ビジネス系

ランラン(ピアニスト)の経歴や腱鞘炎は完治?結婚と彼女が怪しい?父親や年収もスゴいのか!?【題名のない音楽会】

投稿日:

「題名のない音楽会」にピアニストのランランが出演されます。

 

ランラン(ピアニスト)の経歴WIKIプロフィールなどと、腱鞘炎は治ったのか?

 

今現在結婚して嫁や子供などはいるんでしょうか?

 

ランランには過去に彼女の噂もあったことから女性問題に関する事が気になります。

 

ランランの父親や家族などのプライベートや、年収などの稼ぎも見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

ランラン(ピアニスト)の経歴プロフィールや生い立ちは?

らんらんは82年に中国で生まれ10代からピアニストとしてコンサートやイベントに出演しそこから頭角を現し若き時代で中国のトップピアニストとして君臨しました。

 

そこからグローバルレベルの各地域でユニセフの活動やピアニストとしての演奏活動を同時に行い子供たちのピアノの指導や世界的アンバサダーとして活躍の地を広げました。

 

今現在も高度な学びや勉強を怠らない行動力とピアニストとしての感性が豊かに磨かれており男性ピアニストの中ではどちらかというとロマンあふれる演奏をするプレイヤーなのかもしれない。

 

プロのピアニストとして高度なテクニックやスキルを駆使し国家の要請でいろんな公演を果たしています。

 

彼にとってプレッシャーはあまり存在しなくてどちらかというと本番でもリラックスした感じで演奏を行っている印象が強いです。

 

技術的には体を全体で表現してそつのない演奏ときらびやかなテクニックを表現してピアノというよりはイートビートが効いた演奏なのかもしれない。

 

元々身体能力が高く指も柔らかいので幼少期からピアノ向きの 人物だったのかもしれないです。

 

彼を見ていると全身全霊で指からパワーを与えて弦を弾く姿がとても印象的でそのパワーの源を全てピアノに注力して弾いている感じがします。

 

ピアニストになるために生まれてきたような人物で学生自分から自由な時間はすべてピアノのレッスンに当ててきておりこの辺が両親の教育の環境とピアノを十分に学べるそつのない環境で育ったに違いありません。

スポンサードリンク

ランラン(ピアニスト)の腱鞘炎は完治したのか!?

らんらんは過去に腱鞘炎を起こし長期間の間ピアノを触ることができませんでした。

彼にとってピアノを弾くことができないとなればそれは相当なメンタル的なダメージもありますし精神的につらかったに違いありません。

 

主に左手に腱鞘炎を患い右手だけでピアノを弾くなんて当然ながらできるわけありませんからこの時は練習もろくに出来ずに相当なストレスを抱えていたに違いありません。

 

ランランが腱鞘炎にかかってしまった長期間は約15ヶ月とも言われており1年以上もピアノをろくに触ることができなかったということですから本当に心苦しくあったと思います。

 

確かにランランは弾き方によって柔らかな弾き方をするのではなく時には激しい指の使い方で連想することもあります。

 

このようなことが少なからず腱鞘炎に影響を受けたかどうかはわかりませんがとにかくまたこのようなことが再発すれば彼の代わりはこの世にいないので今後は自分の手と相談しながらステージに立っていただきたいものです。

ランランの結婚や彼女は怪しい?

過去に熱愛報道がスクープされその相手が注目されていましたが同じ中国のセクシー女優とも言われているミュウミュウコンではないかと言われています。

偉大な中国のピアニストともあろうものがなぜセクシー女優なのか?

 

あくまで噂なのか真実なのかは是が非ではありませんがとにかく知名度が高い清楚なピアニストがセクシー女優と交際していたとなればちょっとイメージダウンであります。

 

ただスクープは二人がホテルに入っていくところを目撃されておりこれは完全に交際しているという風に思われても不思議ではありません。

 

若い二人の男女がホテルに入っていて何もなかったという言い訳など通用しませんからね。

 

ただ二人は交際に関して否定しておりあくまで友人といった感じでしょうか?

