ビジネス系

長南収(キューピー)の経歴や山形出身?年収や高校大学はどこ?

更新日:

今回はキューピー社長の長南収(ちょうなんおさむ)さんの経歴プロフィールや出身高校や大学などについてピックアップしていきたいと思います。

 

長南収さんは山形県生まれの社長さんだそうで、年収や資産なども気になりますが、今現在の活動はキューピーのグローバルレベルへの引き上げと業績アップに関する事を主に取り組んでいます。

 

そんな長南収さんのこれからのビジョンや、キューピーはどこに向かうのか?について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

長南収(キューピー)の経歴プロフィールや今現在の活動は?

本名:長南収(ちょうなん・おさむ)

生まれ:1956年5月16日

出身:山形県

年齢:60歳

長南さんはジャンルマネージメントの基本的な法則ビジョンということを、ポリシーは商標名、商品を磨き、キャッチフレーズに比重をかけた運営を正常化して応用、卵だけを利用して作る高品質なマヨネーズでファーストステップ、シーズニング、副菜に象徴される事業も一番メインのマヨネーズを第一ステップにしていらっしゃるが、人口減の時代の今後については食の名端役から食のメインキャラクターへと導くと語っています。

 

今後は副食物に的を絞って即食性しかるべきレギュラー商品を業者向けからホーム用でも健闘に導くとしています。

 

それに加えて、ビジョンはジャンルの今までにはなかったチャレンジで、めざましいなステップアップへと導くことを決めたが、維持的ステップアップはそれまで通りが実施されている。

 

速度アップもしたが、圧倒的な改善迄にはつながることはなくとリサーチ。

 

あとあと拡散することはこのマーケットだとして、副食でプロモートするが、現在の状態の業者向けメインのタスクを家庭専用におおがらで拡大するとのコンセプトを前面に出した。

長南収の高校大学はどこなの?

彼は、加茂水産高校と鹿児島大学水産学部を卒業しています。

 

高校に関しては、偏差値 40の高校ですね。

 

まあ~普通だと思いますが、経営の原点を学生時代から学び、多くの体験や経験を元に今日まであります。

 

彼の構想では、流通業界マーケットの人員不足は悪化していることが理由となって、そのタイミングでマーケット全体の固定観念向上に向かってのトライが必要不可欠。

 

混ぜ合わせるたくさんのでき事にユーザーを招いて食育とトランスポートセーフティーに役立つのは、会社組織ブランドベネフィットアップができるようリンケージしたイベントを敢行している。

 

フィールドでは全国各地地方公共団体と協力関係を保ち、エリアイベントに100パーセントの力でジョインすることを意識している。

 

国内で経験してきたノウハウを駆使してアジアに的を絞ってタマゴ加工品の増大をプロモートしています。

 

このようなスキルを生み出したのも、学生時代から培われた才能だと言えますね。

スポンサードリンク

長南収の年収はスゴいのか!?

一流法人の収入は、大体平均収入が1000万円からと称されていらっしゃいますが、給与にこだわらなくても、大企業とされるものも見られます。

 

一流会社とレビューするベースとしてはどういった人でも熟知している業者のことで販売商品なども解き明かされている。

 

ポイントは大企業には大学出の人出が多いというものに関してはデータで表れていました。日本で言うならばほとんどの場合大企業は、300以上もの事業所がありますと考えられています。

 

コーポレイトシステムのメンテナンスは、 事業所の保有者である「出資者」ストックホルダーからマネージメントを一任された「エグゼクティヴ」取締役が確定したことを勤務先の運営組織のTOPとして指示を与える「CEO」とでもいうべきパーソンがベースになってとり行われているわけです。

 

エグゼクティヴ収入はスタッフさんに関しては支払われるサラリーとは基本的には異なっています。

 

一ヶ月の賃金は事業体組織内の人事考課によって敢行されますが、エグゼクティブ所得のプライスは出資者が株主総会で決断します。

 

オーナー側が株主総会でエグゼクティブ報酬はこの程度にしたいと言えとアドバイスを実行、そのタイミングで許認可されればエグゼクティブ所得額がチョイスします。

 

そう言ったコミッションは、一口に言うと企業側が考えた通りに思い通りになるものじゃありません。

 

それに匹敵するだけの実益額が一番最後になくなるようにお偉いさんのサラリーを決めてしまえば、会社組織から収益を出すということが困難になるというのが主な理由でしょう。

 

キューピーもその例外ではなく、長南収さんの年収なども正にその仕組みでもあります。

 

世界的に有名なブランドを築き上げ、今ではマヨネーズならキューピーと言う代名詞があるほどですから相当な年収になると思います。

 

数千万円は間違いなく、あわよくば億と言う金額の役員報酬を得ている可能性も大です。

長南収(キューピー)の今後の目標や経営理念は?

キユーピーが名端役からスタンダードへのシフトチェンジをもくろんでいる。

 

ターゲットにしてはマヨネーズ、ドレッシングなどクッキングにプラスするスパイスに左右されることなく、クッキングなどアレンジせずに口にできるフードフィールドの伸展ではないでしょうか。

 

長南CEOは総菜の総売り上げはいずれにせよスパイスに差し迫るとマネージメントスキームを公言しています。

 

クリエーターも売り物を売りさばくというだけじゃステップアップは見込むことができないし、スパイスのニーズが下降する中、マヨネーズに関しては現在でも増産だろうと感じます。

 

それと引き換えに魚より肉を好む人が増加するのは、あるいはサラダなどフードへのもくろみが割高になっているからだと想定できます。

 

現在まではコンビニエンスストアをターゲットにしたベンダーもマネジメントしていたけれど、現時点で離脱して決まっている作業場のみが残存しています。

 

このようなことからキューピーの戦略や今後の目標、理念などが伺える。

 

キューピーのグローバル化に注目です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

タメになる関連記事は下をスクロールしよう!

スポンサードリンク

こちらの記事もタメになる!

-ビジネス系
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.