴史的な人物でもあります。

 

そんな豊臣秀吉がステージを上げる出世の裏側にあったのが一つの仏像だと言われています。

 

幼少期から7歳で父親をなくしてその後は母親の再婚相手から屈辱的な侮辱を受け続けて育ってきた寺からも追い出される始末でもあったそうです。

 

そこからメンタルや精神的なところが鍛えられて大人になるにつれ刈りなどの仕事に従事しどうすれば人を動かしお金を稼いでいけるのかというところを幼少期から養っていたそうです。

 

子供の頃から悲惨なライフスタイルを送っていた人間ですから常に人より上に立ちビジネスとして成功を収めるという夢を描いていたそうでこの頃から思想が戦をして打ち勝つというようなビジネスマインドを養えていたそうです・

 

家庭内が貧困な状態であったので子供の頃から商売を始め自分の身は自分で守り自分で食べる事は自分で稼いできて食べるというような思考が植え付けられていたそうです。

 

すでに子供の頃から成功者のマインドを身につけていた秀吉はこの頃から繊維などの針を売る商売を始めそれが最低限の成功を収めたそうでそこから家計を伴い生計を立てて言ったと言われています。

 

つまりここからいつかは人を使い自分がビジネスオーナーとして何かを成し遂げ自分の夢を果たすという強烈な子供だったに違いありません。

 

豊臣秀吉の秘宝で噂されているのが今現在福井県の敦賀気比にある氣比神宮にまつわる財宝の宝刀だったと言われています。

 

この宝刀は、高島屋五郎左衛門に受け継いだと言われており一度は奪われて失っているんですが江戸に渡った時に別のグループが現れまたこの一味もこの財宝を狙っていたと言われており奪い取ろうとしていたと想定されます。

 

秀吉にとってこの際方ももちろん秘宝の一つとして今では語り継がれていますが彼が最もリスペクトした財宝が三つの顔を持つ仏像と言われています。

 

メッツの顔とイメージすれば何やら般若みたいなものをイメージしますがあくまでも仏像なのでなぜ秀吉がこのような仏像を重宝したのか非常に気になります。

スポンサードリンク

豊臣秀吉が重宝していた仏像は3つの顔?三面大黒天とは?

ではここで彼が受賞した三つの顔の仏像なんですが、秀吉がまだ子供の頃この仏像である三面大黒天と呼ばれる品はこれを始めて一目見て心に決断して彼は誓ったと言われています。

 

その心に誓った言葉というのが

 

「私が、もし立身出世して、名声を天下に伝えられることができるなら微塵になれ。そうでなければ形を全うせよ」

 

と心に発したそうです。

 

このことをモチベーションにした秀吉はその後大いなる野望を抱き幼少期からビジネスマインドを兼ねそろえていた思考力と行動力を存分に生かし常に誰かの上に立ちたいという好奇心から天下を制圧するまでに至ります。

 

 

幼少期から彼は三面大黒天に自分の生きがいと人生をかけてリスペクトしていたと言い、それに従ってこの仏像を丁寧に彫っていき自分のモチベーション力を上げて言ったと言われています。

 

彼は冒頭文にもありましたが幼い頃から母親の再婚相手から嫌がらせを受けたり家庭内でうまくいっていなかったためお寺に預けられることになったんですがそこでもまた関係が悪化し結局は自分で自分を守り誰も信用することなく生きていくことを決意しています。

 

そこでこの三面大黒天に出会い彼は衝撃を受けたと言っています。

偶然出会った仏像という形ではなく彼にとっては運命だったと言われておりこの仏像を見た瞬間に心が酔いしれ 誰かを信用する心の柔軟さを持ったと言います。

 

彼の人生の中においてたった一人信用した人物こそ織田信長であり彼は信長のために命を顧みずとも必死の思いで働いたと言われています。

 

そんな心の師匠でもあり人生の師匠でもある織田信長から、全てのことを学び何信長から後継者に指名されその後豊臣秀吉というネーミングが世の中に知れ渡り戦国時代の天下を取ったといわれています。

 

戦国時代の真っ只中でも的に臆することなくその横には常に三面大黒天を置いていたと言われておりいわば秀吉の守護神として常に身にまとっていたと言われています。

 

このようなことがあったと言われていますのでこの三つの顔を持つ仏壇三面大黒天は豊臣秀吉にとってなくてはならない存在だったに違いありません。

 

守護神とまで彼は言い切っているわけですからただの仏像ではなく秀吉にとって人生そのものだったのかもしれません。

 

この仏像は財宝の中の魔力を引き出すとも言われています。

 

というのも仏像からもたらされるパワーの源みたいなものがオーラとして発すると言われており運の神様とも言われていました。

 

戦国時代という時代を生き抜くためにはただ単に武術や戦力が優れているだけでは到底生き抜くことはできずに意外かもしれませんが運という要素も非常に重要視されていました。

 

その運こそがこの三面大黒天の金運の神とも呼ばれる所以でもありそこを秀吉は見抜いていたのかもしれません。

 

元々三面大黒天のルーツで言えば中国から由縁されている品物でもありそこからプロの彫刻家がこの仏像をこしらえて行ったと言われています。

 

古くは金運の神として通報されていましたから当時の時代から運という要素は非常に重要視されていたに違いありません。

 

おそらく秀吉もその辺が十分理解されていたと思われますし。何より片手離さずいつもミニおいていたということはそれほど彼にとっての品物だったに違いありません。

 

今後も三面大黒天についてはいろんな真相や謎が調査されていくと思われますが秀吉が最も愛した仏像として今後も語り継がれると思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-メディア
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.