 

その後は交際を否定していたにも関わらず内密には仲良くやっていたそうですが何でもらんらんの両親にそのことがばれてしまい清楚なピアニストの両親からすればやはり女性と密会して交際するのは反対だったようです。

 

このことが原因で二人は正真正銘破局を迎えたと言われています。

 

この交際相手であったミュウミュウコンはかなり外見はスタイル抜群でグローバルレベルな備忘を兼ねそろえていますが何でもこの美貌がメインの売りではなく本性を暴けばかなり能力が高くスキルが高い女性だということです。

 

その原因として元々経歴的には金融関係のビジネスをやっていた過去がありかなり投資関連やお金を稼ぐということに関して相当な能力が高いようです。

 

ランランからすればやはりこの辺が彼女の魅力だったのかもしれません。

スポンサードリンク

ランラン(ピアニスト)の父親も偉大なのか!?

今現在らんらんは世界的なピアニストとして活躍していますがその家族の構成などが気になります。

父親や母親はどのようなことをしているんでしょうか?

 

彼がメインに取り組んできたクラシックピアノでは幼少期から多くのファンを獲得してきており若干26歳にしてノブレスオブリージュの概念を携わっています。

 

彼の両親はこの息子に全てを委ねておりそういう関係をからかやはり父親は相当ピアノやレッスンに対して厳しかったと言われています。

 

元々クラシックの作曲やサポートに認知があり納得できなければスコアなども捨てられたと言われています。

 

これだけの話を聞けば彼がスパルタ教育の中で育ってきたとイメージできますが実はそうではなくどちらかといえば彼がピアノを好き好んでやっていたと言われています。

 

幼少期から息子の教育としてどんなことでも勝利をするということをポリシーとして訴えかけてきておりやはり小さい頃からそういう影響を受けてきた父親の下でどんなことでもプロフェッショナルになる必要があると植え付けられてきたのではないでしょうか。

 

ピアノなどをやっていた子供ですからイメージ的にはお金持ちや裕福な家庭で育ったことが推測されますが実はこれもそうではなく父親が途中で本業を止めて自分の息子にピアニストのしての夢を託し母が家庭を支えていたと言われています。

 

やはりこういう環境下があるがゆえどんなことをしてでもピアニストとして成功を収め両親に楽をさせてあげたいという願望があったに違いありません。

 

ただ今ではその夢に一歩一歩近づいている現実がありますし多くの収入を得て早く家族や両親を楽にさせてあげていただきたいものです。

スポンサードリンク

ランラン(ピアニスト)の年収を調査しよう!

基本的には一般的なピアニストの練習を言うと300万円から350万円ぐらいが一般的ではないでしょうか?

普通の知名度がない一般のピアニストで食べていくというのはやはり厳しいものがあり月給的にも25万円ぐらいの収入しかないと言われています。

 

25万円の収入があれば良い方で中にはピアニストだけでは食べていけない苦しい人も多いのは確かです。

 

街並みのピアニストやピアノ講師などはこれを本業にして食べている人はやはり数少ないわけであり普通に年収200万円台とかザラにいてるわけです。

 

やっとプロのピアニストになれたとしても年収的には350から400万円ぐらいしかなくそんなにボコボコ稼げるビジネスモデルではありません。

 

例えば単独でコンサートやイベント講演会を行ったり同じピアニスト同士でソリストができるコラボレーションのギャラは5万円から10万円ぐらいが基本路線であります。

 

この世界は完全に実力主義で知名度があり有名なピアニストであればたった一回の公園で50万円から100万円ほどのギャラを受け取ることが可能であります。

 

ただここまで来るには並外れた努力と経験値が必要なので普通の一般的なピアニストであれば個々のレベルまで来ることはそうたやすいことではありません。

 

今では派遣をしているピアニストや結婚式や各イベントで出演するピアニストなどもいますので本業といった形ではなくどちらかといえば副業的な感じでされている人が多いです。

 

ただ彼の場合はやはりグローバルレベルのピアニストでもありますのでその辺の普通の一般的なピアニストでは全くレベルが違います。

 

つまり彼はプロ中のプロのピアニストであり完全に本業として飯が食ってる以上は相当な年収を稼いでると思われます。

 

つまり年収1千万円以上は十分稼いでいると思われさらにコミッションとしてコンサートやソリストとの協奏曲によってはそれ以上に稼いでる可能性もあります。

 

今後の活躍に期待したいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-ビジネス系
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.